<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

安永徹,市野あゆみ&オーケストラHARUKA@Kitara2011

1曲目:モーツァルト/ピアノ協奏曲第22番
2曲目:ウラディミール・マルティノフ/カム・イン!(北海道初演)
3曲目:モーツァルト/交響曲第41番
アンコール:エルガー/弦楽セレナーデより第二楽章

2曲目の「カム・イン!」は全6楽章、約25分の作品であるが、
楽器構成が弦楽パート+独奏ヴァイオリン+チェレスタ+ウッドブロックと変則的。
演奏を聴く前は、ちょっと及び腰の気分もなきにしもあらずだったが、
聴き出すと、たちまちその癒されるが如き不思議な旋律の虜となった。
第一楽章の変奏が繰り返されていくごとに、リラックスしていきながらも、
何故か心の奥底からは泣き出したくなるような感情がフツフツと湧いてくる
という不思議な気分に捕らわれていた。
こんな状態に陥ったのは初めてだっただけに、正直とまどった。

この演奏が終わると、楽器の配置を変える合間に
安永さんがマイクを持って現れ、この曲にまつわる話をしてくれた。

「10年ほど前から二人で室内楽活動をしているが、その一環で40人程度の
室内オケともたびたび演奏している。でも、(市野さんの)ピアノはモーツァルトはじめ
いろいろな協奏曲があるのに対し、独奏ヴァイオリンの数は極めて少ない。
それで、(男性の)みなさんもそうだと思うのですが、私は無精なんですね。
その点、彼女はパッとやっちゃう。何か良い曲はないか、とすぐに楽譜を集めてくれる
のですが、私はぐずぐずして見ようともしない。すると、次はCDです。
そのうちの一枚にこの曲「カム・イン!」が入っていたのですが、
この曲を聴いて二人とも固まっちゃった。」

なるほど、そうだったんですねぇ~。
この曲なら、曲自体に力ありますものね。
今夜の演奏会の白眉でした。
静寂を破りウッドブロックとともに語りかけるがごときチェレスタ。
時にやさしく、時に力強く語る独奏ヴァイオリンに比べ、弦楽パートが
総体的に遠慮したような雰囲気があったが、もう少し包み込むがごとく
半歩前に出ても良かったのではなかったか。

2つのモーツァルト。
ピアノ協奏曲の出だしで管楽器がふらついた時はちょっと心配したが、
それ以降は立ち直り、まずは無難な演奏であった。
しかし、ピアノを含め、淡々と終わったという印象があるのが惜しまれる。
それに比べ、3曲目の「ジュピター」は堂々とした演奏で、この曲が内包する
スケール感を十分感じさせる活き活きとした音が飛び出してきていた。

今回初めてHARUKAの演奏を聴いたので、ゲストコンマスに安永さんが
いない時の音づくりは知らない。だから比較のしようがないのだが、
過去、札響が安永さんをゲストコンマスに向かえた演奏会を聴いた体験から
推測すれば、恐らく今回の演奏はHARUKAの演奏を数段高めた可能性はある
ように思われた。
札響もあの演奏会以来安永さんとの共演がないのが惜しまれる。
もっと積極的に機会を設けてもよいのではないか。
たとえ定期は無理でも、名曲コンサートで企画することなんかができないのだろうか。
c0007388_21401655.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-06-26 21:40 | 音楽 | Comments(0)

開業してから10周年

昨日はよく晴れて気持ちの良い一日でした。
でも、風が涼しいというより、冷たいというのがぴったりで、
イマイチ初夏らしさを感じるには何かひっかかるものが。
夏はホントに暑くなるんだろうか。
もっとも去年のような酷暑は、こまりますが‥

午後からはドライブがてら札幌ドームへ。
目的はファイターズ戦のチケット購入なんですが、
当のファイターズは福岡でソフトバンク相手に首位攻防戦の真っ最中。
ラジオで実況を聴きながらだったのですが、
着いてみるとドームは閑散としていて、何やら不思議な気分です。
これまで何度もドームで観たファイターズ戦がすり込まれているので、
わかっちゃいるけど、試合がドームでやっていない、というのが変な感じなんですね。
もちろん、使われていないドーム内の照明は落とされています。
それでも、ガラス越しにサッカー用に芝生が取り込まれた形になっているのが
ぼんやりとわかりました。
そして、北ゲートには開業10周年のマークが。
c0007388_6475846.jpg

「そうかぁ~、早いもんだなぁ‥」
札幌ドームは2002年W杯日韓大会に向けて、2001年6月に開業しました。
思い出しますね。
アルゼンチンVSイングランドなんて好カードもありました。
ベッカムも来たんだよなぁ‥
まあ、きっかけはサッカーだったことは間違いない訳ですが、
イベントは瞬く間に過ぎ去り、その後の利用が問題になるのは必定。
赤字は巨額の財政負担を呼びます。

「サッカーの専用競技場では赤字が目に見えている。初期投資がかかると
批判もあったが、後の運営を考えれば、より多くの公式戦があるプロ野球の誘致が
(ドーム建設の)大前提だった」。北海道日本ハムの本拠地移転の交渉を担当した
札幌ドームの元専務、松下亮司さん(65)はこう明かす。
札幌ドームは、人工芝の野球場と天然芝のサッカー場が機械で入れ替わる
世界初の「場面転換」を導入。
野球とサッカーのプロ2球団が本拠地とする国内唯一の施設だ。
10年度の入場者245万人のうち、約7割の168万人が日本ハムを含むプロ野球関連。
(略)開催できるイベントの幅の広さも売りで、09年度の稼働率は7割を超えた。
02年W杯で建設・改修した施設の稼働率アップに悩む自治体は多い。
サッカーや陸上などにしか使えない道外9施設は利用の制約が大きく、(略)
各自治体は施設の管理団体に年間数千万~数億円の管理費を支払うが、
札幌ドームは自力での運営に成功し、市の負担はない。」
(以上、毎日新聞6/5付けより引用)

作戦は成功し、運営もうまくいっているのは喜ばしい限りです。
しかし、記事では課題も指摘しています。

「老朽化に伴う札幌ドームの改修費として、札幌市は今後20年で約200億円を見込む。
開業当時は最新だった大型ビジョンも、今では5大ドームで最も古くなった。」
(以上、毎日新聞6/5付けより引用)

なるほどね、「修理修繕」というのがありました。
しかも、その財源捻出策として企画されたネーミングライツも
企業が決まっていないことから、楽観はできないということですか。
いずれにせよ、着々と準備していかなければならないということなんですね。
[PR]
by capricciosam | 2011-06-26 07:22 | 時の移ろい | Comments(0)

初夏を感じて

高速無料化も本日限りでしたね。
どこかに出かけてもよかったのでしょうが、
取り立ててプランもなく、結局、カミサンの買い物につきあった程度。

福井投手(広島)、澤村投手(巨人)が勝ちました。
ドラフト一位の両名がホームグラウンドで勝利したのですから、喜びも一入でしょう。
佑ちゃんも復帰間近のようですが、二軍での成績は相変わらず失点が目立ちます。
一抹の不安がありますが、ガンバッテもらいたいものです。
そう言えば、大石投手(西武)はどうしたのかな。
開幕前の評価が高かっただけに、気になります。

今日は、今シーズン初めて半袖短パンで過ごせました。
陽射しも湿気もそれ程きつくもなく、穏やかな休日でした。
庭のバラも蕾が膨らみ、開花しそうな気配です。
今週、好天が続けば、開花してくれるかな。
c0007388_032322.jpg

書きながら聴いてるのが、写真のCD。
代表曲の「ウォーターメロン・マン」とは「すいか売り」のことらしい。
アチラのすいかは球形というより、ラグビーボールというか俵型のような形じゃなかったかな?
そう言えば店頭ですいかも目立つようになりました。
夏至も近いし、やっぱり初夏だな。
[PR]
by capricciosam | 2011-06-19 23:59 | 時の移ろい | Comments(2)

初のジェット風船@札幌ドーム

昨日は今シーズン初のプロ野球公式戦を観戦しようと札幌ドームへ足を運びました。
実は昨夜は早々に就寝してしまったので、今さらですが昨日の事を。

なぜ、昨日でなければならなかったのか。
最大の理由は、日本ハム球団初の選手プロデ゛ュースデーで、
札幌ドーム初のジェット風船を飛ばすことが出来る、という点でした。
阪神やソフトバンクではおなじみのアレですね。
パ・リーグ公式戦では唯一ソフトバンク戦は観戦したことがないので、
実際に観たことはなく、きっと阪神との交流戦では阪神スタンドで盛大に
飛ばしているんだろうな、と勘違いしていた話は以前書きました。
実は、札幌ドーム自体がジェット風船禁止なんですね。
道理でドームでは目撃したことがなかった訳です。

それが、日本ハム選手の皆さんの
「ジェット風船で札幌ドームをファイターズカラーで染めてみたい」
という希望が、ドーム初のジェット風船実現に至ったようです。

「おっ、おもしろそう!!」

好奇心が大いに刺激されましたが、一抹の不安も。
風船も中の空気をはき出しながら飛ぶ訳ですから、
口でふくらませた時の少なからぬ唾液もまき散らかしているでしょうから、
だとしたら、汚いんじゃないのか、とちょっとひるむ部分もありました。
ところが、今回は専用ポンプを同時に配布するとわかり、問題なし。
いそいそと出かけました。

入場と同時に配られたのはこんなセット。
c0007388_22421445.jpg

風船が青白の2個ありますが、飛ばすタイミングがそれぞれ決まっています。
7回表終了時にスカイブルーの青。
試合終了時にファイターズが勝利した時にスノーホワイトの白。

「なんとか、白まで飛ばしたいなぁ~」

ファイターズファンなら誰でも願うことではないでしょうか。
結果は、中田、ホフパワーのHRもあり、一点差で勝ったので、飛ばせました(笑)
おまけに、現在横浜の森本ひちょりや稲田も久しぶりで観れたしね。
それに、勝利の花火も観れました。
ただ、ハーパーの振ったバットで頭部にケガした大野が心配ですね。
とりあえず異常はなさそうで、ホッとしたのですが、
今シーズンは鶴岡といい、キャッチャーが災厄に見舞われるなぁ‥

さて、以下写真で青色に染まっていく様子をご覧ください。
c0007388_2255229.jpg

c0007388_22565517.jpg

c0007388_22574763.jpg

合図とともに一斉に飛んでいく様子に、満足、満足。
最後に試合終了段階の白も。
c0007388_22594457.jpg

7回は合図に従って、ほぼ一斉に飛ばすことができたのですが、
終了時は残念ながらばらつきました。
終了と同時にすぐ飛ばした人と十数秒後の合図で飛ばした人に別れたからです。
だから、白はちょいと迫力不足だったのではないでしょうか。
それから、ラジオ放送の解説者の方が
「風船の膨らませ方が足りない」
と、おっしゃったそうです。言われてみれば、その傾向はあったかも‥
まあ、膨らませ方も飛ばし方も慣れていないですからね。
と、なると再挑戦したくなるのが人情というものですが、2度目はあるのかな!?

<蛇足>
飛ばし終えて満足感と余韻に浸っている大人を尻目に、片手にポリ袋を持った
小学生があちこち飛び回って、落下したばかりの風船を集めています。
20個集めたらプレゼントがあるようで、後片付けの負担軽減策としての
アイデアとしては良かったんじゃないですかね。
[PR]
by capricciosam | 2011-06-13 23:34 | ファイターズ | Comments(0)

小粋なアンコール

なんとなく蒸し暑い一日でしたが、風が吹くとやや肌寒いという
なんとも中途半端な天気でした。
そんな日でしたが、おばの見舞いに出かけた以外は家にいました。

午後には札響定期もあることは知っていました。
2年前に安永さん、市野さんと札響が共演した時に聴いた
ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲が取り上げられていたので、
かなり関心は高かったのですが、ソリストの一人S・ナカリャコフが
来日を中止したことと、代演の福田さんの腕前は前回で堪能していたので
結局、今回はパスしました。
欧州ツアー後行われた札響の帰国記念演奏会も評判は良かったようですから、
ツアーの疲れが出ていない限り、充実した演奏会になる可能性はあったんじゃないかな、
と勝手に想像していました。

ところで、今夜、札響HPを覗いてびっくり。
もう一人のソリストの小曽根真さんのアンコール曲が掲載されていましたが、
さすがジャズ演奏家です、選曲がジャズとはねぇ!?
ジャズとクラシックを自在に行き来される小曽根さんらしい。
こういう趣向は好きですね。

「10日が Ray Bryant(レイ・ブライアント)  "Cubano Chant"(クパノ・チャント)
11日が Bill Evans(ピル・エヴァンス) "Waltz for Debby"(ワルツ・フォー・デビー)」
(以上、札響HPより引用)

一日目は先日亡くなったレイ・ブライアントに関連したな、とはわかるものの、
二日目はどんな関連なのか、想像もつきません。
今更ながらですが、モダンジャズの名曲だけに生で聴きたかったなぁ‥なんてね。
c0007388_2331252.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-06-11 23:07 | 時の移ろい | Comments(0)

居眠り運転しないでね

「6月になったなぁ~、ブログもしばらく更新していないよ。
更新しなくっちゃなぁ~、ふぁ~(あくびです、ハイ)」

ご想像のとおり。
睡魔には勝てず、起きていられない。
「つぶろぐ」でつぶやくのがせいぜい。
寄る年波なんでしょうね、トホ。
昨夜も早々に就寝したので、こんな時間にもかかわらず起きちゃったよ。
ちょうどよいので久しぶりに更新です、ハイ。

道内版なんですが、ギョッとする記事を発見。

「恵庭市内のJR千歳線で8日午前8時すぎ、札幌発新千歳空港行き
快速エアポート76号(6両編成)が走行中、男性運転士が運転席で居眠りをしていた
ことが10日、分かった。列車の運行自体に支障はなく、乗客や乗務員にけがはなかった。
JR北海道などによると、運転士が居眠りしていたのは島松駅と恵庭駅の間。
運転席近くにいた乗客が、居眠りをしている運転士を目撃し、同社本社(札幌)広報部あてに
「運転士が居眠りをしている」という文面のメールを送信した。
その後、運転席で居眠りをする運転士の動画も送られてきたという。」
(以上、北海道新聞6/10より引用)

列車の運転はしたこともすることもないのです(当たり前だ、と一人つっこみ)が、
車の運転は相当やっています。
カミングアウトすると、居眠り運転をしたことは一度や二度ではありません。
大抵は長距離だったのですが、気づいた時のヒヤッとして、ハッとした体験は
今思い出してもいやなものです。
その中でも忘れられない思い出をひとつ。

札幌から支笏湖に向かう道をドライブした時のこと。
後続する車、対向する車どちらもほぼなく、まるで独り占め。
実に快適なドライブだったのですが、単調な山道が続いているうちに
睡魔に襲われたようで、うつらうつら。
突然、助手席側のガッガッという異音とハンドルをとられる感じで
ハッと我に帰ったら、左側に寄りすぎて、路側帯をこすって飛び出す寸前。
慌ててハンドルをセンター寄りに戻したのは言うまでもありません。
戻ってから改めて左側を確認した瞬間、肝を冷やしました。
深さ何十メートルという谷だったのです。
あわや妻と生まれたばかりの子供ともども、谷底めがけて真っ逆さまでした。
日頃信心深くない小生も、思わず神様仏様に感謝しましたね。
ウン十年前の話ですが、自分の命だけでなく、他者の命も巻き添えにしかねないだけに、
運転する者の責任というのは相当重大だと肝に銘じました。
お陰で、これ以降相当注意するようになりました。

今回の事件も、例え、いろいろな安全策は講じてあるにせよ、
運転手のいないゆりかもめ並の無人運転は無理でしょう。
まして大勢の乗客の命を預かるだけに公共交通の運転手の居眠りは危険行為です。

ところで、今日は6/11。
あの3/11から3ヶ月が経ちました。

「東日本大震災は11日で発生から3カ月。
避難生活を送る被災者は依然9万人を超え、福島第1原発からは放射能が漏れ続けている。
しかし、戦後最大の危機に直面しながら、政治のリーダーシップが発揮されない。
復興財源、原発事故の賠償問題など山積する政策課題を前に与野党は、
被災者不在の政争に明け暮れ、菅直人首相は退陣を表明。
第1次補正予算成立以外にめぼしい成果はなく、政治不信が深まる中、
復興の青写真、原発事故の収束はいまだ見通しが立たない。」
(以上、時事通信6/10より引用、下線は引用者による)

乗客の命が運転手にゆだねられている関係は、日本と政治の関係も似たようなもので、
菅首相含めた政治全体=運転手と捉えてみれば、しっかり起きて、的確に判断して、
そしてちゃんと日本の運転をしてくれよ、とついつい言いたくなるんだよね。

どうやらバナーのデザインも自動的に変わったようですね。
花の季節が過ぎても、被災地のことは忘れない。

ハナサケニッポン

[PR]
by capricciosam | 2011-06-11 06:01 | 時の移ろい | Comments(2)