<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

笠井誠一展@札幌芸術の森美術館2015

笠井誠一さんを知ったのは北海道現代具象展だった。現代日本の大家として
遇されている気配は感じたものの、作品そのものはシンプルな線と色で構成された
簡潔かつ平明な雰囲気が特徴的な静物画で、ちょっと人を食った感じもしない訳ではない
ので、どんな人物なんだろうとつい想像してしまったものだ。
つまり、いかにも大家でござい、というものとの対局に位置する感じがして印象に残った。
その方の大規模個展が出身地札幌で初めて開催される上に、自身が語るという企画が
あることがわかり急遽足を運んできた。

展覧会に出品している作家自身が語る機会というのは、昨年の「存在の美学」の
伊達会場札幌芸術の森会場でギャラリートークという対談形式で体験していたが、
個展で作家自身が語るという「アーティスト・トーク」は今回が初めてだった。

「笠井誠一(1932-)は札幌に生まれ、名古屋と東京を拠点に活躍する画家です。
花や果物、楽器や道具などといった限られたモチーフを、卓上や室内に配した
独特の静物画で知られ、その透明感あふれる画面と緻密な構築性によって、
高い評価を得てきました。清廉な空気を漂わせる笠井の静物画は、およそ40年に
わたって長くそのスタイルを貫き、現在に至っています。」
(以上、笠井誠一展チラシから引用)

会場に現れた笠井誠一さんは83歳らしい小柄な御老人でしたが、
スーツをきちんと決めて、加齢による崩れを微塵も感じさせません。
(愛知県芸大でポストをこなされてきた故なのかもしれません。)
なにより目が活きている。驚きつつ、活力が衰えていない証左だな、と思いました。

展覧会は大きく「笠井誠一の世界」「札幌/東京 絵画の道を志す」
「バリヘ 自らの絵画表現を求めて」「帰国 日本での基盤を固める」
「洗練のとき 伸展する活動」「円熟の功 さらなる深み、さらなる地平へ」と
6つのコーナーに分かれており、合計一時間に渡るトークでした。
トークはそれぞれのコーナーごとに笠井さんが解説を加えていくやり方で進んでいきました。
内容は思いつくままの雰囲気もあるのですが、なかなか興味深い。
ひとつひとつの作品に蘊蓄を語るのかな、と思っていただけにこれは想定外でした。
今回はメモもとらずに聴いていたので細部の再現は難しいのですが、
なかなかユーモアのある方で、たびたび笑ってしまいました。

これまでも初期の作品から近作までを回顧する展覧会は何度か観てきているのですが、
そのたび画家の作風が変化するターニングポイントを発見することがあります。
今回も、パリへの留学は現在に至る画家としての作風を形作る起点になったんだろうな
という劇的転換がみられます。
それはパリへの留学の時教えられた「肉体も建築学的に表す、情緒を排する」(笠井さん曰く)
という徹底した教えだったようです。確かに、芸大時代のデッサンと比較してもその違いは
素人目にも異なるようでした。また、セザンヌの影響を受けたという作品もあるのですが、
小生が注目したのはむしろ愛知県立芸術大学にポストを得てから描いた「滞船」でした。
笠井さんは特に説明もなく流したのですが、家庭を築き、不安を抱えつつ、安定していくという
時期に描かれたこの作品は船を描く輪郭とシンプルな構成とリズム、そして抑制された色遣い。
現在に至る笠井芸術の完成に至る原型を観る思いでした。

また、笠井作品に特徴的な黄色ですが、背景とテーブルで使い分けていた
暗い黄色と明るいライトな黄色の使い方を逆にする転換が1980年代半ばに起きていました。
しかし、近作に至っては元に戻るなど、固定せずに使い分けていることがわかり、
画家としての円熟期に至り、高い自由度の獲得を感じさせるものがありました。

また参加者の質問にも答えていましたが、サイン自体には意味を持たせないという点と、
作品本体が乾ききってからサインすると思うようにサインできないから、やはり乾き切らない
「筆の勢いがあるうちに」(笠井さん曰く)サインしてしまうほうがよいという話が印象的でした。
たかがサインというなかれ、されどサインなんですね、きっと。

会期:2015年3月29日まで札幌芸術の森美術館で
(冬には訪れたことはなかったのですが、駐車場も除雪は行き届いておりました。)

<3.3追記>
文意が乱れていた部分を修正しました。
c0007388_1644650.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-02-28 22:34 | 展覧会 | Comments(0)

札幌交響楽団第577回定期演奏会@Kitara2015

【プログラム】

1 シベリウス 交響曲第5番変ホ長調
2 シベリウス 交響曲第6番ニ短調
3 シベリウス 交響曲第7番ハ長調

尾高さんの札響音楽監督として最後の定期演奏会。
取り上げたのはシベリウスチクルスの完結となる後期交響曲。
これまで巷間「札響にはシベリウスが似合う」との評判は耳にしたものの、
演奏される作品には偏りがあるようで、今回取り上げた札響の演奏歴は
1から順に4回、1回、3回と少ない。つまり、決して耳なじみのある曲ではない。
やはり「さまざまな形式や表現を通じて追求してきた交響曲連邦の高峰」
(会場で配布された資料P6より引用)であるが故の取っつきづらさが影響しているのか。

CDでは予習していたものの、改めて印象深かったのは2、3。
永遠とか、宗教的憧憬を想起させるかのような清澄さ、静謐さが印象的な6は
3曲の中では18年前に一回演奏されたきりで、尾高監督も初めて指揮されたとのこと。
指揮棒を持たずに情熱的に指揮された尾高監督の下、札響のアンサンブルが
素晴らしく、演奏終了とともにこみあげる思いは格別のものがあった。
3ではさらにそのアンサンブルが精緻になったような印象を覚えた。
単一楽章の中に千変万化する色合いを楽しんでいるうちに
「簡潔で無限性を志向するような集結を迎える」
(会場で配布された資料P9より引用)
尾高監督のコントロールが冴え、見事な大団円だった。

惜しむらくは、3曲とも監督が腕を下ろしきらぬうちに拍手が始まったことだ。
音が鳴りやんだ後の静寂がもっとあれば、余韻を経てより感動は深まったことだろう。
ライブ録音されていた。やや空席があったものの、9割以上の入り。

3月末と4月末で退団される2名に花束が贈られた後、札響理事長がマイクを
持ってステージに現れ、尾高監督に丁寧な謝辞を述べられて花束を贈る。
それを受けて尾高さんは概ね以下のように最後の挨拶をされた。

「ひとつだけ訂正しておきたいのは、僕は「おだか」ではありません、「おたか」です。
(作曲家の)兄は「おだか」と言ってたのですが、僕は若い頃から「おたか」と言って
ました。尾高賞を兄が受賞した時は司会のアナウンサーもこんがらがっていました(笑)。
44年札響と関わってきて、うちポストを持ったのは22年。常任指揮者を引き受ける前に
Kitaraホールができあがっていたのですが、僕はこのホールが大好きです。札響も
このホールとともに成長してきたように思います。(音楽)監督はいつまでもやるものでは
ありません。オーケストラは色々な指揮者に振ってもらわなければだめなんです。
僕の後は、ポンマーさんやエリシュカさんの他色々な方が振る予定です。僕も秋には
定期に来ますので、ぜひまたお越しください。ありがとうございました。」(大拍手)

演奏者とて人。オーケストラも人の集合体であるが故に、演奏は常に変化し、
この段階でもう良いなんてことはない訳なんだが、近年の札響の充実をみると
尾高監督の長年に渡る尽力と果たした役割は大きいのではないかと思う。
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
c0007388_22162253.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-02-14 22:16 | 音楽 | Comments(0)

札響名曲vol.5@Kitara2015

【プログラム】

1 メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調
2 ラフマニノフ 交響曲第2番ホ短調

3月で退任される尾高さんが音楽監督として最後に札響を指揮されるのは台湾での演奏会。
今回のプログラムは台湾でも演奏されるとのことで、「台湾公演壮行演奏会」となった。
チケットは早々に完売しただけあって、ほぼ空席が見えない大ホールは壮観。

これまで台湾のオーケストラはkitaraで2007年にフィルハーモニア台湾2014年に
台北市立交響楽団
と2回聴くことができた。どちらのオケも交響曲をロシア作品にし、
聴き応えはあったのだが、中でもフィルハーモニア台湾はラフマニノフ2番を
「楽員自身がオケの看板曲」としているらしい。
ロシア作品が好まれる(と思われる、あくまでも独断です。)土壌のある台湾に、
ラフマニノフ2番を持ち込む訳だから尾高監督も相当の自信があるのでしょう。

近年、この作品は尾高&札響で2005年定期演奏会2010年定期演奏会で取り上げられており、
今回で5年おき3回目となります。毎回大きな感動に打たれてきたのですが、
今回はさらに札響の機能をフルに引き出しつつ、一層丁寧に仕上げたような印象が残りました。
管弦一体となった濃密な60分に渡る演奏は見事。中でもクラリネットは素晴らしかった。
これなら台湾でも満足いただけるのではないでしょうか。

かつて尾高さんはBBCウェールズ響とラフマニノフの交響曲全集を発売されたくらいなので、
この作品はご自身にとっては自家薬籠中のものなのでしょう。
実際、今回も譜面台に譜面も置かずに暗譜で指揮していらっしゃいました。
2010年定期の記事でも書きましたが、この作品だけでも札響とCDとして残しておいて
ほしかったところです。(今回録音はされていたようですが、放送用なのでしょうか。)

1のソリストは札幌出身。地元贔屓もあり、盛大な拍手が送られていた。
アンコールも3曲。

4 パガニーニ 24のカプリースより第5番
5 パガニーニ 24のカプリースより第24番
6 エルンスト 「庭の千草」の主題による変奏曲

大サービスとは思うものの、20分程度そのままステージでつきあったオケが気の毒。
1ではソロが丁寧に演奏したことは評価に値するが、ソリストとして発散される「熱」が
あまり感じられずに終わったため、曲自体がいささか感興に乏しい印象が残った。
少し年上ではあるが、12月定期演奏会に登場したハーデリッヒとの違いに
思いを巡らせざるを得なかった。素質十分だろうから更なるスケールアップを期待したい。
c0007388_23202427.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-02-07 23:21 | 音楽 | Comments(0)