内田光子withマーラー・チェンバー・オーケストラⅠ&Ⅱ@Kitara2016

10月28日【プログラムB】

1 モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番ト長調
2 バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント
3 モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番ハ長調
e シューマン作曲:謝肉祭「4つの音符による面白い情景」 作品9より 「告白」

10月30日【プログラムA】

1 モーツァルト:ピアノ協奏曲第19番ヘ長調
2 武満徹:弦楽のためのレクイエム
3 モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 
e モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調 K.330より 第2楽章


モーツァルトのピアノ協奏曲を2晩で一挙に4曲。しかも、内田光子さんで。
近年海外オーケストラ公演が激減している札幌では願ってもない演奏会だ。

共演するマーラー・チェンバー・オーケストラ(以下「MCO」という。)は設立されて
19年目の若い室内管弦楽団であるため、歴史ある有名海外オケに比べると
一般的なネームバリューとしては期待できないだろう。しかし、クラウデオ・アバドが
設立に関わり、最近までダニエル・ハーディングが指導し、現在は内田さんや
イザベル・ファウストが友好的な関係を保っているオケとなれば、相当の水準なのだろう
と想像を巡らすことはそんなに難しいことではない。
今回のジャパンツアーでは札幌、東京、大阪、豊田の4都市だけで、室内楽含め3公演が
あるのは東京と札幌のみ。室内楽を除く2回のオーケストラ公演(10/28・10/30)に
足を運んだが、演奏会自体は期待以上で満足度は高い。

内田さんのモーツァルトは期待していた以上に絶品。所有するCDで漫然と聴いていた
各作品を、実はこうなのよ、とポンと見事に提示されたような納得感がある。
また、内田さんのモーツァルトを有名にしたテイト&ECO盤との違いには驚くばかりで
約30年経っても今なお内田さんは進化している証なのだろう。
例えば第20番のぐっとテンポを落とした冒頭からこの名作の緊迫感がひしひしと迫る。
曲を進めてもテンポを落としつつ、細部に抉りをきかせて表現の彫りを深めるかの様は
「進化」というより「深化」というのがふさわしいように感じた。
内田さんならではの説得力に溢れていた。

またMCOの高水準ぶりには驚いた。特に弦楽パートの表現力の高さには驚いた。
バルトークの作品は「ディヴェルティメント」という標題から連想される明るく、愉快な趣
とは無縁で、むしろ暗く陰のある響きが分奏や全奏で激しいリズムを伴って飛び交う。
指揮者なしでいささかの乱れもなく弾き通したが、ブラボーがあちこちから飛んだ。
恐らくこの作品については小生同様期待以上と感じた方が多かったのではないか。
1日目でバルトークを聴いた後なので、2日目の武満への期待も高まるのは当然だった。
浮かんでは消えていく響きの連なりを、案の定見事に演奏していた。
この若いオーケストラの演奏を他作品でも聴きたいものだという気持ちになったが、
今回が一期一会的な演奏会だったのかもしれない、という気持ちも浮かんだのだった。

本公演は《Kitaraワールドオーケストラシリーズ》の一環で開催されており、
チケットも国内オケより高めの設定。だからという訳ではないのだろうが、
10/28公演は空席がとても目立ち、極端な例えだが、一部の人しか入れないリハーサル見学に
近い状態だった。もちろん前売りが開始されてからのプログラムの入替という想定外の事態や
平日の夜公演、そして何よりも興行であるという点は割り引いたにせよ、それでもなお
主催者側には空席を少なくするようもっと手を尽くしてもらいたかったという思いは残る。
あれだけの秀演を展開した演奏者への主催者としてのリスペクトにもならなかったのではないか。
結果論だが、まあまあの入りだった2回目公演の空席状況と31日室内楽公演(未聴)の完売を
併せると、オーケストラ公演は1回公演ならそれほど空席は目立たなかったのかもしれない、
というあまり望ましくない方向性になるのかな、残念ながら。

海外オーケストラの2回公演で思い出すのはジョナサン・ノット指揮バンベルク交響楽団
によるブラームス交響曲全曲演奏会
。これも《Kitaraワールドオーケストラシリーズ》の一環
だったが、空席が目立った。好企画だったと思うのだが、今回と併せて考えると札幌における
厳しい側面が浮き彫りにされたような思いも浮かぶ。
c0007388_00170988.jpg


[PR]
# by capricciosam | 2016-10-29 23:58 | 音楽 | Comments(0)

札響名曲~チェコを離れて:エリシュカのお気に入り@Kitara2016

【プログラム】

1 モーツァルト:交響曲第40番ト短調
2 ドヴォルジャーク:アメリカ組曲
3 ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」(1919年版)

先週の定期演奏会に続きエリシュカさんによる名曲コンサート。
定期の時公表された来シーズンの札響演奏会の速報によると、来札は
10月の定期演奏会のみで、しかも定期演奏会と名曲を指揮するという形はありません。
ご高齢ですから、エリシュカさんのお身体の負担を避けるという意味なのでしょうが、
指揮ぶりは実に矍鑠(かくしゃく)としているので、長く続けてもらうという意味では
やむを得ないでしょうね。しかし、残念。

閑話休題。1は基本に忠実でありながら、立ち現れる音楽のなんと新鮮であることか。
基本的には「ジュピター」を含む2012年の名曲で抱いた感想と変わらない。
そういう意味ではエリシュカさんの姿勢には一貫したものを感じる。
ただ、深みや劇性を第一に求める向きには首肯しずらいものがあるのではないかとも思う。

2はドヴォルジャークが渡米後書き上げたピアノ組曲をオーケストラ用に編曲したものらしい。
初めて耳にしたが、何やら西部劇の荒野が目に浮かんだりして聴いていて楽しい。
肩肘張らない娯楽色が強い作品。各パートの首席がソロをとっていたが、
ホルンとオーボエが印象に残った。

今回のプログラムではもっとも期待していたのが3。長年エリシュカさんを聴いてきて
こういう躍動感あふれる色彩感に富む作品はうってつけなんだろうと思っていた。
ただ、この作品は外見的な効果を狙うと、とかく力業に頼りがちになる傾向もあるように
感じていたので、今回のような慎重かつ精緻な演奏指向は細部にこだわり過ぎて
迫力不足ととる向きもあるだろうなと思う。しかし、例えば「魔王カシチュイの踊り」でも
札響のダイナミクスを活かして迫力十分だったとおもうだけに、作品自体に語らせる
手法ととるなら必要十分な演奏だったのではないかと思う。

ほぼ満席の会場からの万雷の拍手に応えアンコールを一曲。

4 スメタナ 歌劇「売られた花嫁」より"道化師の踊り"

<蛇足>
今回はエリシュカさんにしては珍しいシーンが2回ありました。
1回目は一旦ステージ裏に引っ込んでから3のために再登場したエリシュカさんですが、
指揮台上で胸ポケットを探っていたが、なにやらないらしい。ステージ裏に助けを求めたら、
届けられたのは眼鏡。受け取ってすぐ顔にかけて胸に両手をあてて会場に「ごめんなさい」の
ボーズ(笑)これには会場からも笑いが起きて、一瞬緊張が緩む程和みました。
2回目はプログラム終了後、拍手に何回か応えていた時に発生。
オケはアンコールの準備をしていたのですが、そのまま袖に引っ込もうとするので、
コンミスの大平さんがエリシュカさんを止めて何やら話していたと思ったら、
「オッ」という表情でエリシュカさんが急いで指揮台に戻りアンコールになりました。
エリシュカさん、どうやらアンコールを忘れていたようですね(笑)
エリシュカさんの演奏会を長年追ってきて、年齢に似合わずしっかりしているな、と
思っていたのですが、やはり年齢相応の部分はあるなと妙に納得。ご高齢ですからね。

c0007388_23181413.jpg

[PR]
# by capricciosam | 2016-10-22 23:18 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第594回定期演奏会@Kitara2016

【プログラム】

1 スメタナ:交響詩「ワレンシュタインの陣営」
2 ドヴォルジャーク:スケルツォ・カプリチオーソ
3 チャイコフスキー:チャイコフスキー交響曲第5番ホ短調

エリシュカさんが三年がかりで札幌交響楽団(以下「札響」という。)と進めてきた
チャイコフスキー後期三大交響曲演奏会も今回の第5番で完成する。
これまで取り上げた第6番第4番の演奏での衝撃的な出来からみて最後となる
第5番への期待はとりわけ大きかった。
ちなみに札響の演奏回数は第6番が76回(2014年当時)、第4番が66回(2016年当時)
に比べ、第5番が95回と多いのは、この曲がいかに愛されているかを反映している
のだろう。運命の主題による循環形式を採り、ほの暗さと愛らしさと輝かしさを
併せ持つ作品としての魅力はチャイコフスキーの想像を越えていたのかもしれない。

演奏終了後に感想として「一点一画をも疎(おろそ)かにするまい」とツイートした。
これはエリシュカさんの流儀だろうから今さらなのだが、それが今回はさらに徹底
していたようだ。第1楽章では音楽が止まるのではと思われるぎりぎりまでテンポを
落としつつ音を明瞭に響かせるが、無機的で何の感情もこもらない演奏でもなく、
音楽として停滞している訳でもない。逆に情感豊かでカンタビーレが溢れているように
聞こえたのだが、これは全楽章を聴き終えても同様。
名曲についた手垢をきれいにぬぐい去ったかのごとく新鮮。
例えば、第3楽章から第4楽章へほぼアタッカで演奏することで一気に流れを形づくろう
とする場合もあるが、エリシュカさんはここでも休憩をとる。実際の演奏は途絶えるが、
さりとて最後の雄渾なフィナーレが割り引かれる訳でもない。
むしろ、楽章ごとに気迫溢れた指揮により札響から引き出される音楽の素晴らしさが
脳内で流れを途絶えさせずにいたようだ。
何度も第5番の実演に接してきたが、これまで聴いた過去のどの第5番の演奏とも異なる
まさにエリシュカさんならではの第5番だった。これは想像を越えていた。
札響の演奏史においてもメモリアルな演奏会として記憶されるのではないか。

終演後の万雷の拍手と数々のブラボーは会場の満足度の高さを示すものだった。
昼公演。エリシュカさんの演奏会としてはいつもより空席が目立ったが、同日同時間帯で
行われた札幌ドームでのCSファイナル(ファイターズVSホークス戦)に若干流れたのかな
と想像していた。
CD化を目指した録音もされていたが、前日の夜公演分はNHK-FMで放送されるようだ。
今回はツィッターでフォローさせていただいている道外の方も会場に足を運んでいたが、
クラシック音楽ファンの中で聴きに行きたいと思う演奏会なら遠方でも出かける方は、
結構いらっしゃるものだと改めて思った。(自分もその端くれではあるが、、、)
ありがたいことだ。そんな全国的に注目を浴びるエリシュカ&札響&Kitaraを
地元として享受できることは改めて幸いなことと思う。

<追記10.23>
プログラムを記載し忘れたので追記しました。
1は札響初演。活気あふれる作品だと思うが、それ以上でも以下でもないか。
2は札響の演奏としては2012年4月定期以来3回目とのこと。ドヴォルジャークらしい
素敵なメロディが溢れるが、札響はよく表現していたと思う。
c0007388_20120316.jpg

[PR]
# by capricciosam | 2016-10-15 20:12 | 音楽 | Comments(0)

伊藤君子JAZZコンサート@北広島市芸術文化ホール活動室2016

10年以上前にオークションに伊藤君子さんのCDが出品されていて、出品者が激賞していたのが
印象的だったのですが、特に求めることもなかったので伊藤君子さん自体は記憶の深層に埋もれた
ままでした。今回「前回の札幌公演から18年ぶり」とあるのを目にして当時のことがよみがえり、
希少な機会と思い、出かけてきました。
ご自分を「大年増」とおっしゃていたのですが、7月にライブを聴いた小田和正さんくらいのようです。
あの年代の現役バリバリで活躍される皆さんは、円熟していて聴き応えがありますね。
それに初めて聴いた「津軽弁ジャズ」ですが、訳詞が成功しているせいか、実にノリも良く、
通常聴く英語の詞と大して違和感は感じませんでした。
むしろ、詞にこめられた感情がぐっと迫ってくる感じがしました。
方言のネイティブスピーカーはまるで外国語のように感じますから、この方言に置換する試みは
成功していると思いました。実に楽しかった。
伊藤君子さんのHPを覗いたら、北海道ツアーは4カ所だけのようです。
9/16 札幌市
9/17 北広島市
9/18 旭川市
9/19 帯広市
お近くの方はぜひ。

<9.22追記>
定刻になりメンバー入場。
Vocal:伊藤君子
Piano:宮本貴奈
Bass:柳 真也
Drums:館山健二

MC「ようこそ、おいでくださいました。皆様に御礼申し上げます。伊藤君子です。
(メンバー紹介)そして、小豆島が生んだ大年増、伊藤君子でございます。」

1 ジャスト・イン・タイム
2 オータム・イン・ニューヨーク

MC「さて、いきなり津軽弁の時間です。津軽弁でジャズを歌うのは伊奈かっぺいさんの影響です。
第一弾を発売したのは2000年のことです。2015年に第2弾を発売し、「津軽弁の日」に宮本さん
との美女二人で行き、歌わせていただきました。」(以下、★印は津軽弁ジャズです。)

3★恋に恋して

MC「どうして津軽弁?と思ったんですが、初めて歌った時は恐かったですよ。
だって(津軽弁の)ネイティブスピーカーだらけですもん(笑)。でも、うけた。
それで、第2弾を出すことになったんです。」

4★ブルームーン
5★カム・レイン・オア・カム・シャイン
6 セプテンバー・イン・レイン
7 イパネマの少年? ~この夜唯一曲名紹介が省かれたので不明ですが、ボサノバでした。
8 サムウェア(「ウエストサイド物語」から)

<休憩>
宮本さんだけが登場。
MC「ピアノソロでちょこっと。ジャズピアニストですが、バークリーの映像音楽科と作曲科を
出て作曲もしているんですね。NHKの「日本の話芸」テーマを作曲しました。
TVのオープニングは20秒なんですが、今日は90秒バージョンで。」

9 NHK「日本の話芸」オープニングテーマ

MC「もう一曲。直感で日本の曲を。タイトルはあえて言いませんが、皆さんご存じです。」

10 この道

伊藤さんはじめ他のメンバー登場。

MC「私の足を心配してイスが届きましたが、立っても座っても変わらないと思います(笑)」

11 You've got a friend ~エルトン・ジョンでしたっけ?

MC「アンコール前の曲という感じ(笑)次はこの間亡くなったトゥール・シールマンスの
作った素敵な曲です。失恋している人に、大丈夫だよと。
励まされると思って聴いて下さるかな。」

12 ブルーゼット

MC「今日はお星様は見えるんでしょうか?昨日札幌歩いていたら雨が降ってきて。
よくあるんですか?どこで見た星空が思い出ですか?私は小豆島で高校までいたんですが、
あの頃は天の川まで見えました。大気がきれいだったんですね。」

13 ソー・メニー・スターズ

MC「次は有名な曲。世界中で録音されているんですが、名古屋弁で言うとピッタリ。
フリャイ・ミー・トゥー・ザ・ムーン(笑)タイトルは名古屋弁だけで、歌うは津軽弁です。」

14★フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン

MC「かっぺいさんの訳が……(聞き取れず)。聴いて下さい。」

15★オーバー・ザ・レインボー

MC「次なる曲はとてもおもしろいアレンジで、(CDでは)上妻宏光さんの津軽三味線
なんですが、今夜はまっさん(柳真也)が津軽三味線風にアレンジして。」

16★ラストダンスは私に

伊藤さんが給水する間、宮本貴奈さんがMCを努め、途中から伊藤さんも加わる。
MC「新潟のフェスから羽田へ直行しハワイへ。ハワイで3泊し北海道へ来たんです。
でも、演奏の時しかほとんど記憶がないんです。
そうなんですよ、会場とホテルと食事ぐらい。」

MC「小さい頃家にあったのは広沢虎造。6つの時、美空ひばりに夢中になったんです。
それで歌手になりたくて東京へ行きたかったので武蔵野美術大学短大を受験したら、
合格しちゃったんです。ずっと端折りますが。今歌手です(笑)」

17 愛燦燦
18 オールド・デヴィル・ムーン

初めて来てくれた伊藤さん、宮本さんに北広島市、千歳市の両ジャズ倶楽部から花束贈呈。
アンコールの手拍子に応えて

19 フォロー・ミー~アランフェス協奏曲第2楽章から

<おまけ>
歌われた津軽弁ジャズ(記事中の★印)の聞き取った歌詞の一部分をランダムに並べました。
文字にしてみると、津軽弁が親密で感情が迫ってくると感じたのは間違いなかったようです。

「好きだ 好きだ みなみなわのものだして~」
「わーば好きだはんで だまってそうしてろ~」
「あんだの好きな人と踊ってくればいいがし~」
「あの虹っこば越えて飛んでいぐんだ~」
「好きだ 好きだ 好きだ 恋はどこさ行ってしまったんだべ~」
c0007388_23363344.jpg






[PR]
# by capricciosam | 2016-09-17 23:36 | 音楽 | Comments(0)

音楽の昭和@北海道立三岸好太郎美術館2016

「音楽の昭和~三岸好太郎を巡る音の風景」と題する講演は特別展「三岸交響楽」
(9/3~10/19)に関連して特別展初日に開催された。講演の行われた三岸好太郎美術館は
北海道知事公館のある一画の北側に位置する。

三岸節子氏をはじめ遺族4名から220点の三岸好太郎作品が北海道に寄贈されたのを機に、
1967年、北海道で初めての美術館となる〈北海道立美術館(三岸好太郎記念室)〉として、
当館は札幌市中央区北1条西5丁目に開館しました。その後、北海道立近代美術館の開館に
ともない、1977年に北海道立三岸好太郎美術館と改称して再発足し、さらに1983年、
三岸好太郎のアトリエのイメージを設計の一部にとりいれた新館を現在地に建設して移転、
新たな開館をしたものです。」
(三岸好太郎美術館HPより引用、以下三岸好太郎は「三岸」と略する。)                              

美術館はこじんまりとしており、その1階展示スペースの一番大きなところにイスを並べて
本講演が行われた。もちろん、三岸の代表作<オーケストラ>も展示されている。
開演前には座席が追加される盛況だった。

定刻になり登場した片山杜秀氏(以下、「片山氏」と略する。)は、やや顎を上げて
斜め上に視線を飛ばすお馴染みのスタイルでやや早口気味に、三岸の<オーケストラ>が
描かれた当時の日本の音楽状況等を語りだした。
以下は、その概要のごく一部をテキスト化したものです。

展覧会初日にお招きいただき光栄です。
<オーケストラ>は三岸の代表作。彼が日比谷公会堂の新交響楽団演奏会に通っていた頃の
印象をもとに描かれたものです。
では、その新交響楽団は1930年頃はどんな音を出していただろう。

★第二次世界大戦の学徒出陣の際に演奏されて有名なルルーの「分列行進曲」を聴く

ところで、三岸は近衛秀麿指揮の新交響楽団を誰と聴いていたのかというと、
「魔性の女」吉田隆子と連れだって日比谷公会堂へ出かけていた。

★彼女と聞いたであろう新交響楽団によるマーラー交響曲第4番を聴く
 片山氏曰く、当時のマーラーの知名度はR.シュトラウスと比べてずっと低かった。

三岸は札幌時代含めてクラシック音楽の素養はあったようだ。
彼は天才なので、理屈(を知って描く)よりもすぐに描ける人、感覚的な人だ。
感覚的な人は理屈の立つ人にコンプレックスを持つ(笑)私もそうなんですが(笑)
吉田隆子は理屈の立つ人、理屈先行型であり、カリスマ型。
年下のモダンな女性が文化教養にあこがれる若者である三岸を音楽に導いたと言える。
彼女は社会的にはまだこれからの人だったが、三岸が彼女とのどろどろした関係を清算し、
妻の節子に連れ戻された時に描かれたのが<オーケストラ>だった。
単純な線で描かれ抽象化されているので、一見吉田隆子との関係を想起させるものは
ないが、絵の背後には隣に座っていた人が投影されていると考えられる。
三岸にとって自覚的に作風が晩年様式になったことはない。まるで墓碑銘を書くように
極限的なスタイルに転換していく。作風が飛躍したのだ。
この時代は色々な人が錯綜しているが、三岸が亡くなった昭和10年以降本格的な音楽作品
を書ける人が桁違いに増える。

片山氏の話は結構横道にそれるが、その膨大な知識故か退屈することはなかった。
上記以外にも、三岸はカンディンスキーの影響を受けたとの話から、
①カンディンスキーとシェーンベルクの妻の不倫の結果誕生した無調音楽
②そもそも近衛秀麿、新交響楽団とは何か?
③山田耕筰のいい加減さ
④満州に避難してきたロシア人演奏家との日露交歓管弦楽演奏会の話
⑤SPレコードのヴァイオリンの生々しさ~シゲティのファリャ「はかなき人生」を聴く
等興味深い話や体験が多く、60分では短かった。まだまだ聴きたかったなー。

また、展示された資料も珍しいものが多かったが、伊福部昭の「交響譚詩」自筆譜や
「土俗的三連画」出版譜、早坂文雄「古代の舞曲」などは初めて目にしたが、
伊福部昭ファンや早坂文雄ファンには堪らないでしょうね。

c0007388_22551931.jpg




[PR]
# by capricciosam | 2016-09-03 22:55 | 講演会 | Comments(0)

PMF GALAコンサート@Kitara2016

【プログラム】
第1部
1 ファンファーレ
2 プッチーニ: 歌劇「ラ・ボエーム」からムゼッタのワルツ「私が街を歩けば」
3 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番ホ短調 作品27-4から第1楽章
4 PMFヴォーカル・アカデミーによるオペラ・アリア集
 1)ロッシーニ:歌劇「セヴィリアの理髪師」から「オレは町の何でも屋」
 2)ドニゼッティ:歌劇「ラ・ファヴォリータ」から「私のフェルナンド」
 3)ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」から「フォンテンブロー!…私は彼女を見て、その微笑みに」
 4)ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」から「あたりは静けさに包まれ」
5 ヒナステラ:フルートとオーボエのための二重奏曲 作品13
6 シューベルト:八重奏曲ヘ長調 D.803から第6楽章
7 PMF讃歌~ジュピター

第2部
8 メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調 作品90「イタリア」
9 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品77
10ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調 作品65

連日30℃近い暑さが続くものの、朝夕の涼しさと湿気の少ない風が救い。
GALAも今年で5年目。オシャレして参加する方も年々増えてきたようですが、
盛夏のひとときを楽しむのは相変わらず女性が一枚上手ですね。
また、ピクニックコンサートならぴったりのTシャツスタイルも依然目につくので、
組織委員会の意図する「GALAではオシャレしてひとときを楽しんで」という
スタイルの定着にはまだ時間がかかるのでしょうか。
第一部はおなじみ天羽明恵さんの司会進行で。
1のファンファーレに続く2では赤のドレスへ素早く着替えて(驚!)華やぎを演出。
3では追加出演が決まった注目のレオニダス・カヴァコスが登場し、実力の片鱗を披露。
せめて第4番全曲を聴きたかったなー。

続いて昨年より設けられているヴォーカル・アカデミーによるオペラ・アリア集。
ピアノ伴奏で4名が一曲ずつ披露してくれたが、1)4)が印象深かった。
ただ、PMFオーケストラとの共演機会は今夏もないようなのですが、
昨年も記したとおり少々物足りない。

第一部残りの2曲はPMFアメリカの教授陣による演奏。
5はデュトワ時代の数々の名盤で活躍したティモシー・ハッチンズのフルートを
生で聞けたのは何より。6は時間の関係上第6楽章だけとなったようですが、
急造アンサンブルとは思えぬうまさ。

7ではGALA恒例の「PMF賛歌」をゲルギエフ指揮で。
ゲルギエフ指揮で素人が歌えるなんてそうそうあるもんじゃありませんから
当然起立して歌いました。今年はステージ準備の間に天羽さんが客席に向けて
「さぁ、皆さん立ちましょう。大きく背伸びしましょう。」
と呼びかけたため起立する人が多かったですね。昨年はこの声がけがなかったため
座ったままの人も多く、客席との一体感に欠ける状態だったのですが、これは改善されました。

ここまでで17時にあと数分。15分休憩の予定だったのですが、ステージ準備に時間が
かかったようで結局25分遅れに。今年の公式HPでは第2部開始時間は「17時~(予定)」と
なっていましたが、公式プログラムは「17時~」と断定的に記されていてちょっとチグハグ。
昨年までの約1時間遅れの遅延状況からみればかなり改善されたとは思うのですが、
これなら公式には「17時30分~」として余裕をもたせても良かったのではないかと思います。
GALAの定着とともに客も慣れて第二部だけ聴きたいという人もでてくるでしょうから、
より的確な時刻にしてあげたほうがよいのではないでしょうか。

また、今年は第1部の曲間で頻繁に途中入場が繰り返され、少し興を削いだ。
天羽さんのMC時間が長い(つまりステージ準備に時間がかかる)場合は許容されるとは思う
のだが、例えばMC時間の短い5と6の間での誘導には演奏への集中を妨げるので疑問を感じた。
途中入場もMC時間が長い場合にまとめてする等のメリハリをつけてはどうだろう。

第2部からは通常の演奏会スタイルだが、ゲルギエフと独墺モノはさてどんなものか、
と思っていたのだが、あにはからんや。8、9ともにオーソドックスな演奏スタイルの展開で
至極まっとう。さすが、ゲルギエフです。また、プロA、プロBと聴いてきて
今夏のPMFオーケストラの仕上がり具合は順調と感じていたが、
ホント常設オケ並のアンサンブルの良さに仕上がっていると感じました。
また、カヴァコスのヴァイオリンは力み返ったところが微塵も感じられないのに、
実に堂々たる歌いっぷりで正統派の美音そのもの。巨匠の趣。これは収穫だった。

終曲のショスタコでは各パートの首席を教授陣が占め、この曲の陰影を色濃く描写する力演。
ただ、曲が終わってもゲルギエフは頭を垂れたままなかなか腕を下ろさないのだ。
ゲルギエフ指揮の演奏会には何度も足を運んでいるが、こんなのは初めてだった。
息詰まる緊張が大ホールを満たす。一体何秒経過したのだろう。
とうとうフライング拍手が起きてしまい、ようやくゲルギエフも腕を下ろした。
当初、祝祭的な場でゲルギエフが何故こんな重々しい曲を選んだのか不思議だったが、
この姿を見て思い浮かんだ言葉は「祈り」だった。
この曲にまつわるエピソード(この辺りはWikipediaを参照してください)や混迷を深める現代、
そして何よりもショスタコーヴィチへのゲルギエフの思いがあの姿に繋がっていたのではないか。
この仮定が当たっているとしたら、PMFオーケストラの最終公演となる東京公演(8/9)は
ショスタコーヴィチの命日と重なるだけに、ゲルギエフが腕を下ろすまでの沈黙を共有できたら
最高ではないかと思う。

TVカメラが複数台設置されていた。
HPでも正式な発表はないが、昨年同様ネット配信する予定なのだろうか。
チケット完売公演だけに、カメラ設置でできた空間以外はほぼ満席。
c0007388_23540035.jpg




[PR]
# by capricciosam | 2016-08-06 23:53 | 音楽 | Comments(0)

PMFオーケストラ・プログラムB@Kitara2016

【プログラム】
1 メンデルスゾーン:序曲「静かな海と楽しい航海」作品27
2 ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番 作品72b
3 ムソルグスキー:交響詩「はげ山の一夜」(原曲版)
4 ブラームス:交響曲第4番ホ短調 作品98

PMFの各プログラムは2日間に渡って演奏会が開かれる。
プログラムBはコンダクティング・アカデミー生が2日目に指揮するため曲数が多い。
1日目は全曲をアクセルロッドが指揮するので、ある意味お手本的役割を果たして
いることになる。その1日目を聴いた。

プログラムAから約一週間。指揮者のアクセルロッドは代わらないものの、
教授陣はPMFヨーロッパからPMFアメリカに代わって、さらにオーケストラの充実が
図られたかが試されることになるのがプログラムB。
当日曲順が変更されて2曲目に演奏された2はこのオーケストラの充実ぶりが
よく現れており、特に、弦楽器の合奏は聴いていて芯のある響きが感じられ、
視覚的にも一体感がよくわかった。
また、3は土俗的な荒々しさはあるものの曲自体としての流れが良くないため、
一体的な曲として聴かせるのは容易ではないと思うのだが、PMF生だけでも健闘していた。
休憩前だけでも今夏のオーケストラとしての成熟が順調であることを示していると思う。

ただ、PMFアメリカが加わった4は少々ハラハラした。
第1楽章からアンサンブルが乱れ、なかなか修正されないのだ。
特に金管楽器の突出ぶりが耳についたが、首席奏者は皆教授陣なので頭の中には「?」。
しかし、これも楽章を追うごとに解消されていき、フィナーレは見事に決めていた。
ベテラン・プレーヤーらしく落ち着きを取り戻すとやはり見事なものだ。
また、4の実演は近年では、ジンマン&チューリヒ・トーンハレエリシュカ&札響
聴いて各々感銘をおぼえていたのだが、アクセルロッド流の解釈はどちらとも違うものだった。
楽章間で十分な時間をとり、指揮ぶりも丁寧ではあったものの、やや早めのテンポで
メリハリをつけるため、表現が劇的でかつ推進力が増すので、曲の有する人生の晩年的
枯れた味わいを想像する人にはやや感興が乏しかったのではないかと思う。
演奏自体は良いと思うだけに、これは好みの分かれるところなのだろう。

最後にアンコールを一曲

5 ブラームス ハンガリー舞曲第5番

演奏が停止したときのフライングにはホールから笑いが起こったものの、これはご愛敬。
約9割の客入りか。


c0007388_11505209.jpg

[PR]
# by capricciosam | 2016-07-30 23:58 | 音楽 | Comments(0)

PMFオーケストラ・プログラムA@Kitara2016

【プログラム】
1 ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
2 ドビュッシー:交響詩「海」
3 マーラー:交響曲第4番 ト長調

PMFオーケストラが演奏する場合休憩前はPMF生が主体で、
休憩後に教授陣全員が加わるというスタイルが近年定着している。
ただし、休憩前においても若干教授陣が入る訳で、今回のプログラムAでは
ティパニーのライナー・ゼーガスさんは3曲とも加わっていたのですが、
1ではホルンのサラ・ウィリスさんが、そして2ではトランペットの
タマーシュ・ヴェレンツェイさん、トロンボーンのシュテファン・シュルツさんが
各々参加していました。休憩前は教授陣の参加が打楽器と金管楽器だけになっています。
ところで、プログラムAに関して指揮者のジョン・アクセルロッドは

「プログラムAは「天国と地上」と呼びましょう。なぜなら前半は海と、この自然界の
もっとも豊穣な力と人間との関係を表現した音楽をとりあげているからです。
ワーグナーの「さまよえるオランダ人」序曲とドビュッシーの「海」は、音の密度、色彩、
動きの傑作です。休憩後、マーラーの交響曲第4番は、私たちを楽園へ、限りなく無垢な、
天上の王国へといざなってくれます。」
(以上、会場配布パンフレットより引用)

と語っています。
なるほど「さまよえるオランダ人」は幽霊船の話ですから海に関係があります。
確かに「豊穣な力と人間との関係を表現」する上で表現のダイナミクスさが
欠かせないだけにこれらの曲では打楽器と金管楽器は要になったのでしょう。
事実、1は最初の演奏会の1曲目にしては上々で、ワーグナーらしい深々とした響きは
聞き応えがありました。また、2は表現のメリハリがやや乏しく、その分色彩感ももう少し
あればと感じたのですが、なかなかの演奏で、「今年のレベルは期待できそうだ」との思いが。

3では弦楽器、木管楽器の首席は教授陣が占め、教授陣が全員参加して演奏した。
1や2と比べて表現の陰影が深まり、曲の躍動感が増し、「常設オケ?」と勘違いしそう
なくらいの満足すべきレベルだった。教授陣の力たるや流石としか言いようがないのだが、
指揮者のジョン・アクセルロッドさんも多分に寄与していることは間違いない。
後半は教授陣もPMFアメリカに切り替わるが、さらにオケの力が伸びんことを期待したい。
3のソロはバーンスタインのようににボーイソプラノもありと考えると
「無垢な天上」らしさを表現する声がふさわしいのだろうが、その点では今回のソリストの
声質は適している。これで声量があればなお良しかな。

3の第2楽章ではコンマスのライナー・キュッヒルさんが用意していたヴァイオリンに持ち替えた。

「長2度高く調弦したヴァイオリン・ソロが、とりとめのない、一面おどけた旋律を演奏する。」
(以上、Wikipediaより引用)

この場面だったんですが、持ち替えていたとはCDではわかりません。実演ならでは。

客入りは8割程度か。
客電が点り、大ホールが明るくなっても拍手は止みませんでした。
前半を支えた教授陣の最後の演奏会でもあっただけに各パートの教授とアカデミー生が
別れを惜しんで抱擁したり、握手する姿が微笑ましかったのですが、中でも隣り合った
フルートのアンドレアス・ブラウさんとオーボエのジョナサン・ケリーさんが
力を込めて握手している姿が印象的でした。
c0007388_23040602.jpg




[PR]
# by capricciosam | 2016-07-24 23:06 | 音楽 | Comments(0)