<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

札響コンサートinちとせ@千歳市民文化センター2011

地震と大津波が発生してから2週間以上経過した。
未曾有の天災による被害は、いまだ全容も明確ではない。
それだけに被災された方へのお気の毒という気持ちは、いまだ消え去ることはない。
しかし、天災がトリガーとなったとは言え、東京電力の福島第一原発事故は
いくら「想定外」と弁明しようとも、安全設計思想の未熟さから生じた人災であることは
明らかで、いまや国内のみならず国外も巻き込んだ強いストレス源になっている。

北海道に居住する者の一人としては、とりあえず日常生活になんら支障はないので、
さしあたり義捐金に募金して、遅々として進まない現状に
ニュースを見てはやきもきしている訳です。
この「やきもき」も「ちりつも」状態になってくると、なんとなく心の底に澱んで
気分を重くしがちなんですね。
もちろん、被災された方とは比べものにならないことは十分承知しているのですが、
やはり気分転換が必要になります。
それに、普段と変わらない経済活動がone for allにもつながります。

そんな折、ちょうど良い演奏会が開かれることがわかりました。
休日なので、ちょいと足をのばしてきました。

1曲目 モーツァルト/フィガロの結婚序曲
2曲目 シューマン/ピアノ協奏曲
3曲目 ベートーヴェン/交響曲第7番
アンコール ドヴォルザーク「チェコ組曲」よりポルカ

一番聴きたかったのは、2曲目のピアノ協奏曲。
ピアノ協奏曲には数多の名曲があるのですが、この曲はクラシック入門当時に
聴いた時からすんなり耳になじんだ一曲で、好きな曲のひとつです。
でも、どういう訳か実演で聴いた記憶がない。
どこかで聴いているとはおもうのですが、思い出せないので良い機会でした。
ソリストの三輪郁さんは、奇を衒うという程のものではないのですが、
個性的なものを感じさせてくれて、達者な演奏で楽しませていただきました。

1曲目、3曲目は、選曲自体は地震発生前なのでしょうが、こんな時だからこそ活きます。
やはり、気分が浮き立つような、快活な気分になれます。
普段なら今回のような演奏会も名曲コンサートとして見過ごしていたのかも
しれませんが、私的には時宜に叶ったよい企画でした。
なによりも、こうして演奏を聴くことが出来たという事実がありがたいのですね。

各パートには副首席クラスの目立った札響も正指揮者高関さんの指揮の下、
アンサンブルも決まり、とても良い演奏で楽しませてくれました。
近年の札響の実力向上という側面は確かにあるのでしょうが、
同じ指揮者で演奏し続けてきた効果ともいえるのかもしれません。
高関さんのツィートを覗くと、3/14から札幌に滞在していて、
3/27の千歳の演奏会後帰京されたようです。
この間、定期演奏会含む5回(札響のHPより集計)の演奏会があったようです。
演奏会の合間に練習が2~3回とすると、ほとんど毎日同一組み合わせで
演奏してきた訳ですから、サウンド的には練り上げられたのでしょう。
少なくとも聴く分には良い音として届けられたことは間違いありません。
音を整え、聴かせると言う点では高関さんの腕は見事なものがあると感じられます。

蛇足ですが、以下は高関さんのツィートからの引用です。
付け加えるべき言葉はなにもありません。

「首都圏では自粛ムードが漂っていて、公演が多く中止されていることが気がかりである。
 (略)会場や主催者が余震を心配されることは十分理解するが、どこかで一線を引いて、
 勇気と共に開催していく方向に持って行って頂きたいと考える。
 私は幸いにも札響と共に演奏を続けているが、演奏の喜びと同時に、聴衆の皆さんが
 普段より音楽を大切に聴いてくださっていることを何よりもうれしく感じる。」
c0007388_5301280.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-03-28 06:54 | 音楽 | Comments(0)

大きいの頼んまっせ@VS阪神・オープン戦

一日遅れですが、21日は札幌ドームに見参でした。
理由は、ご想像のとおりで、
・「東日本大震災の復旧支援チャリティー試合」で募金ができる
・「佑ちゃんの初先発」が見られる
という一石二鳥的効果があるからでした。

なんと言っても、被災した人のために募金をしたかったのですが、
20日には日ハムの選手と阪神の選手がいっしょに活動していたことが報道
され、中に阪神の新井選手が映っていたのも大きいです。
「おーっ、新井選手だ。選手会長として大変だ。ぜひ激励したい!」
と、狙っていたのは新井選手の募金箱でした。
誤解されないよう付け加えますが、日ハムの選手は誰でもウェルカムなんですよ。
でも、今回だけは新井選手でなければ、という気持ちが勝っていましたね。

さて、会場へ。
三塁側の突き当たりの階段を降りきったところでした。
バックスクリーンの真裏で、反対側はガラス張り。
きっと、ガラスの向こうはサッカー用の芝生なんでしょうね。
窓から離れているので、よくわかりませんでした。
c0007388_22341457.jpg

まず、一塁側に向かって大きく3列に区分けされ、並ぶよう誘導されます。
とにかく先は見えませんので、一か八かで真ん中の列を選択です。
恐らく一塁側の突き当たりの辺りに募金箱が設置されているようです。
どの選手がいるのか気になるところですが、さっぱりわかりません。
歩みは割合スムーズだったので、小生の並んだ列の先にいる選手が見えてきました。
「あっ、中田選手だ!」
どうやらこの列は彼一人でやっているようで、新井選手じゃないのは残念だったものの、
期待の大きい彼なら申し分ありません。
顔がはっきり見える位置まで近づいた頃、なんと、選手交代!
次に誰が来るんだろう、と残念な気持ちで目を凝らしていると、
なんと外国人選手のホフパワー。
左右を見ると、右列は糸井選手、左列は楊選手。
ブレてますが、写真は糸井選手です。
c0007388_22354186.jpg

「アチャー、やっちゃったよ!」
でも、まだ来日したばかりなのにオープン戦ではHRを連発しているから、
さらにガンバッテもらいたいとの激励の言葉でも言っておこう、と気を取り直して、
募金をした後、握手してもらいながら、彼の目を見て
「大きいの(great hit)頼んまっせ!」
と、ブロークンイングリッシュで話しかけると、どうやら通じたようで
「OH! Thank you!」
と、屈託のない笑顔で力強く握り返してくれました。
通じたようなので、内心ホッとして一塁側の突き当たりから階段を上って
ドーム内に戻りました。

試合のほうは、ご承知のとおり佑ちゃんの初先発は完璧な失敗。
1回はよくコントロールされた感じでしたが、球速はなし。
2回にはプロ入り初失点で一点とられましたが、
なんとなくジャストミートされている感じがありました。
3回は、なんと一挙に8点。
やはり、制球が甘くなっていたようで、ほとんどがジャストミートされていた感じです。
阪神の熱烈応援団のボルテージは上がる一方。
いや~、この回は観ていて疲れました。
まあ、ここまで順調過ぎた訳で、いつかは打たれます。
彼のことですから次回登板までには課題もいくつかは克服してくるでしょう。

それ以降の回も日ハム打線はつながりを欠き、なかなか得点できません。
中継ぎの宮西投手も3ランされ、敗色濃厚。
そろそろ帰りたくなってきた8回に、なんとホフパワー選手にHRが出ました。
「お~っ、やったぁ~!」
あの一言が効いたのかなぁ、と独りよがりも良いところの小生です。
でも、今日になって次の記事を見て、案外効果あったのかな、と思い直しました。

「グレート! 真芯で捕らえた良い打球だった」とにんまり。
(以上、北海道新聞より引用)

同じ単語です。
やはり、独りよがり、かな!?

<参考>
2日間の募金総額は2,935万円。
1日目1,350万円 2日目1,585万円
その上、今日は地下歩道で募金活動を実施し、約157万円。
練習試合のない25日には苫小牧、28日には旭川で予定。
田中選手会長のコメント
「一時的なパフォーマンスで終わらないようにしたい。ちょっとだけど、力になれれば」
(以上、北海道新聞より引用)
日ハムの取り組みは、あっぱれだな。
[PR]
by capricciosam | 2011-03-22 23:26 | みて楽しむ | Comments(4)

あの響きをもう一度

大震災救援に向けて道内に拠点をおくプロの団体の動きが具体化してきた。
まず、北海道日本ハムファイターズ。

「阪神戦は20日(午後4時)、21日(午後1時)の2試合で、ともに札幌ドーム。
 この2連戦は、東日本大震災の復旧支援チャリティー試合として実施する。
 両チームの選手がファンに義援金を呼び掛けるほか、ドーム内に募金箱を設置し、
 チケットの収益と合わせた全額を日本赤十字社に寄託する。」
  (以上、北海道新聞3.17より引用)

こちらは今日、明日の話だが、相当の支援の気持ちが寄せられるのではないだろうか。
また、昨日は4団体が合同で。

「コンサドーレ札幌や北海道バスケットボールクラブなど道内のスポーツ4団体は
 19日、東日本大震災の復興支援のため、札幌駅前通地下歩行空間で、
 街頭募金を呼び掛けた。2クラブと、女子サッカーのノルディーア北海道、
 フットサルのエスポラーダ北海道の選手、スタッフら総勢150人以上がそれぞれ、
 札幌市共同募金委員会の活動に協力した。」
(以上、北海道新聞3.20より引用)

そして、Kitaraで定期演奏会を行った札響。

「指揮者、楽団員、スタッフ、ボランティアの手にある募金箱に
 来場の方から次々と寄せられた義援金は、759,430円となり、
 18、19日の2日間の定期演奏会で、計1,322,012円の義援金が集まりました。」
(以上、札響HP3.19より引用)

次々と立ち上がって、その下に支援の輪が拡がっている。

クラシックでも、過去来日公演をした海外のオケも続々と哀悼の意と
「with you」という気持ちを表明してくれている。嬉しい限りだ。
その中で、ラトルとBPOからのこんな映像を見つけた。


団員の方の日本語による心のこもったメッセージと
ラトルの沈痛な表情とメッセージには心打たれた。

無事すり抜けるか、破局に至るかの違いはあるが、危機は必ず終わりを告げる。
破局に至らぬ限りは、被災者の方を除けば多くの人が日常に戻っていく。
11月には来日する予定があるようなので、ぜひ演奏で感動を与えてもらいたいものだ。
感動は前向きに進む力、生きる力になる。

私的には2008年の来日公演での演奏会が忘れがたい思い出となっているが、
これに関連して、なんとも悲しく、心痛む記事を目にした。
当日の演奏会場となったミューザ川崎の惨状である。
c0007388_1029944.jpg

「川崎市によると、落下したのは天井の仕上げ材と軽量鉄骨でできた下地。
 震災当日の11日の時点では、4階席まであるホール内の2~3階席部分に
 またがる範囲で落ちていたというが、その後の余震で落下の範囲は広がり、
 この日は1~4階席の広範囲に落ちてきた鉄骨や天井材が積み重なっていた。」
(以上、朝日新聞3.18より引用)

写真で見る限り、当日座っていた座席も瓦礫の下だ。
余震のために確認作業もできず、ホール再開のめども立たないらしい。
一日も早く復旧して、ミューザ川崎に集う音楽ファンの方たちに
あの素晴らしいホールの響きを取り戻してあげてもらいたいものだ、
と遠方よりお祈りしたい。
[PR]
by capricciosam | 2011-03-20 10:34 | 音楽 | Comments(0)

買い占め撲滅ポスター

地震発生から一週間。
この間、TVやラジオもNHKを除けば徐々に通常の編成に戻ってきた。
とは言うものの、ニュースは福島第一原発を中心に大震災関連が大半を占める。
依然、原発は危険な状態を脱せず、かつ被災者の救援も遅々として進まない
のだから、当然のことだろう。

もちろん、被災地より遠方にいる者はついつい日常に追われがちだが、
決して忘れている訳ではないし、忘れることがあってはならない。
無事であったものは、一層活発に生活することで復興の推進に一役買いたいものだ。

ところで、以下、ちょっと先走った独断を書くことをお許し願いたい。
我が国では震災を忘れないために9.1に「防災の日」が設けられている。
9.1は1923年に発生した関東大震災を忘れないための日。
しかし、身をもって体験した人は今はどれだけ生存されているのだろう。
どれだけの語り部が今いらっしゃるのだろう。

1995年には阪神淡路大震災が発生し、今なお、被災された多くの人の
記憶に刻み込まれ、語り継がれている。
同時代に生きる者としても、体験せずとも目撃している分、記憶には残っている。
残念なことだが、同様のことが今回の東日本大震災では、数段強烈である。
地震大国の我が国では、震災や津波の恐ろしさを体験したことで語れる人が
多くいて、その悲劇を語り継いでいくことが、将来の防災に備える意識を
確かなものにしていけるのではないだろうか。
もちろん、関東大震災の意義は決して否定するものではないし、
死者・行方不明者の数が圧倒的多数(約14万人)ではあるが、
むしろ「防災の日」を形骸化せずに活かすためには、
「防災の日」を9.1から3.11に変更するか、
3.11を第二番目の防災の日とすることが、
ふさわしいような気がしてならない。

こんなことは震災対応が落ち着いてからの議論の範囲だ、
ということは重々承知しているが、歳とともに健忘症気味なので、
フライングして書いた次第です。

さて、本題。
首都圏では買い占め騒ぎが発生しているらしい。
幸い、拙宅の近所のスーパーは普段と変わらない様子らしいが、
ミネラルウォーターだけは棚がカラッポになっていたとのこと。
これは買い占めというよりも救援物資になったのではないか、
と勝手に思っている。
そうあって欲しい、という願望の現れですね。
そんな折、こんな記事が目に止まりました。

「首都圏で食料品などの買い占めが問題となる中、
 ミニブログのツイッターで、若手デザイナーが作った
 「みんなで分け合えば、できること」と題したポスターが
 大きな反響を呼んでいる。ポスターを作成したのは松本隆応さん(略)」
(以上、サンスポより一部引用)

百聞は一見に如かず、です。
誰にでも潜む「内なる買い占め衝動」のブレーキにならんことを。
c0007388_6575193.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-03-18 23:36 | 時の移ろい | Comments(0)

風向きが気になる

報道も当初の被災者救援に向けられていた関心が、最近は原発優先になっている。
なにしろ、福島原発のコントロールがうまくいかないまま時間ばかり経過している。
1号機、3号機、2号機に続き、地震が発生していた時停止していた4号機まで
建屋の破損が始まり、おまけに少し離れた5号機、6号機の燃料プールの
温度も上昇しているとのこと。
福島第一原子力発電所にある炉全体が損傷しかねないのかと不安になる。

「米科学者団体「憂慮する科学者連盟」は15日、福島原発事故による
 放射性物質が東京まで達する可能性があるとの見解を明らかにした。
 一段の放射性物質が数百マイル先まで到達する可能性があると指摘した。
 また、福島原発での事故対応作業が一段と困難になることを「非常に
 懸念している」とした。」
(以上、ロイター通信3.15記事より引用)

その科学者団体がどの程度のものかわからないが、
外国のメディアの見方は、率直にかつ悲観的に捉えている。
放射性物質は大気中を飛散する訳だから、
このまま炉心の暴走を食い止めることができないと、
風向きによっては日本中が身構えざるを得ない訳だ。
とりあえず、人体への影響ぐらいは把握しておくことにしたい。
c0007388_77040.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-03-16 07:08 | 時の移ろい | Comments(4)

がんばれ、東北!!

地震発生後3回目の夜を迎えた。
依然被害の全貌が把握されたとは言い難い状況ではあるが、
不安が的中したようで、被害が過去とは比較にならない位のスケールだ。

TVは引き続きどの局も地震に関する特別番組だけを流している。
そして、何度見ても、あの「黒い」津波の破壊力は凄まじい。
壊滅状態になった街で生存した人が撮った映像を見ると
その規模が防災計画の想定を遙かに超えていたらしいことがわかる。
建物の3階まで押し寄せたり、10mの高さの防潮堤が役に立たなかった
ことからも明らかだ。
マグニチュードも8.8から9.0に訂正され、最大級の強さだったらしい。
一説には1000年に一回程度の規模らしい。

依然、孤立して救援を求めている人たちも多く、例え助かっても
ライフラインが回復しない中、寒さに震えている人たちのことを思うと、
歯がゆく、胸が痛む。
「がんばれ!被災された皆さん!」
と、心中では応援しているものの、具体的な行動ではない。

「何かできないのか」

被災されていない多くの人たちにも似たような感情はあるのではなかろうか。
そんな折見つけた、400mハードル選手の為末大さんの言葉には力をもらった。

「アスリートにできる事はまず人を励ます事、影響力を発揮して
 支援の輪を広げる事、そして大切なのは毎日のトレーニングを
 淡々と行う事です。現場には必要なだけのプロフェッショナルが
 駆けつけているようです。(略)残念ですが素人が出ていって
できる事はありません。
 国民の日常の行いが破綻してしまえば国家も破綻します。
どんなに混乱しても日々の営みは行われてないといけません。
今まで自分が毎日やってきていた役割をこういう災害時でも
かわらず淡々と行う事が大切だと思います。自分の本職が何かという事を
落ち着いて改めて見つめて、その本職を淡々とこなしてください。」
 (以上、為末大からのメッセージ 2011.3.12より一部引用)

被災していない小生には、幸いなことに明日も仕事はあります。
決して東北のみなさんのことは忘れませんが、
無事であることに感謝しつつ、まずは淡々とこなすことにします。

■為末大さんの記事はこちらです。

<追記3.14>

「日本は今、大怪我をしているが、救急処置が終われば、
 回復への長いリハビリが始まる。動かせる部分が元気で、
 しっかり動かないと、それもままならない。寄付や情報の共有、
 言葉による激励などを通じて、被災者に寄り沿いながら、
 同時に、震災前にも増して活発に活動しよう。そういう一週間の始まり。」
(以上、作家平野敬一郎さんのツイートから引用)

[PR]
by capricciosam | 2011-03-13 22:42 | 時の移ろい | Comments(0)

東北地方太平洋沖地震が発生

その時。
キーボードをたたかずに、珍しくペンを持って机に向かっていたので、
職場の中ではいち早く地震に気がついた。
なにしろ、ペン先が揺れて書けない。
こまかい揺れ以外にも、大きな横揺れが断続した。
揺れ方もローリングするような、なんとも粘っこい揺れ。
大きな地震だ、とは思ったものの、震源が近いせいなのか、
地震の規模が大きいのか、その時はどちらかはわからない。
ネットやTVで、震源が宮城県沖で、津波警報が出ていることを確認したが、
その後は普段どおり仕事をしていた。

帰宅してからTVを観たが、どのチャンネルも地震のニュースばかり。
マグニチュード8.8は過去最大とのこと。
都市直下型でなかったのがまだましなのだろうが、それでも津波がある。
日没前に撮られた津波に関する映像をみて戦慄が走る。
家と車が一緒くたになって波に流されている‥
野菜ハウスが津波に次々飲み込まれている‥
滑走路に波が押し寄せている‥
これは相当な被害が出るんじゃないか。

前夜の睡眠不足で早々に就寝したお陰で、
まだ夜も明けないのに起き出して本記事を書いている。
夜明けとともに被害が拡大してくるのだろうが、
凡夫の想像をはるかに越える規模ではないのかと思うと、正直言って恐ろしい。
厳寒期を脱しつつあるとは言え、この寒空で一夜を過ごさざるを得なかった
被災者の皆さんには心からお見舞い申し上げます。
せいぜい地震カンパぐらいしかできない身ですが、
一刻も早く復興されますことを。
[PR]
by capricciosam | 2011-03-12 05:46 | 時の移ろい | Comments(6)

オープン戦参上@VS巨人・オープン戦

いやはや、大荒れの天気に見舞われ、とんだひなまつりの日となった
札幌ですが、やはり、3月の陽射しは強い。
晴れると、ぐんぐん雪が溶けていきます。
ただし、お陰で水たまりが出来たりして、歩きづらいので最悪のコンデション。
今日も、晴れ間ののぞく暖かい休日でした。

そんな一日でしたが、急遽、札幌ドームへ行ってきました。
ドームへ足を運ぶのは、これまでなら、せいぜい開幕してからの4月からです。
というのも、3月はやはり勝敗にあまりこだわらない調整中の時期なので
レギュラーシーズン程の迫力がないことと、3月では防寒着がある分、
手荷物が増えて、少々うっとうしいことが理由でした。
しかし、こと今シーズンは違います。
やはり、なんと言っても「佑ちゃん」です。
彼がオープン戦で投げるスケジュールがわかってからは、
もう気になってしょうがありませんでした。

「開幕してからは、なかなかみられないかもな‥」

一応、マー君との対戦はなんとか観たいとは思ったものの、
これとていつのことやらで、気になることは、長引くより
さっさと行動に移したほうが精神衛生上、良いに決まっています。
ということで、初のオープン戦でした。

期待の佑ちゃんはウルフ、植村に次いで、3番手として
6回から3イニングを投げました。
やはり、場内からは盛大な拍手と多数のフラッシュが。
フラッシュは佑ちゃんが投げても続くので、
場内アナウンスが注意をして、ようやく止みました。

今日の最速は144kmで、外角低めをつく直球もありましたが、
主体は直球より、変化球でした。
なにやら、いろんな球を試しているようでしたね。
また、投げるスタイルも、印象深い極端に左足を曲げるフォームではなく、
曲げ方を浅くしたスタイルに移りつつあるようで、
テンポよく投げているのが印象的でした。
結果は、打者11人に許した安打2本で無失点。
オープン戦とはいえ、プロ初勝利。

相手が調整中の巨人とはいえ、対戦したのが脇谷、長野、松本、坂本、
ラミレス、小笠原、阿部、高橋、ライアル、脇谷、長野ですから、
相手にとって不足なし。りっぱなものです。
これからの佑ちゃんの登板予定は3月13日対横浜、3月20日対阪神らしい
のですが、「開幕一軍」実現に向かって順調にいってもらいたいものです。
c0007388_22105792.jpg

<蛇足>
写真は佑ちゃんが肩ならしをしているところですが、
誰なのかわからない、って声が聞えてくるようです。
残念ながら、我が携帯ではこれが限界(泣)
観客は2.8万人。
小生の予想を下回る。
対巨人戦でもこれだけか!?という気分でした。
公式戦と違って、グッチーさんの場内アナウンスはなく、
5回裏終了後のYMCAもファイターズガールは登場せず、BBのみ。
「オープン戦って、こういう感じなんだなぁ‥」
[PR]
by capricciosam | 2011-03-06 22:14 | みて楽しむ | Comments(2)