<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ファビオ・ルイジ&PMFオーケストラ@PMF2010

迷いに迷って、結局今夜一回だけの演奏会参加となったPMF2010。
(こんなに少ないのは札幌より遠方に暮らしていた時以来です、ハイ)

メインに交響曲をすえたコンサートが極端に減った影響で
早々にチケット完売となった今夜の演奏会だけに、会場はほぼ満席。
ただし、当日券を発売してもまだ少々空席があるのは残念。
しかも、ある列が、一列、ずらーッと空席なんだからなぁ‥
(もちろんTVカメラ周辺以外のことですよ。ちなみにTVカメラは5台)
札響でもそうだが、こういうのって、なんとかならないものだろうか。

例年、7月末辺りの演奏会はPMFオーケストラの仕上り具合の手応えを
感じられる絶好の機会と考えていましたが、
休憩後の2曲目で、今年のPMFの組み立ての変化をまざまざと感じることに。
それは、各パートのトップにPMFファカルティ、つまり教授陣がいるのです。
例年の組み立てでは、Kitara最後の演奏会はPMF生のみによる編成で、
純粋に彼らの成長ぶりを楽しめたのですが、なんと、後半の指導を受け持った
指導者たちが加わっているじゃありませんか。
まぁ、PMF生だけの最後のブログラムではピリッとした部分が欠けるという指摘も
毎年見かけたので、これもPMFが一定の水準にあるという外部評価を得るために
考えた苦肉の策なのかもしれませんね。
そうとるとやむを得ない気もするのですが、ちと寂しかったなぁ‥
(もっとも、明日のピクニツクコンサートは出かける予定はないのですが、
ひょっとしたら変わっているのかもしれません。)

ただ、その効果は十分耳にすることが出来ました。
2曲目はブルックナー交響曲第7番。
プログラム発表時、
「PMF生だけで、これは無理なんじゃないのか?」
と、思ったのですが、こういう仕掛けなら、納得です。
聴かせ所の第一楽章、第二楽章とも目をつぶって聴いていましたが、
各パートの音もよくブレンドされ、並のプロオケ以上の充実した演奏でした。
(この曲は内外の有名オケの実演しか体験していませんが、ひけをとりません)
ただし、弱奏が弱奏として聞えない一本調子的側面もなきにしもあらずだった
のは少々残念でした。
また、第三楽章に聴かれたPMF生によるワーグナーチューバと
ソロトランペットの不調は、明日以降ぜひ修正して臨んでいただきたいところ。
総じて、ノヴァーク版の堂々たる演奏に満足度は高いですね。

1曲目はショパン/ピアノ協奏曲第2番
この時はPMF生のみによるオーケストラ。
こじんまりとした仕上り具合にも感じられたが、
曲自体のせいか、ルイジの指揮によるものか判然としない。
でも、十分健闘していた。
実演としては、2年前の小山実稚恵さん以来でした。
ソリストの若きリーズ・ドゥ・ラ・サールは、強奏でもがむしゃらに突っ走るような
無謀さは見せることなく、瑞々しさに満ちた演奏で一貫していたように思われました。
鳴りやまぬ拍手に応えてアンコールにショパン/ノクターン嬰ハ短調(遺作)
(小山さんの時と同じ。これにはビックリ!!)

<追記>
リーズ・ドゥ・ラ・サールのアンコールの時。
ファビオ・ルイジさんはステージに登場したものの、
ステージ下手の壁に寄り添う形で立ったままアンコールを聴いていた。
この形って、

「なにやら、デ・ジャビュ‥」

そうそう、昨年のPMFでのクリストフ・エッシェンバッハさんの演奏会。
エリック・シューマンのアンコールの時と同じだよ。
あの時もエッシェンバッハさんは、ステージ下手の壁に寄り添って立っていた。
奇しくも同じ形なんだねぇ~
c0007388_233985.jpg

[PR]
by capricciosam | 2010-07-31 23:39 | 音楽 | Comments(0)

星を継ぐもの@創元SF文庫

SF小説は、苦手という訳ではないのですが、中々手を出しません。
当然のごとく、読んだ作品の数も極めて少ないのですが、
読み終えて30年経っても、未だにワクワクしながら読み進んだという
強烈な印象を残した作品もあります。
J・P・ホーガンの「星を継ぐもの」です。

「月面で発見された深紅の宇宙服をまとった死体。
だが、綿密な調査の結果、驚くべき史実が判明する。
死体はどの月面基地の所属でもなければ、
ましてやこの世界の住人でもなかった。
彼は5万年前に死亡していたのだ!
一方、木星の衛星ガニメデで、地球のものではない
宇宙船の残骸が発見される。関連は?」
(文庫裏カバーより引用)

月面の謎、それに木星。
一見、A・C・クラークの「2001年宇宙の旅」と似ていますが、展開はオリジナルです。
クラークはどんどん地球から離れる展開の中で、謎は謎のまま、
哲学的示唆をして物語りを終えます。
一方、本書は謎が謎を呼ぶ展開の中で、どういうおちが待っているのかと思ったら、
最後はアフリカの大地での考古学調査の場面で終わります。
そこで読者は「う~ん、そう来たか」と唸ることに。

当時とてもおもしろかったので、「ぜひ読んでみなよ」と友人に貸し、
「おもしろかった」という感想を聞いて満足したまでは良かったのですが、
ついに返してもらえなかったため、後年再読したくなって買い直した作品です。
そんな事情もより印象深くさせているのかも知れません。

先日、作者のJ・P・ホーガン氏が69歳で亡くなられました。
ご冥福をお祈りいたします。
c0007388_2350898.jpg

[PR]
by capricciosam | 2010-07-18 23:50 | 読書 | Comments(2)

せたな町観光ポスター@2010

TVを観ていたら、米国でのアニメフェスに日本のアイドルグループ
AKB48が参加したことを追った映像が流れていた。

「AKB48? それってモー娘の仲間!? えっ、違うの‥」

そう言えば、最近よく見かけるなぁ~程度の認識です。
えー、えー、おじさんです、ハイ。
おニャン子クラブの仕掛け人の秋元康さんが秋葉原でプロデュースした
グループなんですね。知りませんでした、ハイ。

日本からの追いかけはもちろんですが、彼の地でもアニメファンは
かなりいらっしゃるようですね。ペンライトを持ちノリノリでした。
アニメが一大輸出産業として捉えられる側面があるのも頷けます。

そんな、売れてるAKB48ですが、そんな彼女たちを楽しくパクった
毎夏好例の道南せたな町観光ポスターができたようです。
AKBならぬSTN(せたな=SeTaNaですね)
ポスターの彼女たちが手にしているのはせたな町の特産品。
例年に比べるとちょいと地味目な仕上りかな。
毎回手作りらしいのですが、制作秘話はまだ公開されていません。
きっと手作りならではの色々が後日紹介されるんでしょうね。
c0007388_01412.jpg

せたな観光協会HPはこちら
[PR]
by capricciosam | 2010-07-17 23:50 | 時の移ろい | Comments(2)

つかさんの遺言

演出家のつかこうへいさんが肺ガンのため亡くなられた。62歳。
死後、下記のような遺言が公開された。
生前の活躍と対比するかのような、ある種の潔さに心打たれる。
つかこうへいさんのご冥福をお祈りいたします。

「友人、知人の皆様、つかこうへいでございます。
思えば恥の多い人生でございました。
先に逝くものは、後に残る人を煩わせてはならないと思っています。
私には信仰する宗教もありませんし、戒名も墓も作ろうとは思っていません。
通夜、葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きます。
しばらくしたら、娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています。
今までの過分なる御厚意、本当にありがとうございます。」
[PR]
by capricciosam | 2010-07-13 22:58 | 時の移ろい | Comments(0)

1208万分の1です

投票は終えましたか?
実は、小生は近年は期日前投票派です。
今回の参院選挙も

「公示翌日の6月25日から投票日前日の10日までの16日間に、
1208万6491人が投票した(選挙区選)。選挙人名簿登録者数の
11・56%にあたり、約1080万人が投票した2007年の前回参院選より
11・93%増えた。全国規模の国政選挙では、過去最多の09年の
衆院選(約1398万人)に続き、2番目の多さとなった。」
(以上、読売新聞より引用)

と、期日前投票制度を利用される人が多かったようですね。

以前はもっぱら投票日当日に投票する方だったんですが、
期日前投票制度が改善されてからは、期日前投票をするようになりました。
以前の理由のしつこさには辟易していましたから、改善はウェルカムでした。
(投票率を高めたかったら、しつこく聴いたってしょうがないだろうに‥)
当日の混み合って気ぜわしい雰囲気がなんとなくなじめず、
期日前の誰も投票者がいない中でゆったりとする雰囲気も良いもんです。

どの政党に共感されるにせよ、投票は国民の権利であり、義務です。
史上空前の超借金大国で暮らさざるを得ないのですから、
年金収入しかない老後生活を守ってくれる政治の実現に期待したい
気持ちはますます強まります。
だからこそ、一票を投じる行為は続けたいのです。

なんて言ってたら、あと数分で開票速報が始まります。

<追記>
8時になった途端、あちこちのTV局で与党の過半数割れと
野党の勝利という結果が早々と報道されています。
相変わらず当確の速報性の早さを競っているようですが、
それにしても、凄いものです。
あちこちをしばらく見ていましたが、変化はなさそうですね。
「あっ」と驚くような政党の離合集散が起こりでもしない限り、
恐らく相変わらずの衆参のねじれ現象は続くのでしょうから、
政策の実行は迅速性に欠け、妥協の産物と化すのでしょう。
ギリシャ化につながりかねない巨額の債務負担解消の道筋を明らかにして、
現在と将来の生活不安を解消してくれる政治のパッケージ的実現が待たれます。

[PR]
by capricciosam | 2010-07-11 19:55 | 時の移ろい | Comments(0)

パウルの予言&バスコの予言

相変わらず蒸し暑い日々が続いています。
今朝はどんよりした天気で、どうやらひと雨来そうな雰囲気です。

さて、W杯も大詰めですが、決勝はオランダVSスペイン。
どちらも強豪だけに勝負の行方は予断を許さないのでしょうが、
今や予言する一匹のタコが話題ですね。
(あれ、タコは一杯、二杯‥と数えるんだったかな?)
準決勝でドイツの敗戦を予言して的中させた時は、
「シーフードサラダかパエリアに入れて食っちまえ!!」
と非難囂々だったようですが‥

「的中し過ぎる」と世界的な話題を呼んでいるパウル君。
地元テレビが実況中継する中、まず10日に行われる
ドイツ対ウルグアイの3位決定戦を予測。
ためらいながらもドイツ国旗の付いた水槽内の容器を選んで
中にあった好物の貝を食べると、アナウンサーは「ドイツが勝つ」と絶叫した。
約30分の休憩後に11日のオランダ対スペインの決勝戦を予測し、
迷わずスペインを選んだ。
(以上、北海道新聞より引用)
c0007388_734567.jpg

テレビの実況中継ですか、まあ、これまで百発百中なので
その注目ぶりはわからないでもないですね。
タコの寿命は3歳なので、現在2歳のパウル君の予言も
4年後のW杯には見られないそうです。
残念ですね。

さて、国内に目を転じると予言するガマガエルなる記事が。

「おーっ、こんなのもあったのかー」

バスコ君(推定5歳)が住むのは千葉県浦安。

草木も眠る丑三つ時の9日午前2時、某マンションの中庭に現れたところで、
(略)スペインの「西」、オランダの「蘭」と書かれた紙を選んでもらう方法で予想。
リハーサルを含めた3度のチャレンジすべてでスペインを選んだ。
(以上、日刊スポーツより引用)

ガマガエルはアジアでは「月」の象徴で、神秘的な力を有するとされているそうです。
そんなバスコ君が選んだのもスペインですか。
偶然なのでしょうが、洋の東西で結果が一致するとは。
準優勝どまりのオランダの悲願は達成されないのかな‥

さて、本番はどうなるんでしょうか。

<7.11追記>
3位はドイツに決まり!
パウル君の快進撃は続く。
果たして優勝は!?


<7.12追記>
予言的中!!
これからも、ますます引っ張りダコ!?

[PR]
by capricciosam | 2010-07-10 07:13 | 時の移ろい | Comments(6)

行楽日和@サッポロビール北海道工場

たっぷりと日も暮れたというのに、まだ室内は蒸し蒸ししています。
いやはや、今日も暑かった。
(7月になったばかりというのに、早くも夏バテしそう‥)

日中はサッポロビール北海道工場のビヤフェスティバルへ。
そもそもは母のリクエストですが、小生ははじめてです。
c0007388_22223557.jpg

車での入場の際には、会場マップと一人一枚の試飲券を渡されます。
これでビール一杯かソフトドリンク(こちらはペットボトル)が
無料で飲めるのですが、よく見ると運転手だけ試飲券の色が違い、
印刷してある文言も違います。

「何々、あっ、ビールが飲めるとは書いてないぞ!?」

そうなんですね、運転手の券ではビールが飲めないようになっています。
おまけに、こんなシールを胸につけるように言われました。
c0007388_2251413.jpg

飲酒運転に対する世間の目の厳しさを考えると、
提供する側としては、念には念を入れるということでしょうね。
運転手の小生としては覚悟していたのですが、
結局、いっしょに行った全員がソフトドリンクを選択したので、
誰も工場出来たてのビールを味わうことなく帰ってきました。
母がイベントを喜んでくれたので、まずはよかったのですが、
しずない桜まつりと違って、見て満足する桜もなく、
周囲は大半が冷たいビールを味わっていましたから、
小生としてはなんともモヤモヤ感の残る行楽と相成りました。
[PR]
by capricciosam | 2010-07-04 22:31 | 時の移ろい | Comments(0)