<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

PMF特別コンサートⅡwithナカリャコフ@Kitara2014

演奏されたのは以下の曲。

1 武満徹 弦楽のためのレクイエム
2 ヴィットマン トランペット協奏曲「ad absurdum」 日本初演
3 モーツァルト ホルン協奏曲第4番変ホ長調
4 ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調

今回の演奏会はタイトルに「with ナカリャコフ」とわざわざつけられているとおり、
セルゲイ・ナカリャコフに献呈された2とホルンに代わってフリューゲルホルンで
演奏される3が、なんと言っても聞き物だった。

2ではトランペットの詰まった感じの音が「一体どこで息継ぎしているのだろうか」、
というくらい間断なく聞えてくる。「循環呼吸」というらしいが、
演奏を終える約15分間の間、頭の中は「?」だらけであった。
奏法の難易度は素人には不明だが、決して簡単なものではないんだろう。
トランペットが途絶えるようにソロを終えると、会場からは盛大な拍手と
ブラボーが飛んだことからも小生と同じように圧倒されて聴入っていた人が
いかに多かったかが窺える。超絶技巧。
しかし、ナカリャコフは実に涼しそうな顔で拍手に応えていたな。すごい。

休憩をはさんでトランペットをフリューゲルホルンに持ち替えて3を演奏したが、
一見するとトランペットを吹いているように見えるが、音は明るくマイルドになっている。
音色はトランペットとホルンの中間のような感じ。
ナカリャコフは第1楽章から朗朗と吹いて、実に佇まいの端正な演奏だった。

ソロを支えるPMFオーケストラはPMF生だけの室内オーケストラ規模の40人程度。
昨日演奏した約80人規模のPMFオーケストラは同じ時間に旭川市で演奏会だから、
アンサンブルを除けば、PMFオーケストラを今回のように分離して演奏会を
行なうのは初めての試みではないだろうか。とても興味深かった。
PMF指導陣が含まれないためか、オーケストラの音としては少し物足りなさも
感じない訳ではなかったが、ガエタノ・デスピノーサの指揮の下、よくまとまっていたと思う。
成熟してきてたな、という印象が強く、中でも4は聴き応えがあった。

ただ、各パートに指導陣がいないため、実際の演奏段階で学ぶという側面が欠けて
しまうことは否めず、教育の機会を失するPMF生にとっては不公平感が残らないのだろうか。
また、演奏機会もたった1回に比べ、片や3回では不満が残らないんだろうか。
ちょっと心配になった。来夏はどのように展開されていくのだろうか。

私用の予定が延期されたお陰で駆けつけることができたので当日券で入場したが、
8~9割の入りか。吹奏楽を学んでいると思われる制服姿もが目についたが、
彼らにとってナカリャコフはとても刺激的というか、神のような存在だったんだろうな。
c0007388_23465215.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-27 23:46 | 音楽 | Comments(0)

PMFオーケストラ・プログラムB@Kitara2014

演奏されたのは以下の曲。

1 ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調
2 シベリウス 交響曲第2番ニ長調

プログラムから「名曲コンサート」の趣き。
振るはずだったロリン・マゼールにしてみれば自家薬籠中の曲ばかりなのだろうし、
2曲ともバーンスタインも得意としていたし、中でもベートーヴェンは第1回PMFで
ロンドン響との大熱演が忘れがたいのだから、PMF25周年にはふさわしい選曲
だったのかもしれない。
ところが、ロリン・マゼールが開幕直前に首席指揮者を辞退し、代役が小生には
未知数のジョン・ネルソンに代わったことで、凡演に堕するリスクも覚悟した、
というのがいつわざるところだった。

しかし、不安はPMF生だけによる1が始まってまもなく解消した。
暗譜ではないものの、指揮棒を持たずに身体全体をフルに使ってオーケストラに
指示する姿からは、会期前半を終え熟成の進んだ若いオケから敏感な反応を
引き出し、その横溢するエネルギーをあまり抑制せずに、それでも要所は締めて
躍動感に溢れたベト7を作り上げていた。
やや強奏気味なのはいたしかたないが、早くもブラボーが飛んだ。
ただ、金管がなかなか安定しないのが気になった。
例えは変だが、「のだめカンタービレ」の若いオケが演奏したら、こんなイメージ
になるんじゃないか、と拍手しながら頭をよぎった。

休憩をはさんで2からはPMFアメリカの指導陣が各パートの首席に陣取る。
今年の前半ではPMFヨーロッパの指導陣が一同に揃った演奏がなかっただけに、
よけい期待は高まったが、裏切られることはなかった。
やはり、PMF生だけよりもオケの音が締まり、厚みと力強さと推進力が備わり、
オケのサウンドとして数段レベルアップしたことが素人の耳にも歴然であった。
不安定だった金管も前半が嘘のように安定した。
ただ、第2楽章冒頭の低弦によるピチカートがばらつき気味で実に素っ気なく
響いたのは感心しなかった。陰鬱な導入部だけにもう少し慎重さが欲しかった。
楽章が進むにつれ、演奏はヒートアップしていき見事な大団円を形成した。
余韻が実に心地よく、この感動は忘れがたい。

万雷の拍手に何度も応えていたネルソンさんも、最後はスコアを両手に掲げ、
コンマスの腕をとって引き上げてお開きになりました。
ジョン・ネルソンさんは国内的には未知数のようですが、なかなかの手腕を
お持ちのようで、過去にサンティさんが登場した時のような印象に近く、
名伯楽のようですね。

マゼールが急逝したことでキャンセルも多く出たのかなと思ったのですが、
確かに各ブロックとも空席はない訳ではなかったものの、ほぼ9割の入り。
<蛇足>
シベリウスの2番は実演ではオッコ・カムが札響を指揮した演奏会以来だったのですが、
これだけの有名曲ながらKitaraで聴いたのは実はこれが初めてでした。
(尾高&札響のチクルスは残念ながら未聴)
c0007388_23423713.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-26 23:43 | 音楽 | Comments(0)

PMFステージオペラ「ナクソス島のアリアドネ」@Kitara2014

c0007388_5111818.jpg

過去のPMFではステージオペラ形式でオペラを取り上げていたが、
オペラへの苦手意識が先に立ち、一回も足を運んでいませんでした。
今回は北海道初演というだけでなく、指揮者の変更が背中を押しました。

初めて体験するだけに物語というか構成を頭にいれるため予習。
御主人様の悲劇と喜劇をいっしょに演れ、との話、というか前提に
よくこんな発想をするな、無茶苦茶だなと感心するやら、あきれるやら。
全2幕のうち前半は劇中劇開演前の混乱を描く、メイキング的位置づけ。
後半は本番の劇中劇。前半40分、休憩20分、後半80分と長丁場。
しかも、膨大なセリフをドイツ語で演られるので、字幕付きはありがたい。
(とは言うものの目線がステージから少しはずれるのが少々痛いが致し方ない。)

予習のおかげで退屈することはなかったが、残念ながら前半は印象が散漫。
おもしろくなって、身を乗り出したのは後半。
アリアドネの独白に耳を傾けていると、コメディアンたちが邪魔をする。
中でもそのひとりツェルビネッタの大アリアは聴かせどころ。
実際作曲したR・シュトラウスはこの大アリアを書くことに夢中になったようですが、
演技しながら見事に歌い通した天羽明恵さんに会場から盛大な拍手が湧きました。
きっとこのオペラでも見せ場なんでしょうね。
さらに、アリアドネとバッカスの見事な二重唱で圧巻の幕切れ。
会場の盛大な拍手で、カーテンはないものの、カーテンコールが繰り替えされました。
第九のソリストの皆さんも再び登場していましたが、中でも圧巻だったのは水口聡さん。
「全然、違うじゃん!?」

オペラに通じているPMFウィーンが要を務める小編成オーケストラも
沼尻竜典さんの指揮の下まとまっていたと思います。
沼尻さんの指揮で演奏を聴くのは初めてでしたが、手堅さが印象に残りました。
今度はクラシックの他のジャンルで聴いてみたいですね。

2日目でしたが、空席はあまり目立たず。
帰りには出演者の一部が並んでお見送りしてくれましたが、
断続的に拍手が起こる現象が起こっていました。
こんなことは初めてでしたが、聴く側の満足度の高さの表われでしょう。
組織委員会も別刷りチラシをつくってPRしていただけに、まずは良かったですね。

<蛇足>
同日PMFオーケストラは苫小牧市で演奏会(7/19と同じプロ)ですから、
PMF生も分離し、指導陣も弦楽器と管楽器・打楽器で別れるという形がとられています。
PMFヨーロッパの指導陣としては、今回がPMFでのラストの演奏会となりますから、
とうとう指導陣がいっしょにステージで演奏することなく終わりました。
今回初かな?それとも過去にもあったのかな。
c0007388_5105279.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-21 05:11 | 音楽 | Comments(0)

PMFオーケストラ・プログラムA@Kitara2014

演奏されたのは以下の曲。

1 バーバー 弦楽のためのアダージョ
2 チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ長調
3 シューマン 交響曲第2番ハ長調

はじめに先日逝去したロリン・マゼールを偲び1がPMF生弦楽器パートのみで演奏。
演奏後は拍手なく客席含め黙祷。
プログラムB、GALAを首席指揮者として振る予定だっただけに
「元気に登場していたら…」という「たられば」は感じざるをえませんね。合掌。

配布されたパンフによれば、出演者には「PMFヨーロッパ(管楽器メンバー)」と
なっていたのですが、2ではホルン、トロンボーンのベルリン・フィル団員のみ。
それも首席ではありません。あくまでも音の主体はPMF生です。
そのせいか、2ではオケの音が若々しく感じるものの、ややメリハリに乏しい、
サウンドとしての厚みに欠ける点は否めない感じでした。
それでも、ソリストもタッチとしては重量感を感じさせないため
相乗効果が生じたようで、見通しの良さが魅力的なピアノ協奏曲に仕上がっていました。
こんな感じで仕上がったのは記憶にありませんが、とても惹かれました。
特に、ソリストのベフゾト・アブドゥライモフは弱冠24歳ながら、聴かせる腕も十分。
将来どのような変貌を遂げていくのか楽しみです。
鳴りやまぬ拍手にソリストアンコールが。

チャイコフスキー ノクターン作品19-4

3ではPMFヨーロッパ指導陣が全員登壇しますが、各パートの首席はやはりPMF生。
指導陣が首席を徹底して務めないのは、前半のスタイルとしては恐らく初めてかな。
打楽器はベルリン・フィル団員。
3自体がレナード・バーンスタインが直接PMFオーケストラを指導したという、
PMFにとっては大切にしている曲で、25年の歴史の中でも演奏機会は少ない。
今回も25周年という節目に当たることで取り上げられたようだ。
これで3回目。(PMF生だけならば2回目。2009年に修了生による特別編成オケで
演奏されている
こともカウントするならば3回目です。)
第1楽章の金管楽器による冒頭ではちょっとヒヤリとしましたが、
すぐ立ち直り、楽章が進むにつれ、次第に快調に。
特に2と比べて管楽器、打楽器の音に芯が通ったようにグッと厚みが増した感じで、
聴き応えがありました。指揮のインドヤンも暗譜で頑張っていましたが、
小生のなかでは2009年の感動ぶりには及ばずでした。
c0007388_6312276.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-20 06:30 | 音楽 | Comments(0)

小田和正ツアー2014@札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

久しぶりの小田さんのコンサート。
「むふふ、楽しみ」

<セットリスト等が書かれていますので、ご注意ください。>

開演は10分遅れで、初めにYouTubeで公開されている
「アルバム制作日誌」全編が流れ、終盤にバンドメンバーが、最後に小田さん登場。
最初に3曲。
1  そんなことより幸せになろう★ (★はニューアルバムから。以下同じ)
2  キラキラ
3  やさしい雨

ノリの良い2,3が続いてMCに。
MC「なんだか、もうエンディングのよう(笑)3年前の札幌ドーム以来のコンサート。」
メンバー紹介を経て、さりげなくこんなことを。
「昔、40年前、相棒(!)とやっていると、「早く、やれ」と。
これは、さっさとやって早く終われ、という意味なんだけど」
おっ、鈴木さんのことを特定できる言葉として「相棒」だよ、「相棒」。
あ~、サプライズで鈴木さんといつか歌わないかな。まもなく二人とも70歳代に突入だよ。

4  Re
5  やさしい風が吹いたら★

MC「心残りがありまして、リニアモーターでツアーをやりたかったなぁ~」
会場からはさかんに「大丈夫」「やって~」の声が。
でも、小田さんは生きものがかりを引き合いにだして
「20年かかるんだろう、いきものだって50代だよ。」(笑)
「次の曲は時代劇(のテーマ曲)。時代劇だからと言って姿勢を変えるつもりはなかったね。」

6  二人★

MC「まずVTRをみてください。」
毎回の御当地紀行名古屋編での「はい、明治村です」が紹介される。
小田さんが明治村を頻繁に取り上げたのが縁で新曲が名鉄のCMに使われることに。
「本日、名鉄の社長が札幌を選んで来てくれています。」会場にも驚きの声が。

7  この街★~小田さん、稲葉さんともにウクレレ。
8  東京の空~最初聴いた時はあまり響かなかったけれど、今回は沁みたな。
9  たしかなこと
10 明日

MC「この歌は3.11から、ようやく書いた曲です。」

11 その日が来るまで★

そして御当地紀行に。
まずは、大通り公園。TV塔は12年ぶりだそうです。
トウキビ食べながら鳩と戯れ、自分で「鳩ジジイ」なんて言っちゃいます(笑)
創成川で手を洗ったときに遭遇した高校生3人。彼らの画像はエンディングでも
使われてたけれど、コンサートには、、、来てないだろうね。
芸術の森では彫刻といっしょにポーズしたり、元ファンハウスのスタジオに。
オフコース時代の「君住む街へ」は、ここで作られたそうです。
大倉山では下る時に「よし、今度来たら、下からのぼってやる。」と力強く宣言。
「オヒトリデイラシタンデスカ~」(笑)
円山球場では高校野球南北海道大会を観戦。
小樽潮陵VS知内戦だから、ホントにコンサート前日に撮影してますね。編集大変。
球場を去る時は「いやー、後ろ髪をひかれます。」と名残惜しそうな小田さん。
最後は旭山公園。「ロマンチックな公園ですね。」

12 愛になる★
13 the flag
14 風と君を待つだけ
15 愛を止めないで
16 Yes-No
17 ラブストーリーは突然に

MC「ネイサン・イーストとメールでやりとりすると、彼が最後に書いてくれるんだけど、
それが、とても素敵で。」

18 mata-ne★
19 言葉にできない~ピアノソロ+ストリングスで。字幕なし。耳を澄ましましょう。
20 彼方★
21 今日もどこかで

MC「遠いとこまで来て、お客さんがいっぱい来てくれて、なんてことでしょう。
あんまり気持ちを込めるとグッと来るので、その一歩手前で。」

22 やさしい夜★
 
そして着替えも終わったところで一回目のアンコールに。

MCでオフコース時代の「うまくいってなかった」話を。
5人、4人。それぞれの時、時で「もう一回やり直そう」と努力していたんですね。
当時からのファンには沁みる話をさりげなく。

23 もっと近くに
24 またたく星に願いを 

一旦引っ込んだものの、催促する拍手が高まる中、再登場。
小田さんはピアノの前に。

MC「アルバム10曲入ってます。9曲でも良いか、いや二桁だろうと。
すでに9曲を演奏してしまいましたので、残り1曲を。」

25 今のこと★
26 Yes-Yes-Yes
27 hello hello

そして客電が灯ったのが、ほぼ22時。
たっぷり3時間近く、楽しませていただきました。
とても66歳とは思えない小田さんでした。素敵です。
前回楽しんだのは2008年ツアーの時。その時の記事はこちら
3年前のドームは大きすぎるのでパスしました。今回のアリーナは3階席でしたが、
小田さんもよく見えるし、イスと退場時の大混雑を除けば、満足度は高いですね。
ファンとの距離感を大切にされる小田さんですから、次回札幌公演も、ぜひアリーナで。

[おことわり]
ツアー初日の和歌山が終わった段階からセットリストはバレバレでしたが、
コンサートの中でも小田さんからは注意もなかったので、今回も書いています。
c0007388_8311345.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-18 23:48 | 音楽 | Comments(2)

PMFウィーン弦楽四重奏演奏会@PMF2014

演奏されたのは以下の曲。

1 ハイドン 弦楽四重奏曲第74番ト短調「騎士」
2 チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第1番ニ長調
3 ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第9番ハ長調「ラズモフスキー第3番」

圧巻だったのは休憩後に演奏された3。
元々各楽章の主題が親しみやすく、第3楽章からは速いテンポが緊張感と興奮を
もたらす構成となっており、腕の達者な奏者に演奏されたらたまらない魅力を発揮する。
一連のラズモフスキーの作品の中でもひときわ惹かれる作品。
ライナー・キュッヒルさんを中心としたアンサンブルはいささかの緩みも感じさせずに
演奏し終えたが、実に感興深いものがあった。しかし、それは単に技巧だけではない、
作品の肝を鷲づかみしたような迫力をともなっていた、とでも言えば良いのだろか。
鳴りやまぬ拍手に応えアンコールを。

4 モーツァルト 弦楽四重奏曲変ロ長調「狩」第4楽章

昨年はキュッヒルさんの存在感の強さが印象に残ったと記事の中で書いた。
もちろん相変わらず大きいのではあるが、今回はそれ程突出して感じることはなかった。
これは客席での聴く位置によるのかな。

2は有名な第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」にうっとり聴入っていましたが、
振り返ってみると実演で全曲通じて聴いたのは初めてでした。意外。
1は実演では2回目でしたが、古典らしい佇まいが素敵です。

空席はあまり目立たず入りとしては9割か。
<蛇足>
PMFに室内楽コースが設置されて以来指導陣として参加していた東京クアルテット
(2013年6月解散)の事実上の札幌でのラスト演奏会となったPMF2012年演奏会
プログラムと今回のプログラムは奇しくも1と3が同一でした。
<追記7.19>
アンコール曲を間違って記載しました。訂正するとともに記事の一部を削除しました。

c0007388_22294044.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-16 22:30 | 音楽 | Comments(0)

PMFオーケストラ・プログラムS@Kitara2014

演奏されたのは以下の曲。

1 ベートーヴェン エグモント序曲
2 ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調「合唱付き」

PMFの公式HPによれば7日にオリエンテーションを行なったのだから、
13日の演奏会までは実質的な練習はどのくらいできたのだろう。
その間行事や12日の演奏会もあった点を考えると、
プロオケが練習に要する日時程度で演奏を仕上げたことは間違いない。
毎度のことながら弦楽器パートにはウィーンフィル、木管楽器パートには
ミュンヘン・フィルというようにPMFヨーロッパの指導陣が陣取っているが、
それは2だけ。1ではPMF生のみだった。
(ただし、金管パートはPMF生のみ。ベルリンフィルの指導陣は同日函館市で
行なわれたベルリンフィル・ブラスアンサンブル演奏会に出演していたようです。)
それが初めの1から統率のとれた見事な音を出したのだから驚いた。
もちろん、指揮者オスモ・ヴァンスカさんの力量に負うところ大であることは
言うまでもないが、それにしても期待以上。
各パート総出なので分厚いサウンドとなる訳で、強奏すると大ホール一杯に
音が溢れ圧倒されることになる。これはPMFオーケストラならではの醍醐味。
急ごしらえだけに少し音がばらける点とやや一本調子に聴こえる点はあるものの、
強奏しても音に濁りが少なく、PMF期間中にオーケストラとしての成長が
十分期待できそうに感じた。楽しみ。

これまで第九は参加したことも含め数的にはかなり聴いてきたが、
大学生、高校生だけの合唱による第九は初めて。
練習でよく注意される部分等に注意して耳を傾けていた。
もっと発声してもらいたいところや自信なげに歌が途絶えがちになるところも
散見されたが、総じてよく歌い通したと思う。若い歌声が新鮮。
北大合唱団、札幌旭丘高校、札幌山の手高校の皆さんの健闘に拍手。
若いオーケストラに若い合唱というアイデアは十分成功したと思う。
ただし、独唱は第九としてはあまり楽しめなかったのが残念。
合唱、ソリストともにP席に。
真夏でも第九と言うべきなのか、さすが第九効果とでも言うべきなのか、
各ブロックとも空席はあまり目立たず。8~9割の入りか。
c0007388_22454127.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-13 22:46 | 音楽 | Comments(0)

PMFベルリンフィルハーモニーブラスアンサンブル演奏会@Kitara2014

演奏されたのは以下の曲。

 1 ヘンデル(ワーグマン編) ヘンデルの作品による組曲
  a  オラトリオ「サムソン」から
  b  アン女王の誕生日のためのオード
  c  「王宮の花火の音楽」から歓喜
 2 J・S・バッハ 3つのコラール前奏曲
  a おおいとしきみどり児(ドラーゲ/アンダーソン編)
b あなたがそばにいたら(ラウス編)
  c 我らの紙は堅き砦(ドラーゲ/アンダーソン編)
 3 ジョン・ダウランド(オット編) 歌曲集(4つのトロンボーンのために)
a 盲目であれ、不実を見ぬために
  b 来たれ夜の重々しさ
  c 日陰のシェパード
  d ご婦人用の見事な細工物
 4 ビゼー(ハーベイ編) カルメン組曲
  a アラゴネーズ
  b アルカラの竜騎兵
  c ハバネラ
  d 衛兵の交代
  e ジプシーの踊り
<休憩>
 5 ゴフ・リチャーズ 高貴なる葡萄酒を讃えて
  a シャンペン
  b シャブリ
  c キャンティ
  d ホック
  e フンダトーレ…そしてシャンペンをもう一本
 6 ヤコブ・ゲーゼ(ビシャル編) タンゴ・ジェラシー
 7 グレン・ミラー(オット編) グレン・ミラー物語
  アメリカン・パトロール/真珠の首飾り/ペンシルベニア6-5000/イン・ザムード

すごい曲数を演奏したようですが、休憩20分含めてもここまでで100分程度。
普段ブラスアンサンブルはほとんど聴かないのですが、まったく飽きない。
それどころか、その調和のとれた、艶やかにして多彩なブラスの響きには
身を乗り出さずに聴かずにはおられませんでした。
驚くのはトランペット、トロンボーン、ホルン、チューバが見事に溶け合った時に
まるで一瞬オルガンのように、またはオケの弦楽パートのように鳴り響くこと。
そのうまさ、滑らかさはまるで上質な絹地のよう。
さすが、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団団員による室内楽アンサンブルだけの
ことはあります。ベルリンフィルのHPで確認したのですが、トランペット、トロンボーンは
そのパートが全員参加しているのですね。道理で見事な訳です。

これだけでも満足なのにアンコールは3曲も演奏してくれました。

 8 ショスタコーヴィチ ワルツ
 9 リンケ 「ベルリンの風」
10 ヘィゼル 組曲「3匹の猫」よりミスター・ジェイムス

特に、毎夏ヴァルトビューネで演奏される「ベルリンの風」が聴けたのは幸運の一語。
本場の本物を札幌で聴けるなんて! なんて贅沢なことなんでしょう。
ただ、客席も手拍子で参加はしたのですが、ステージ上からはさらに指笛を鳴らすよう
催促された(ホルンのサラさんやトランペット首席のタマーシュさん)のですが、
残念ながら少なかったですね。PMF生もいたのになぁ~
小生含めて普段から指笛を鳴らすことのできる日本人は少ないのでしょうが、
これだけは個人的には参加して盛り上げたかったな。

開幕前は仕事が入っていたので諦めていた今夜の演奏会でしたが、
うまくひと区切りがついたので早退して当日券で入場できました。
販売されなかったPブロックと3階以外に空席はほとんど目立たず。
いやはや忘れがたい、楽しいひとときでした。
c0007388_2312437.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-07-10 23:12 | 音楽 | Comments(0)