<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

デフレの正体@角川oneテーマ21

本書に触れる前に、著者が本書で度々引用している「国立社会保障・人口問題研究所」
のHPに示されている図やグラフを観ていくことにしたい。

まず、日本社会を蝕む少子高齢化が進むと、2030年頃には全国の市町村で
人口がどの程度減っていくのだろうか。
平成15年段階での推計が下図である。
c0007388_20192886.jpg

紺色になるほど人口の減り方が激しいのだが、
まるで列島全体に夜の帳が降りたかのように暗い。
しかも、意外な感じがするが、首都圏はじめ大都市圏もほぼ例外ではないのだ。

では、我が国の人口は将来に向けてどう推移していくのだろうか。
c0007388_20335.jpg

人口は2004年頃をピークに2050年には約2700万人減って、1億人程度に減少する。
内訳を見ると、いわゆる「働き手」の生産年齢人口は13%減少するのに対して、
65歳以上の老年人口は16%増大する。
死に近い人口は増えれど、生を謳歌していく人口は減っていく訳だ。

当然、老人が増えると増大するのが社会保障給付費。
さて、実際どうなっているのだろうか。
c0007388_2025290.jpg

医療や福祉も上昇していることは明らかなのだが、
それにしても年金の上がりっぷりは見事の一言だ。
経済成長はさっぱり右肩上がりにはならないのに、こちらは赤丸急上昇。

「オイラの頃、ほんとにもらえるんだろうか‥」

引用はこのくらいにするが、広く基礎的データとして活用されている数字が
示す恐ろしい現実には、改めて愕然とする思いがする。

さて、話は変わって今年の元旦の夜に、TVのある番組を途中から観たら、
大きな人口の波が日本社会を襲っている、という指摘をしている人が
いて興味を引いた。
それが本書の著者の藻谷浩介氏である。
それで、昨年発売されていたらしい本書を遅まきながら読んでみた。

氏の講演をベースにしたものなので、やや繰り返し的部分はあるが、
それでも快刀乱麻を断つごとく現代日本社会の問題を抉り出していく。
その問題とは「人口の波」なのだ、と。
生産年齢人口の減少と高齢人口の激増が同時に進行していることが
国内の内需不振の原因なのだ、と喝破している。
つまり、最も消費が活発化する層が減って、ほとんど消費せずに
ため込むだけの層が増大することで、世間にお金がまわらないという
現象を生じさせている。
そのため景気が一向に上向かず、地方都市ではシャッター街が増え、
「戦後最長の好景気」だなんて言われても、さっぱり実感できなかった
ことに合点がいく思いがした。

特に、団塊の世代が最大の波であったことは間違いなかった訳で、
生産年齢世代であった頃は消費も膨らみ、社会のインフラ整備にも
強い影響を与える存在だった訳ですが、とうとう60歳を超え始めて
消費も停滞していくことに。
下の世代はどんどん人口は減っていくので消費が量的に拡大しない。
しかも、賃金は上がらない訳だから、益々不景気になる悪循環。
ところが、肝心の景気刺激策や経済政策が、この世代が現役だった頃の
過去の踏襲にすぎず、この新たな事態に適合できないため
効果が上げられないでいる。
このままじゃ、年金がとても不安。
政治、しっかりしろ! なんて気合いかけたくなってくる。

「やれ、やれ。なんとか良い手はないのかい!?」

そこで著者は「ではどうすればいいのか」という章を起こして、
考えられる手(=対策)を提示しています。
なるほど、と思うものもありますが、流れとしてはそうかもしれないが、
全面的に賛同しかねるというものもありました。
いずれにせよ、これは実際に手にとって確認していただくことが
良いと思います。
賛否はあれど、現代日本を覆う閉塞感、停滞感、不安感に関心がある方なら、
一読して得るところは多々ある好著であると思います。

ところで、先日菅首相が八重洲で何冊も本を買われた際に、
この本も含まれていたそうですが、もう読まれたのでしょうか?
えっ、何ですって。
国会も始まったので、その本は疎い、ですって。
お言葉ですが、「疎い」ってのはどのような意味でお使いになったんでしょうか。
えっ、なになに、
その本を買ったという情報はあるが、読んだという情報はない。
なんかわかりづらい説明ですね。
小生、そういう国会答弁のような説明には、とんと疎いんですよ。
お後がよろしいようで。
c0007388_19414766.jpg

<追記>
国立社会保障・人口問題研究所のHPから引用した図が探しにくいと思います。
トップ>研究所の概要>研究所の紹介>将来推計、社会保障給付費
で、見つかります。
一般人が見ることはあまり想定していないのかもしれないのですが、
改善の余地あり、と思われますね。
[PR]
by capricciosam | 2011-01-29 22:01 | 読書 | Comments(0)

品がある漫才

喜味こいしさんが亡くなられました。

先年亡くなられたお兄さんの夢路いとしさんとの兄弟しゃべくり漫才は
実演では一度も観たことはありません。
でも、小さい頃から主にTVを通じて大好きな漫才師さんたちでした。
典型的なボケとツッコミを最小限の動作で、とんちんかんな会話の妙だけで
大人から子供まで笑わせてくれる。
しかも、いつ観ても提供される笑いの質は一定している。
これぞ、私にとっての「笑いの定番」でした。
こういう漫才だけがよろしい、などと言うつもりはありませんが、
激減してきたようで寂しい限りです。

落語家の桂米朝さんの下記の談話につきます。

「いとこいさんの漫才には品がありましたな。一切お客さんをいらわずに、
2人の会話だけで進めて行く。呼称は常に「君」と「僕」。
決して「おまえ」、「どついたろか」といったドぎつい言葉は使いません。
上品の極みや。今の漫才さんの中に、このスタイルを受け継いでくれる人が
おるかしらん。」
(以上、朝日新聞より引用)

喜味こいしさんのご冥福をお祈りいたします。


[PR]
by capricciosam | 2011-01-24 20:50 | 時の移ろい | Comments(0)

何を聴こうかな

晴れて穏やかな一日でしたが、もうすぐ暮れようとしています。

昨夜は久しぶりにお気に入りCDを聴きまくって就寝したせいなのか、
熟睡状態だったようで、気分的にはすっきりしています。
毎日こういきたいものですが、加齢のせいか眠りが短かったり、
浅かったりといった日が多いのは、ちょっとこまりものです。

ところで、拙ブログに寄せられたコメントから関連して
ひとつ記事を書いてみます。
(与作の女房さん、いつもコメントありがとうございます。謝)

年初に、今年一年は「アレを聴きに行こう」「コレを聴きに行こう」と
計画を立てるのも楽しみなのですが、今年に関しては
今のところ、これといった演奏会が見つからないのですね、これが。
特に、Kitara開館から続いていた有名外来オケの来演が、
近年急減したのは、さびしい限りです。
国内の景気回復が望めない中では、興行する側も
そうそうリスクをとる訳にはいかないのでしょう。
もっとも、昨秋某外来オケが予告されていたドヴォルザークの交響曲第9番を
演奏せずに、第8番を演奏して、演奏終了後聴衆から抗議をうけたなんて珍事も
あったりしたようですから、一概に外来オケならなんでも可という訳には
いかないのでしょうし‥

道内に目を転じると、まずはルイジ2年目のPMF。
マーラー中心に組み立てられるようですが、
マーラーといえば昨年が生誕150年で、今年が没後100年ですか。
まあ、メモリアルイヤーが続く訳ですし、これはこれで良いのか、と。
しかし、PMFはマーラーを取り上げることが多いなぁ‥

次に、札響。
今年は50周年記念でベートーヴェン交響曲全曲演奏会を定期で
取り上げるようですね。指揮は尾高監督。
2002年にも尾高さん指揮でやられたことがありましたが、
あの時は札響が財政危機で楽団の存亡がかかっている中での演奏会
だったように記憶しています。
しかも定期は一日公演でしたから、まさしく一期一会の燃焼度だったようで、
回を追う事に評判となり、ついに最終公演となった第九の時には、
小生も紛れ込んで聴いていました。
あれから9年。
さらなる充実した響が聴かれるのでしょうか。期待したいものです。
写真はその時ライブ録音されたCDです。
c0007388_16495826.jpg

<追記1.24>
上記の文は「オーケストラによる演奏会」というつもりでしたが、
この辺があいまいでしたね。失礼しました。
ソリストなら2月にペレーニ、5月にムターやピリスという
大物の来札があるのを忘れていました。

[PR]
by capricciosam | 2011-01-22 16:52 | 時の移ろい | Comments(2)

不安な気持ちを書いてみる

日中は晴れて気分は良かったのですが、肝心の身体が重い。
まあ、昨夜の宴会の名残でしょう。
おいしい料理が提供されたのは良かったのですが、
一品一品が高カロリー過ぎて、老化してきた我が身には逆にツライ。
過ぎたるはナントカで、年相応のカロリーで十分です、ハイ。

今日は雪かきはしなかったのですが、家の周囲は雪山だらけ。
まだまだ冬本番中なので、あとどれだけ山が高くなっていくのか‥
これは、正直なところ、楽しみとはいきませんね。
c0007388_2231118.jpg

さて、今日明日はセンター試験だそうで、
受験なんて忘却の彼方の我が身では、受験生の方のご健闘を祈るのみ。

そんな今日ですが、興味深い記事を見つけました。

「研究チームは大学生87人を2グループに分け、2回にわたり数学テストを実施。
2回目は好成績の場合に報酬を約束するなど、できるだけ緊張感を高めた。
2回目のテストの直前10分間、テストへの気持ちを作文に書くよう指示された
グループは、1回目より成績が向上。中でも「怖い」「間違えそうだ」など、
不安な気持ちを書いた人の向上が目立った。一方、静かに着席してテストを待ったり、
試験と無関係な日常の出来事を書いたりするように指示されたグループは、
1回目より成績が下がった。」
(以上、読売新聞より引用)

つまり、過去のつらい体験を書くことで内面のダメージを癒す心理的な療法と
似た効果があるようで、緊張状態にある試験前には、その不安な気持ちを率直に
書いてみると成績アップの効用がある、と言うことらしいのです。

「へぇー、そんなことで‥」

まあ、シカゴ大学での話らしいですから、国民性の違いによる多少の歩引きは
必要なのかもしれませんが、案外普遍的な真理なのかもしれません。
また、「向上」と言っても、どの程度か記事でははっきりしませんね。

でも、ボーダー上で一点二点を争うような場合には、
例え、わずかな効果でも結果は大きな差となって現れるでしょうから、
信じてやってみるのも手かもしれませんね。
[PR]
by capricciosam | 2011-01-15 22:54 | 時の移ろい | Comments(2)

手術の時のBGM

寒波の影響でどか雪。
お陰で除雪の日々、まるで除雪筋トレの有様。
それでも、今日は比較的少なかったのでさっさと終わらせました。
日中は晴れていたので、久しぶりにカミサンのお供で買い物に。
道路のあちこちに雪山ができているので、普段より一層スピードダウン。
しかも、道路幅は狭まるし、横切る時は見通しがきかず、
危ないったらありゃしない。
やはり、短期間に大量に降られると支障ありますね。

話は変わって、紅白で術後の健在ぶりを示した桑田佳祐さんですが、
奥さんの原由子さんがエッセーを寄稿されているのを見つけました。

「(略)そして……音楽があって本当に良かった♪ 
桑田が手術に入る時のBGMはボズ・スキャッグス。
私は、桑田の大好きなビートルズのアルバムを1枚目から順番に聴き、
祈りながら手術が終わるのを待っていたのですが、心配がピークに達した
頃に聴いた「レット・イット・ビー」には救われました。(略)」
(以上、朝日新聞より引用)

手術室に流れていた音楽がボズ・スキャッグス、ということなんでしょうか。
桑田さんのリクエスト?
それとも執刀医の趣味?
桑田さんとボズ、私の中では意外な感じもしない訳ではないのですが、
AORならBGMとしてもうってつけなのかもしれませんね。
c0007388_22415386.jpg

そして、原さんが「レット・イット・ビー」に救われるなんて、ネ。
「音楽の力」ってやつですね。

ところで、同日の「天声人語」は、音楽にまつわる話題が偶々取り上げられている。
でも、音楽の力を肯定しつつも、その効用は万能ではない、と警告する。

「(略)<心がうらぶれたときは 音楽を聞くな>という鮮烈な詩がある。
清岡卓行さんの「耳を通じて」だ。ではどうするか。
〈空気と水と石ころぐらいしかない所へ そっと沈黙を食べに行け!
 遠くから生きるための言葉が谺(こだま)してくるから〉(略)」
(以上、朝日新聞より引用)

確かに、音楽で気を紛らすだけでは無理な時は「音楽の力」だけに
頼らずに、「沈黙を食べに行」くことも必要なことなのでしょうね。
自戒しよう、っと。
[PR]
by capricciosam | 2011-01-10 23:14 | 時の移ろい | Comments(6)

銀色の道

昨夜も帰宅する時は猛烈な吹雪だったので、
「こりゃ朝は除雪だな、はよ寝よ。」
と、半ば覚悟をしていたものの、
朝起きて、その量を見たら、やはり今シーズン初の「覚悟」が。
ええ、「気合いを入れた除雪の覚悟」です、ハイ。

確かに、年末年始の穏やかさを吹き飛ばす程のがっちりと降った雪でした。
札幌管区気象台のアメダスで見ても、昨日午前7時から今日午前7時までの
積雪量の差が22cmですからね。一晩ではたまらん量です。
覚悟をしていたものですから、朝起きてつぶろぐに「朝飯前」なんて
うっかり書き込んで取りかかってはみたものの、なかなか終わる訳がありません。
結局、約3時間近く除雪に追われました。
「ふぅ~、腹減ったぁ‥」
なにしろ、文明の利器(融雪槽、ロードヒーティング、除雪機)は
我が家にはありませんので、ひたすら除雪スコップとママさんダンプによる人力。
やはり、お天気は帳尻を合わせて来ますね。
久しぶりに除雪疲れです。

さて、そんな日に届いた訃報に、少々寂しい思いが。
ダークダックスのメンバーのおひとり、パクさんこと高見沢宏さんが
亡くなられたとのこと。
子供の頃には低音部から順に「ゾウさん、ゲタさん、マンガさん、パクさん」と
メンバーを愛称で覚えて、そのブレンドされた絶妙のハーモニーで歌う抒情歌に
親しんだものでした。
何年も前にマンガさんが休業されてからは、パクさんは3人ダークダックスの
唯一のテナーパートだっただけに、あの歌声が聞けなくなるのは、ホント残念です。
また、ひとつ私の昭和が遠のきました。
パクさんのご冥福をお祈りいたします。

奇しくも今朝は一面の白銀の世界。
ということで、YouTubeにあったダークダックスが歌う「銀色の道」で
パクさんを忍びたいと思います。

<追記1.29>
画像データが消えていたので、しゅうさえこさんとの画像に変更しました。
[PR]
by capricciosam | 2011-01-08 20:09 | 時の移ろい | Comments(2)

おめでとうございます@2011

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

リンクしたり、ブックマークしているブロガーの皆さんは
早い方は元旦から更新しているのにビックリして、
こんなのんびりで良いのか?なんて焦ったものの、
まあ、根がのんびりなので、三が日を終えて更新です。

毎年、年初の記事は年末年始のアレコレなのですが、
いつも通りなので、特段変化がある訳ではありません。
雪の少ない好天に恵まれた穏やかな年末年始でした。

大晦日は紅白歌合戦が始まったのを確認して、
録画しておいたN響の第九を聴いていました。
リリングさんの指揮でN響が、なにやらへたうま風な音を
響かせていたのがユニークでした。

見終てからベートーヴェン全曲演奏会のストリーミングを
視聴するためPCの前に。
c0007388_23134837.jpg

見始めたらちょうど第九前の休憩でした。
この段階の視聴者数は約4000人台。
もっと多いと思っていただけに、ちょいと意外。
ストリーミングはかなり高画質で満足度は高かったのですが、
何故か音声が低レベルで、PCスピーカーのレベルを上げても
やっとかな、というのは少々残念。
また、時々画面が途切れたのもいただけない。
やはり、ベルリン・フィルのデジタル・コンサート・ホールのレベルを期待したい。

また、マゼールさんも、あまりあくの強さを出さずに
N響主体のオケから割と素直な響きを引き出されていました。
ただ、第九ソリストはN響に比べやや見劣りしたかな。
終えてから、指揮棒を両手に持って、指揮棒になにやら言葉を
かけていたのが印象的でした。
「ブラボー」「お疲れさま」「よくやった」
思いつくのはこんな言葉かなとは思うのですが、
案外、自分自身に対してでもあったのではないか、とも思ってしまいました。
なにしろ80歳でこの長丁場ですからね、お疲れ様でした。
また、この段階でも視聴者数は6000人台だから、案外少なかったねぇ。

それから、桑田さんの紅白だけは、途中でしっかり観ました。
激ヤセでもなく、休業前と変わらないような歌いっぷりに一安心。

2日は箱根駅伝。
特に今年は早大、東洋大ともに各々違った意味での3連覇がかかっていた
だけに、今年も往路は見逃せません。
1区早大の早い段階での仕掛けが成功して、早大有利に。
2区は東海大村沢選手の17人抜きは驚異でした。東海大は20位から3位に浮上。
4区を終えて、早大、東海大、東洋大の順。
東洋大柏原選手は過去2大会とも4分以上の差を跳ね返しているが、
今回は3分を切っていることから、逆転を確信して注目していたら、
案の定逆転してトップに。しかし、早大の選手も下りで差を縮める健闘。
でも、去年は苦しんだ一年だったらしく、インタビューでは涙が。
それでもきちんと成績を残したんだから、アッパレだ。
しかし、早大との差が30秒程度では、東洋大の3連覇は厳しいか。

往路を見終えてから、初詣に。
2日午後なので、少しは空いてるかな、と思ったのですが、
いやいや、人出はまだ多かったですね。

復路。
6区の早大の逆転は見事でした。
この後中断して9区の途中から視聴再開。
結局、5区以外1位通過の早大が新記録で優勝し、
出雲駅伝、全日本大学駅伝と3冠を達成しました。
しかし、東洋大は惜しかった。
20秒程度に差を縮め、早大の背中が見えていただけになぁ‥
区間賞選手が複数残っているので、来年は狙ってくるでしょう。

ところで、早大が安定していただけに、関心はシード権争いに。
10区で青山学院大、日体大、城西大、國學院大の4校が団子状態に。
ゴール手前で國學院がコースを間違えた時はびっくりでしたが、
なんとかスパートして10位に。
よく挽回したなぁ~。
逆に、わずか3秒差で11位の城西大はくやしいだろうな。
何年か前にも城西大は、11位で逃していただけに
奮起して予選会を突破して、来年出場してもらいたいものです。
[PR]
by capricciosam | 2011-01-04 21:46 | 時の移ろい | Comments(2)