さらす

◆ 受信料制度って、改めて不思議だな

  夕食後、TVをつけっぱなしでネットサーフィンしていた。
  ふと、気づくと驚くべき番組が放映されている。
  NHK会長自らが出演して、職員の不正発覚に端を発した
  一連の不祥事に対する批判に応えている。
  それも、NHKが生中継で。
  視聴者からのキツーイ意見を局アナが読み、「会長、これらに
  対してどう答えますか」とやる、なんてぇのはひと昔前には
  考えられない(これも筋書きどおりなのか?)。

  そもそもTVを持ったが最後、NHKに受信料を支払う義務が
  生じる、たとえNHKをみなくても発生するこの不思議な制度って、
  いったい何。
  それ故、疑問に由来する潜在的な不満は案外大きかったのだ、
  と思う。
  そして、職員の横領の発覚に対しての一連のNHKの対応の
  甘さ、これで国民の不信感は増幅されたのだろう。
  それが、受信料不払いの急増という現象、こんな番組を自らが
  制作せざるを得なくなったことにつながったんだろう。
  
  なるほど、組織の透明性が強く求められる時代にあって、
  このような番組はあっても不思議ではない。
  当たり前、といっても良いのかもしれない。
  臭いものにふた、といった体質も徐々に変わりつつあるのか。
    
  ところが、会長の結局居座るつもりで、弁明し続ける姿勢は、
  明日以降の不払い増加につながって、さらに混迷の度を深める
  んじゃないか、と心配。
  最後に鳥越俊太郎が、「この番組を見て、さらに不払いが増える
  んじゃないか」と言っていたが、まったく同感。
  かえって会長は墓穴を掘ったんじゃないのかなぁ。
  
  NHKのすぐれた番組に接してきた思いが残っている私自身は、
  この番組をみて、さらにNHKバッシングが強まるのでは、と懸念
  する。
  NHKが体質を変えて「再生」することを願わずにはおれない。
    
  
  
[PR]
# by capricciosam | 2004-12-19 23:24 | 時の移ろい | Comments(0)

わかっていても…

◆ 健康診断の結果は良好

  頭では理解したつもりでも行動がともなうか、どうか、はまた
  別の話。
  例えば年末にともなう年賀状書き。
  今年はPCがダウンして住所録もふっとんでしまったため、
  ここからやり直しなのだが、いっこうにやる気がおきず、
  一歩もすすんでいない。
  頭では日数が残り少なくなってきた、と焦りはじめて
  はいるのだが…
  
  まあ、結局はやるんだが、でも、もう少しseeがdoにスムーズに
  移らないと、日々雑事がたまる一方で、未達感が心の片隅に
  澱のようにたまっていく。  
  そのうち、結果良好でも健康を損なうよな、やな予感が…
  それに、最近、運動も極端に減っているし…
  よし、行動するぞ!
  まずは、身近なことからやろう!
  てな訳で、まずはブログから。
[PR]
# by capricciosam | 2004-12-16 23:06 | 時の移ろい | Comments(0)

VHS vs β

◆ 古い記憶がよみがえる

  家庭用ビデオデッキと言えば、今じゃあVHSだけ。
  (それも、HDD付DVDに主役が移ってきている)
  ひと昔くらいまではSONYが開発したβ(ベータ)という規格も
  かろうじてあったんじゃないかな。
  規格が統一されず、互換性のないふたつの方式から消費者は
  どちらかを選択しなければならない、という不便が続いたが、
  製造とソフトの両メーカーをうまく取り込んだVHS陣営の勝利
  に終わり、β(ベータ)は家庭用からは消えていった。
  わが家のデッキもご多分に漏れずVHS、それもすでに3代目。
  現在はSONY製。
 
  今朝、TVで次世代DVDの規格について深刻な争いが発生して
  いることが取り上げられていた。
  一方の規格を主張する東芝社長の話も、自社の規格の優位性を
  主張して一歩も譲る気配はなし。
  各陣営ともソフトが趨勢を決めるとみて、米国の映画会社を
  取り込もうとしており、五分五分の情勢らしい。
  しかも、来年には各陣営の製品が販売されるとあっては、
  かつて消費者を悩ませた愚行がまた再現されるということか。
  各規格のメリットはもちろんあるだろうが、多くの消費者ニーズは
  なんと言っても「規格の統一」だろう。
  CD、DVDでできたんだから、なんとかしてもらいたいもんだ。
  
  
[PR]
# by capricciosam | 2004-12-12 22:39 | 時の移ろい | Comments(0)

編曲の妙

◆ 探していた一枚を入手した。

  実演で接して、おもしろい編曲だなぁ、と感心したのが、
  シチェドリン編曲によるビゼーの「カルメン」。
  管楽器のパートを打楽器で代わりに演奏してしまう、という
  おもしろい曲で、途中「アルルの女」のメロディがあらわれたり、
  自在な編曲の妙が楽しめる。
  今回は実演で聴いた岩城宏之/オーケストラ・アンサンブル金沢の
  CDをようやく手に入れることができた。もう10年以上前に発売
  されたものながら、聴いていると、実演当日の様子がまざまざ
  と目に浮かぶ。
  このときのアンコールも不思議なもので、岩城氏と打楽器奏者
  だけで、自らの身体を手でたたいて、アンサンブルを披露する
  というもので、これも楽しめるものだった。
  さすが、元打楽器奏者だった岩城氏の面目躍如といったとこか。
  
c0007388_031023.jpg

[PR]
# by capricciosam | 2004-12-11 12:16 | 音楽 | Comments(0)

4日目

◆ 冬らしくない暖気が…
 
  一大テロ事件をきっかけに注目されたブログだが、
  ブログって、あっけないくらい簡単にできる。
  ホームページ作りで躊躇していたのがウソみたい。
  しかし、一定のお約束(融通のなさ)が評価の分かれる
  ところか。私は、そんなに気にはならない。
  少々機能の説明が不足している点は不満だが、
  それを除けば、結構使えるもんだ、と思う。
  今日で4日目。
  日記だってよう続かんのに。
  結構つづくじゃないか、と自分を見直してみる。 
  タイトルどおり「徒然なる」ままに綴っていきたいものだ。
[PR]
# by capricciosam | 2004-12-09 01:11 | 時の移ろい | Comments(0)

日本語で「だいく」

◆ 一昨日の続き
 
 購入したCDにはベートーヴェンの交響曲第九番もあった。
 俗に「だいく」というだけで通じてしまう曲である。
 12月には全国各地で何回くらい演奏されるんでしょうね。
 日本の季節とともに定着したクラシックはこれくらいか。
 同曲異演はいろいろ聴いたが、第四楽章の「歓喜の歌」を
 日本語で歌ったCDは、初めてであった。
 そもそも日本語バージョンがあることすら知らなかったから、
 好奇心丸出しで聴いてみた。
 有名な合唱の出だしの「フロイデ」が、「愛」に置き換えられて
 のっけから、驚き。
 聴き通していくと、やはり日本語としてメロディにのりづらい
 感じもあったり、二重フーガでは聴きづらかったり、と違和感
 がないわけではないが、なかなかうまくまとまっているなぁ~、
 というのが、印象として残った。
 そうだなぁ、歌の意味も通じたら、聴く方だってもっと共感できて、
感動も増すかもなぁ、と思わぬでもない、とても刺激的な一枚。
 ちなみに訳は、なかにし礼氏。
c0007388_10303552.jpg

[PR]
# by capricciosam | 2004-12-08 00:14 | 音楽 | Comments(0)

ゴジラ、ゴジラ

◆ 昨日の続き
 
 音盤屋さんで買ったCDの中に発売されたばかりの
 伊福部昭の作品を集めたものがある。
 有名な人なんだけれど、音盤はようやく一枚、しかも
 コンピレーションなので、もっと作品を聴きたかった。
 ところで、このCDはこれまでの「日本作曲選集」の中では、
 最大のヒットになるのでは。
 そのわけは、なんと言っても「SF交響ファンタジー第一番」。
 あの不気味な、不安をかきたてられる出だしの次は、
 「ゴジラ、ゴジラ(と、聞こえてしょうがない)…」
 あっ、懐かし~い!ゴジラの音楽だ。
 子供の頃、夢中になってスクリーンを観ていたことを
 思い出すなぁ~。
 怪獣映画の音楽で一番日本人になじんでいるはず。
 演奏はロシアのオケなのだが、どうして洗練された響きで
 あのテーマ(なんのテーマだ!?)を奏でてくれます。
 しかも、力強く。
 う~ん、やっぱり、ゴジラの音楽はいいなぁ。
 他の作品もまさしく「土俗的」雰囲気に満ち、興味深い。
 伊福部昭の才能の一端にふれられるこのCDはお買い得。   
c0007388_032326.jpg

[PR]
# by capricciosam | 2004-12-07 00:10 | 音楽 | Comments(0)

よみがえるBJ

◆ 昨日音盤屋さんへ行った。
 
 予約したCDに数点プラスして、ふとひらめいてJAZZコーナーへ。
 「そういえばボブ・ジエームスって、このコーナーでいいんだよな」
 と、心のうちでつぶやいて、目はBを追っていると、
 おっと、ありました。懐かしいアルバムの数々が。
 初期のOne、Two、THREE、BJ4の4枚も復刻されている。
 レーベルはCTIではなくTappanZeeなのは了解するが、
 しかし、高い。4枚買ったら予算オーバーは明らか。
 一応全部調べてはみるものの、輸入盤もやや安い程度では
 あきらめるか、と思ったら、最後に驚愕の一枚が!
 なんと4枚まとめた2CDで、しかも単品アルバムより安い!
 レーベルは聞いたことがないが、大丈夫だろうか。
 少々不安を抱きながらも買ってみる。
 帰宅して聴いてみると、デジタル処理されていて、音も明瞭。
 怪しい海賊版でなかったのは一安心。
 と、言うわけで、昨日から繰り返し聴くこと、聴くこと。

Night On Bald Mountain
Feel Like Making Love
Take Me To The Mardi Gras
Farandole
  etc
 
 クラシックの名曲をアレンジしたもの、ポップスをアレンジしたもの… 
 どれも、うん十年ぶりに聴く懐かしい曲ばかり。
 今の彼がどんな音づくりをしているか、もう関心はないが、
 この頃のBJはsophisticatedな音づくりをし、つくづくうまかった。
 
 
c0007388_0331159.jpg

[PR]
# by capricciosam | 2004-12-05 20:48 | 音楽 | Comments(0)