<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

札幌交響楽団第595回定期演奏会@Kitara2016

【プログラム】

1 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」
e ビゼー(ブゾーニ編) カルメン
e リスト グランド・ギャロップ・クロマティック
2 ワーグナー 「ニーベルングの指環」より
 ・ワルハラ城への入場
 ・ワルキューレの騎行
 ・魔の炎の音楽
 ・森のささやき
 ・ジークフリートの葬送行進曲
 ・ブリュンヒルデの自己犠牲

ワーグナーの代表的作品は歌劇(楽劇)のため、普段生の歌劇に縁遠い身としては
せいぜい演奏会の中で歌劇の序曲を聴くぐらいが生でワーグナー作品に親しむ機会になる。
もっと親しもうと思うと10数分か2~4時間か、という極端な選択をしなければ
ならなくなる。これが作品鑑賞としてのワーグナーのハードルを高くしている面もある
のかもしれない。しかし、個人的には序曲集のようなCD一枚でも聴いていて飽きる
ことはなく、ワーグナー作品の持つ不可思議な魅力にからめとられてしまうのだ。
それほどワーグナー作品自体の磁場は超強力だと常日頃から感じていた。

今回指揮される飯守泰次郎さんは我が国屈指のワーグナー指揮者で、近年札響を
数回指揮されているが、ワーグナー作品は序曲1~2曲程度だっただけに、
今回のようにワーグナー作品でも長大さでは群を抜く「ニーベルングの指環」の
抜粋版演奏は久しく待っていたものだ。

また、「ニーベルングの指環」の管弦楽用の編曲版としては、ヘンク・デ・ヴリーガーに
よる「オーケストラル・アドヴェンチャー」(1992年エド・デ・ワールト指揮、
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団で初演)があり、14曲を60分程度に抜粋、編曲
している。(以上、Wikipediaによる)
ちなみに、エド・デ・ワールトが2003年PMFに登場した時にこれを
とりあげている(未聴)。

ステージ一杯に大幅増員された100名からなる札響は壮観の一語に尽きる。
札響の繊細かつ強烈な音はまるで、飯守さんの指揮にあわせて呼吸するがごときで、
織りなす響きが大ホールを満たすのは痛快至極で、聴き飽きすることはなかった。
近年力をつけてきているだけにどのパートも大健闘だったが、
特に、トロンボーンはじめ金管楽器群が印象深かった。
やはりワーグナー作品には強烈なブラスの咆吼が似合う。
ただ、トッティではオケとしての余裕があまり感じられなかったのは少し残念。

暗譜で通した飯守さんにも驚いたが、安心して聴くことができた。
待った甲斐があるというものだ。歌唱なしでも十分堪能させてもらった。
ただ、歌劇本来の鑑賞としては歌唱もあったほうが良いだろう、とは思う。
飯守さんと札響の組み合わせでワーグナーの歌劇を聴くとなれば、
やはり、2018年の札幌文化芸術劇場開場を待つことになろうか。
こけら落とし公演「アイーダ」以外は未発表だが、ワーグナーも上演されないかな、、

1のホジャノフはアンコール含め大ホールは大いに湧いた。
確かにピアノ小僧ぶりには驚いたし、きれいで迷いのない音は魅力的だとは思うものの、
オケとの一体感があまり感じられず、「皇帝」としては淡々と終わった印象。

昼公演。空席もあまり目立たず客入りは9割程度か。

c0007388_13163299.jpg


[PR]
by capricciosam | 2016-11-26 23:58 | 音楽 | Comments(0)

鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン@Kitara2016

【プログラム】

1 J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調

バッハ・コレギウム・ジャパン(以下、「BCJ」という。)の演奏会を聴くのは
2007年のメサイア全曲演奏会以来。あの時もあまりの素晴らしさに驚いたものだが、
その後の来札では期待していたバッハの大作がなく、今回まで待ったため、まだ3回目。

今回演奏された作品は晩年のバッハが遺した宗教音楽の大作として知られている。

「(略)スコアには、1733年から死の直前1750年までの長期にわたる筆跡が見られること
が分かっている。(略)痛々しい思いをしてまでこの仕事に込めようとしていたバッハの
思いが何であったか。その目的が何であったか。それは、多大なバッハ研究の蓄積にも
かかわらず、未だ明らかになっていない。(略)この作品の制作は作曲というよりも、
むしろ主に様々な時代に書かれた作品を寄せ集め、一部改作しながら歌詞を変えていく
という作業であった。(略)この作品のなかには、野心を胸に秘めた若々しいバッハと、
成熟し自信に充ち満ちたバッハ、そして年老いて自らの衰えと闘うバッハが一体化されて
ひとつの人格をなしている。」
(当日配布された佐藤望氏によるプログラム・ノートから一部引用)

若い頃から晩年までに書いた作品を色々と転用しつつ、ひとつの作品としてまとめ
上げられたものということらしい。佐藤氏はいみじくも「作業」と喝破し、
「寄せ集めとパロディー」としている。こう書くと、お手軽で、薄っぺらな作品との
印象を持たれてしまう恐れがあるが、バッハが様々な技巧を凝らした多彩な響きに
耳を傾けていると時間が経つのを忘れる。

さて、作品自体の魅力に加え、演奏するBCJのうまさも加わり相乗効果!
BCJの器楽と声楽が一体となって作り出す明瞭かつしなやかな響きは、
宗教的峻厳さというよりは、むしろ作品に対して謙虚に奉仕するごとき様が
しきりに頭に浮かんで仕方なかった。
誠実にして、ぬくもりを感じるという言い方が適切かもしれない。至福のひと時。

終演は予告どおり21時15分だったが、長時間を飽きずに聴かせてもらった。
PブロックとLA、RAのPブロック寄りは入場させていなかったが、
それでも客入は8~9割か。
いつかは受難曲を聴かせてもらえたら嬉しいのだが、、、

c0007388_23502694.jpg


[PR]
by capricciosam | 2016-11-15 23:52 | 音楽 | Comments(0)

反田恭平×上野耕平 デュオコンサート@Kitara2016

【プログラム】 (D)…デュオ (P)…ピアノ (S)…サキソフォン 

1 シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調(D)
2 リスト:愛の夢-3つの夜想曲より第3番 変イ長調(P)
3 リスト:巡礼の年 第2年への追加「ヴェネツィアとナポリ」より第3曲「タランテラ」(P)
4 デザンクロ:プレリュード、カデンツァとフィナーレ(D)
5 ポノー:ワルツ形式のカプリス(S)
6 グラズノフ:サキソフォン協奏曲 変ホ長調(D)
7 ガーシュウィン/長生淳編曲:ラプソディ・イン・ブルー(D)
e バザン:バザンのロマンス~歌劇「パトラ先生」より

KitaraClub会員限定コンサートは低廉な価格で新進気鋭の音楽家を紹介する趣のようです。
今回はピアノの反田恭平さん、サキソフォンの上野耕平さんのデュオ・コンサート。
実は当初予定にはなかったのですが、TVでお二人を偶然続けるようにみたところ
御両人の活きの良さに俄然興味を覚え、足を運んでみました。

MCではお二人がKitaraとの関わりを話されていました。
上野さんは12年前の吹奏楽コンクールにおいてKitaraで演奏したことがあり、2回目。
反田さんはKitaraの近くに祖父が住んでいたので知ってはいたが、自分で演奏するまでは
と決めてKitaraに足を踏み入れたことがなかったそうなので、今回が初とのこと。

お二人は過去30分程度の共演はあったようですが、今回のようなデュオでの演奏会は初
とのことでした。しかし、1から二人の掛け合いはスムーズです。
バリバリと弾きこなし勢いのある反田さんと精妙な陰影を落ち着いて作り出す上野さん。
楽器の違いがお互いの個性の違いを一層浮き立たせているようでした。
特に、サキソフォンが活躍するクラシック作品はあまりないため、
改めてこの楽器は随分魅力的だなと思いました。

お二人のソロも、それぞれの達者な腕前を披露してもらい魅了されましたが、
やはり掛け合いが楽しかった。デザンクロ、グラズノフ、ガーシュイン。
グラズノフではサクソフォンがソロで、ピアノが「100人のオケ(反田さん曰く)」を
演奏します。ガーシュインでは逆にピアノがソロで、サクソフォンがオケを演奏します。
この役割の反転も楽しかったのですが、丁々発止のやりとりは、まさしく才気煥発。
実に楽しい一夜でした。

P、LA、RA各ブロックは販売しなかったようですが、他の席はかなり入っていましたね。
盛大な拍手に応えてアンコールを1曲。
演奏会終了後のサイン会は長蛇の列でした。
いや~、楽しみな才能が現れましたね。

c0007388_00115656.jpg



[PR]
by capricciosam | 2016-11-08 23:57 | 音楽 | Comments(0)