<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ジーザス・クライスト=スーパースター@千歳市民文化センター2014

会場に一歩足を踏み入れると客席側に傾斜した荒野がステージいっぱいに設置されている。
この意表をつく大胆なセットは観る側の想像を刺激して止まない。
こんなシンプルで不思議なセットではたいしたことはないな、と高を括ったら大間違い。
序曲の暗く、重いロックのビートに乗って群衆が蠢く様に始まり、次々に展開される
キリストの磔刑までの最後の7日間の物語に観る側は圧倒されて魅入ることになる。
凝縮された100分。
c0007388_19514444.jpg

この物語はキリストの後世に伝わる晩年を忠実に取り入れつつ、
そこに「神の子」としてではなく、人間としての苦悩や葛藤を浮き彫りにさせると同時に、
ユダの苦悩と葛藤をも光と影のごとく対比させて描いていく。
視点を変えて行われた大胆な解釈により宗教から離れたドラマを獲得した。
それ故、キリスト教徒以外の他宗教の者にも訴える普遍的な力を持ったとも言える。
ティム・ライスとアンドリュー・ロイド=ウェバーが着想し、オリジナルを発表したのは
1960年代末。ミュージカル化されたのが1970年代初頭。
劇団四季の初上演は1973年。以来劇団四季でも再演が繰り返されてきたが、
時の篩いにかけられても本作品の持つ原初的エネルギーと輝きは色あせることはない。
今回久しぶりに観てなお一層この思いは強まった。

ティム・ライスとアンドリュー・ロイド=ウェバーの骨格は活かしつつも、
さらにエルサレム版としてブラッシュアップさせている
演出:浅利慶太
訳詞:岩谷時子
美術:金森馨
振付:山田卓
照明:沢田祐二
の力が大きいことは言うまでもない。

実は、劇団四季ミュージカルとの最初の出会いがこの作品だった。
出会ったのが、30年前の千歳市民文化センター。
「キリンミュージカルシアター'84」(26公演・5月~7月)の全国巡演の一環。
主要な役は次のとおり。

・ジーザス・クライスト:山口祐一郎
・イスカリオテのユダ:沢木 順
・マグダラのマリア:野村 玲子
c0007388_20245787.jpg

今振り返っても良い配役だった。もう一度同一キャスティングで観たいものだが、
山口さん、沢木さんはすでに退団され、野村さんは今では幹部俳優。
時の経つのは是非もないこと。
ベテランの沢木さんに対して、当時の山口さん、野村さんは売り出し中の若手。
今回の配役も似ている。ユダ役の芝清道さんの「彼らの心は天国に」の熱唱に
始まる数々のソロの安定感はまさしくベテランの味。安心してユダ役に共鳴できる。
ジーザス・クライスト役の神永東吾さんは、瞬間的に山口さんを彷彿させるところがあり、
懐かしく観た。決して大仰な演技ではなかったが、苦悩するジーザスを的確に演じていた。
マリア役は目立つ場面は少ないがこの苦悩に満ちた作品のオアシスとして重要。
観月さらさんの「私はイエスがわからない」のソロは収穫だった。
若い神永さん、観月さんのお二人のさらなる精進に期待したい。
ベテランのお二人、ピラト役の村俊英さん、ヘロデ王の下村尊則さんは「うまい」の一語。
特にヘロデ王の場面は内心の怯えと焦りを隠しつついかに能天気に演じられるか。
かつて観た市村正親さん同様、下村さんはハマリ役で見事だった。
この作品はソロだけでなく、アンサンブルもとても重要。
いかに意味ある動き、演技ができるか。高める余地はあるのだろうが、十分な出来だった。

全国巡演(8/29~12/2)のため道内公演は4カ所のみ。
9/30千歳 10/1旭川 10/3帯広 10/5七飯
千歳では客電がついても立ち上がった客からの拍手が鳴りやまず
アンコールが繰り返された。
いかに客席を巻き込んだかの証明として至極当然な反応だったと思う。
久しぶりにエネルギーを注入された思いで会場を後にした。
<追記10.5>
七飯町の公演は日本初演から1500回目だそうです。

[PR]
by capricciosam | 2014-09-30 23:33 | 舞台 on stage | Comments(0)

札幌交響楽団第572回定期演奏会@Kitara2014

【プログラム】

1 モーツァルト ピアノ協奏曲第3番イ長調
2 ブルックナー 交響曲第6番イ長調

会場で配布された資料によれば、札響の演奏回数は1が39回なのに対し2が1回。
しかも39年前ですから、当時の団員は誰もいないでしょう。初演同然。
しかし、こういう組み合わせは、なにやらデ・ジャビュな思いが。
そうです、8月の定期演奏会とよく似ています。
演奏回数の少ない曲に積極的に新たな息吹を吹き込み、レパートリーの拡大を
はかろうという意志の現れなのでしょうか。

今シーズンのプログラムが発表された時に2番目に惹かれたのが今月の定期演奏会。
(1番目に惹かれたのは5月定期演奏会。これは5月定期演奏会の記事に書いたとおりです。)
近年札響はブルックナーの交響曲を尾高監督が定期で集中的に取り上げてきており、
その成果が昨年5月定期の第7番CDに結実したのは嬉しい限り。
でも、4番、5番、7番、9番とブルックナーとしては比較的取り上げられやすい曲なので、
CDの現役盤も少ないマイナーな6番などは「ひょっとしたら永遠に聴けないかもな~」
なんてあきらめていたところだっただけに、9月定期はまさに干天の慈雨状態です。
しかも、指揮が大阪交響楽団とブルックナーシリーズで名を馳せている
児玉宏さんとくれば、弥が上にも期待が高まります。

2の第1楽章の冒頭では各パートのアンサンブルにバラつきが感じられ、
どうなることかとハラハラしたのですが、児玉さんの迷いのない指揮に導かれるように
半ばから立ち直り、以降は安心して楽しむことができました。
特に第2楽章のアダージョは実に濃密にして甘美なひととときで絶品。
演奏終了後の拍手に応えて、児玉さんが管楽器パートを総立ちさせていましたが、
やはり、ここがしっかりしないとブルックナーの興趣を削ぐ恐れがありますからね。
確かに大健闘だったと思いますが、ホルンはより一層の健闘を期待したい。
児玉さんが定期再登場の際には、再びブルックナーを取り上げていただきたいところです。

1ではこの曲の落ち着いた甘美な雰囲気を、田部京子さんのしっとりとしたピアノが
札響と一体となって感じさせてくれ、ひたすらうっとりと耳をかたむけていました。
田部さんは1月のリサイタルで感じたたおやかな雰囲気は変わりませんね。
拍手に応えてアンコールを1曲

シューベルト アヴェ・マリア(吉松隆・田部京子共同編曲)
 
これは1月リサイタルでも最後のアンコール曲でした。

客席はやや空席が目立ち7~8割の入りか。もったいないなぁ~。
c0007388_21521883.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-09-27 21:52 | 音楽 | Comments(0)

武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会@Kitara2014

【プログラム】

1 チャイコフスキー 幻想的序曲《ロメオとジュリエット》
2 モーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調
3 ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調

会場で配布されたパンフレットの学長挨拶によれば、
「管・弦・打楽器専攻の選抜メンバーで構成されるこの管弦楽団は、毎年、前期と後期2回の
定期演奏会に加え、本学同窓会各道府県支部のご支援により、全国各地で講演を行」って
きたとのことで、今回は青森県(9/6)と北海道(9/8)への演奏旅行のようです。
(以下「」はパンフレットからの引用を示す。)
総勢80名以上で、規模としては普段聴いている札響規模のオーケストラとなっています。
弦楽器の各パートには指導者も含まれていたが、管楽器や打楽器は学生のみのようです。
(1stヴァイオリンのコンマス横には、以前札響のコンマスをされていた深山尚久さんが
いらっしゃいました。現在は准教授をされているようですね。)

1の構成は「序奏は僧侶ローレンス、第1主題はモンターギュとキャピレット家の争い、
第2主題はふたりの恋愛、最後は死を表す」というように、わずか20分弱の間に
物語の骨格を音で描写することになる分、結構メリハリの聴いた演奏を要求されると
思うのですが、基本をきちんと押さえた感じの演奏は聴き応えがありました。
PMFオーケストラに比べたら、もっと基本に忠実な感じがする演奏、とでも言えばよいのかな。

2はソロ(3年生の久保慶恵さん)が見事だった。
タッチが力強く、ピアノがオケの音に埋没することがない。そのため、オーケストラと
堂々と対峙して、臆することなく、この曲の持つ激しさと穏やかさを描写していました。
これで今以上にニュアンスに富んだら、と想像すると将来楽しみな方です。
パンフレットには明記されていないが、第1楽章のカデンツァはどなたのものだったのだろう。
ひょっとしてオリジナルなのかな。

3は、近年『のだめカンタービレ』のおかげで一層有名になったが、
各パートも持てる力を結集して熱演。見事なフィナーレでした。

アンコールは2曲。
1 ビゼー 《カルメン》組曲より「闘牛士」
2 J・シュトラウスⅠ世 「ラデツキー行進曲」

会場も手拍子で参加して、楽しく終了(笑)
平日であきらめていたのですが、仕事も目処がつき、当日券で滑り込みました。
名曲コンサートの趣でしたが、演奏も良く、とても得した気分で会場を後にしました。

指揮のルドルフ・ピールマイヤーさんは全身を駆使してオケをコントロールしていましたが、
彼の指揮とも相まって、オケのストレートにしてフレッシュな響きはなかなかのものでした。
もちろん、アンサンブルの乱れやパートの響きが薄く感じられるところもなくはないのですが、
逆に、アンサンブルが決まると、到底アマオケとは思えぬ響きが現れる。
首都圏に数多ある音楽大学・音楽学部で武蔵野音楽大学の実力がどの程度の位置付け
なのかは知りませんが、こういうプロに肉薄するような音楽を聴けるのは嬉しいことです。
全国各地を巡るようなので、またの来道は何年後になるのかは知りませんが、
機会があれば、ぜひ聴いてみたいものです。

Pブロックと3階席には入場させていないようでしたが、会場には高校生の姿が目立ちました。
きっと自分の数年後を描いている人もいるのでしょう。
そう言えば休憩後のベートーヴェン演奏の前に道内出身者が紹介されていました。
旭川、札幌、函館から合計4名。ぜひ精進を。
学生獲得という意味合いもあるのでしょうから良いアピールの場なんですね。納得。
c0007388_23444614.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-09-08 23:45 | 音楽 | Comments(0)