タグ:サプライズ ( 75 ) タグの人気記事

こんな場所でクラシック!?

リンクさせていただいている作家の佐々木譲さんのブログを覗いたら、
12/14の記事に検査入院された時の様子が書かれていた。
ちなみに、「警官の血」このミス第一位、おめでとうございます(^^)

その時、検査室にはブルックナーが流されていたらしい。
病院ではBGMを多用する傾向があるようだが、
それでもムード音楽や有名クラシック曲が主だろうから
ブルックナーとは意外な感じだし、そもそも検査室ぐらいでは
BGMなしも珍しくはないだろう、と思うのだが。
そして佐々木さんが曲を確かめる様子を読んでいたら、
なにやら既視感に襲われて、自分の体験を思い出した。

かなり前にポリープの除去をしてもらった時に、
手術室に置かれたラジカセから結構はでにクラシックが
流されていた、という体験をしている。
古典派のようだが初耳の曲で、手術中も「なんて曲かな?」と
ずーっと気になっていた。
病室に戻ってからも、やはり気になってしょうがないので、
やってきた看護婦の方に訊いてみたところ、しばらくしてから
一片のメモを持って戻ってくれた。メモには
C.P.E.バッハの「シンフォニア」
と書かれてあり、執刀医の趣味であったとのことだ。
そう言われて思い出したのが、その医師の診察室のこと。
壁にはDGカレンダー、つみ重ねられた書類の上にはクラシック系月刊誌。
「そうか」と、妙に納得。

ところで、佐々木さんは記事の中で、自分の知っているものがあったことで
緊張が解けたと書かれている。
実は私もあまり緊張を感じずに終わったのだが、私の場合は
「なんて曲だ」と気を取られているうちに手術が終わってしまった
というところです。結果は似ているが、差はあるなぁ…
c0007388_23482839.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-12-18 23:54 | 時の移ろい | Comments(0)

ミリンダ発見!

朝の天気は久しぶりに「ちょっと遠出でも…」と思ってしまうくらいの青空。
そんなこと今朝つぶろぐに書いた途端に、
母から電話でパークゴルフの誘いがありました。
「こりゃ、出かけろということか…」
そこで、ちょいと郊外まで足を伸ばしてパークゴルフをしてきました。

パークゴルフは道外ではあまり普及していないかもしれないので、
「どんなもの?」と思われる方も多いかもしれませんね。
ちょうど今夜TVで長野県のマレットゴルフが紹介されていましたが、
遊ぶ感じは、クラブの形が違うことと、コースが全部芝に変わっていること
以外はほとんど同じと思っていただいて良いのかな、と思いました。
もっとも、ルールまでは知りませんので、間違っていたらごめんなさい。
こんな感じでプレーしています。↓
c0007388_20541310.jpg

さわやかな空気の中で、手軽に一汗かきました。
ホント、このスポーツはシニアの運動不足解消にはうってつけ。
終わると、時間もお昼過ぎ。
そこで、食べるところを探しながら、こちらに寄ってきました。
私も酒造メーカーを見学したのは、思い出せないくらい久しぶり。
赤レンガ作りの古い倉庫の一部が改装されて、いろいろなレトロなものが
無料展示されていました。古すぎてピンとこないものもありますが、
懐かしさを感じるものも結構ありました。やはり歳ですねぇ。
中でも、一番ワクワクしたのはこれ↓
c0007388_20405025.jpg

「お~っ、ミリンダだぁ!」
ミリンダをご存じの方は何歳以上くらいになるのでしょうね。

コカ・コーラのファンタ VS. ペプシ・コーラのミリンダ

どちらも無果汁ながら、オレンジとか、グレープとか、
もっともらしい風味で当時の子供たちにうけていました。
もっとも、この戦いはファンタの勝ちだったようで、
ミリンダが店頭から姿を消して、どのくらいになるのでしょうか。

それだけに、薄暗い展示用倉庫の床に無造作に置かれていた
これを見た時は、とうに忘れていた宝物でも見つけた気分に襲われました。
もちろん、そばにはこれもありましたよ。↓
う~ん、これも懐かしい。
c0007388_20485577.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-10-06 20:58 | 時の移ろい | Comments(0)

最後の最後までズレたなぁ

昼休みも終わり頃、おばの件でカミサンと電話で話をしていた時、
カミサンが電話で、
「今速報が流れて、安倍首相辞意表明ですって」
「えっ!?」
これで私は、今日日本中を走った衝撃を知ることになりました。

帰って新聞やTVを見ても、いまいち辞任の理由がわかりにくい。
改造内閣を発足させて2週間余り、国会で所信表明したのが一昨日。
いよいよ代表質問が始まり、本格的な論戦になろうか、というこの時期に。
前代未聞の責任放棄。なんとも中途半端。
理由の一つに党首会談を断られたから、いやはやガキっぽい。
もっと何かがあるんではないか?
健康問題?
自らにまつわるカネ?
どうしても「何故このタイミングで?」という疑問が解消されない。

参議院選挙の大敗、閣僚の不始末(失言、自殺、カネ、説明不足)等の
「絶好の辞任タイミング」があったように思えるのに、そういう時は
居座り続けるので、以前「鈍感力の賜なのだろうか」と書いたが、
どうやら元々この方の政治センスとしてズレがあるんじゃないか。

それも個性ではあるのでしょうが、ダイナミックな動きがある政治の
しかもトップに立つ人がズレた政治センスの持ち主だったとは、ホラーですな。
この件の評価も後世の人の判断にゆだねるべきことなのでしょうが、
安倍首相は自らの手で自らの再登板のチャンスを永遠に葬り去った
ような気がしてなりません。

辞任に関していろいろな方がコメントされていますが、印象に残ったもの。

「さあ、これから(天下分け目の)関ヶ原の合戦が始まろうとする時に、
相手の大将が逃げちゃった。これでは戦にならない」(天野祐吉氏)

「試合が始まって、一番バッターとしてバッターボックスに入ろうとしていた
矢先、相手のピッチャー・投手(党首)が急にマウンドから降りてしまった。
これでは試合にならない。」(鳩山民主党幹事長)
[PR]
by capricciosam | 2007-09-12 23:07 | 時の移ろい | Comments(4)

白い恋人の裏切り

うん十年前の話です。
映画を見に行くと本編や予告編が上映される前にCMがよく流れていました。
MILKLAND HOKKAIDO」(焼酎のミルク割りなんてのも当時盛んでした)
とともに印象深いのが
石屋製菓の「白い恋人」
ちょっとロマンス仕立てのストーリーと今と変わらぬメロディが
なんとなく、この商品への憧憬と信頼感を形作ったように思う。
(確か社長自身もCMへ出演していたような記憶も…)
ネーミングも良かったろうし、商品戦略としては大ヒットしたようで、
現在では同社の売り上げの約80%を占める一大商品となっただけでなく、
六花亭の「マルセイバターサンド」やロイズの「生チョコ」とともに
北海道を代表する観光銘菓となった。

それなのに、恣意的な賞味期限の改ざんがまかり通っていた。
しかも11年前から。
しかも、しかも社長も承知していた、とは…。
食品を作っているという倫理感が薄れたのか、もともと無かったのか。
今夜辞任を表明したが、北海道を代表する経営者だっただけに、
残念なことだが、しかしここまで明るみに出れば仕方のないことだろう。

また、今回は「白い恋人」の商品としてのインパクトの強さから
賞味期限の改ざんがクローズアップされがちだが、
同社のアイスクリームやバウムクーヘンから検出された
大腸菌の多さのほうが健康面への直接的脅威の度合いが強い。
今回もミートホープ事件同様、この件の「内部告発」がきっかけだった。
それも会社に2回したのに無視されたことから、社外に告発したらしい。
辞任を表明した社長が一代でここまで発展させ、しかも同族経営だった。
社長会見では「風通しの悪さ」を悔いていたが、後の祭り、か。

北海道の「食」に対する信頼を裏切ったことはミートホープ事件と同じだが、
観光も巻き込んだことで、影響度はこちらの方が数段上かもしれない。
今後、地元の銀行が支援に入ることになるようで、新社長が経営陣からの
同族脱却を表明したことは、経営再建に向けては歓迎すべきことなのだろう。
しかし、事実上「白い恋人」頼みの経営だけに、どれだけ業績が落ち込み、
どれだけ回復できるのか、なんとも不透明なことだ。
それにしても、「食」が売り物の北海道で信頼を裏切る事件が続くとは…、
道民のひとりとしては申し訳なさ、情けなさ、ふがいなさが…
「しっかりしようぜ、北海道の食」

ところで、同社はサッカーJ2の首位を走るコンサドーレ札幌
オフィシャルスポンサーかつメインスポンサーである。
ユニホームの胸には「白い恋人」が、そして同社の本社工場として有名な
チョコレートファクトリーの側には練習場のある「白い恋人パーク」が。
恐らく辞任を表明した社長の個人的意志が強かったのだろうが、
新社長はこの支援については現時点とはことわっているものの、
白紙」と言っているのは、少々気になる。
恐らく本業の業績回復を最優先していくのだろうが、しばらく遠のいていた
J1復帰の可能性が高まっているのに、熱心なファンではないが、
なんとも心配な点ではある。
<11.24追記>
販売中止以前の特約店とほぼ同数の400店で11/22販売が再開
されたところ、ほとんどの店で完売状態となった。
TVでは新千歳空港での陳列から完売までの様子が放送されていた。
他社製品では「白い恋人」の座を奪取することは難しかったという訳だが、
それだけガリバー的存在であることから影響も大きかった。
これに安堵して再び販売中止に追い込まれるようなことのないように
期待したい。

[PR]
by capricciosam | 2007-08-17 23:51 | 時の移ろい | Comments(0)

17年ゼミ@TV

今日もうだるような暑さで、何をしても汗がでてしょうがありません。
でも、どうやら明日からは少し落ち着きそうです。フーッ

30℃を超す日々で、ふと気づいたのが毎朝のセミの声。
近くに公園があるのですが、ここ数年はセミの声も
ほとんど聞かずじまいでしたから、6時頃から鳴く彼らの鳴き声は
ほとんど目覚まし代わりでした。

その時、TVで取り上げられていたのが「17年ゼミ」

米国では17年周期で大発生するセミがいて、ちょうど今年が
その年で、シカゴ近郊のお宅で取材が行われていました。
羽化の夜、庭の大木の周辺からは無数のセミが地面から
はい出してきて、一斉に大木にむかって登っていきます。
少しでも高く上がろうとするのは、登ってくる仲間のセミに
羽化が邪魔されないため。
実際、羽化直後はとても弱い状態なので、下から上がってきた仲間の
セミとぶつかって地面に落下したら、蟻の餌食になり助かりません。

羽化直後の羽は弱いので何日か直射日光にさらして乾燥させて、
大群が一斉に飛び立ちますが、人間なんて知ったこっちゃない。
街の中がセミだらけになります。
でも、それも10日あまりで、彼らは交尾を終えて子孫を残して
死んでいきます。
近くの公園で鳴いているセミも何年周期なのかは不明ですが、
短い逢瀬を謳歌しているのか、と思うと、なにやら激励したくなったりして…

17年地中にいて、飛び回るのはたった10日あまりだけです。
なんとも壮大な話ですが、なぜ17年周期なのか?

それは17が「素数」(1とその数以外に割り切れる数がない)という点です。
例えば17までの素数と言えば、
1,3,5,7,11,13,17
それ以外の
2,4,6,8,9,10,12,14,15,16
は、1とその数以外に割り切れる数があります。
素数が有利なのは、他の数となかなか一致しないことです。
つまり、他の素数以外の周期のセミに比べ、素数のセミたちは
他のセミに邪魔されずに繁殖できる有利さがある訳です。
これは吉村教授(静岡大学)の大胆かつ興味深い推理ですが、
これも「適者生存」の一例なのでしょうか。

そう言えば、大発生の年だけの名物が「セミのお菓子」
チョコレートでコーティングされたセミを食べるのですが、
これは、ちょっと遠慮したい気分でした。
[PR]
by capricciosam | 2007-08-15 21:48 | 時の移ろい | Comments(2)

社長は自社のミンチを食べられるのか

世の中で培われてきた決め事が共通項やルールとなって、
信頼が醸成され、安心して暮らせるというものだが、
そんなものは、そもそも破ろうとしたらなんら良心の呵責もなく破れる
ものだと証明してみせた悪例が今回の苫小牧のミートホープ事件か。

生命に直接的に関連する同様の事件としては耐震構造偽装事件も
あったが、直接体内に取り入れる点からも、その偽装の悪質さは最悪。
生協の検査で看板に偽りあり、とスクープされてからの社長の発言は
一体何転したのだろうか。二転三転どころではない。
しかし、世間の批判や追及の厳しさに、ようやく観念したようだが、それでも
社長の往生際の悪さには言語道断の思いが残る。
恐らく、この人には「消費者の信頼に応える」とか「食品の安全や安心」という
考えはこれっぽっちもなかったのだろ。
あるのは、ルール無視の「儲け」だけ、か。
しかし、商道徳という最低限のルールも守れずに、利潤追求では
いただけない。
即刻退場願いたいし、事実次々に取引停止に追い込まれているようだ。
会社の存続自体も危ういか?
愚かなトップに同情の余地は感じないが、社員は大変だろう。

ところで、北海道農政事務所が再三に渡る内部告発を一年以上も
放置していたとは、一体どうしたことか。おまけに道庁へ責任転嫁ですか。
そりゃ、ないっしょ。責任者でてきたら。
[PR]
by capricciosam | 2007-06-22 21:51 | 時の移ろい | Comments(2)

虚を衝かれる

今日も雪も降らない、暖かな「冬」の日です。

世界の月平均気温が、1月としては1891年以降の統計史上最高

こういうニュースを目にすると、やはり温暖化は避けられない事実でしょうね。
何れは北海道でも雪のない冬が出現するのかもしれませんが、
想像以上に早いのかもしれません。

今日当たりも散歩には格好の日だったのですが、
昨夜ちょっとしたアクシデントがあり、その処理で今日は日が暮れました。
まさしく「想定外」という言葉がピッタリなのですが、
今じゃこの言葉自体がちょっと使うのがはばかられるような感じですね。
わずか一年前くらいのことなのに…。
光陰矢のごとし、ですね。
時の流れが速い、と言えば、相変わらず机上に積み上げた本が
なかなか減りません。読まないうちに時間ばかり経っていきます。トホ。
今年もあっという間に一月たち、「いかん」と少々焦りがでますが、
気を取り直して少しは高さを減らそうと思います。

<2.11追記>
金聖響さんの颯爽として明快な指揮ぶりには都響の札幌公演
すっかり魅了されてしまいました。その後NHKの「TR」を拝見したりして、
さらに関心が高まりました。その後女優のミムラさんと結婚されましたが、
ミムラさんは都響の札幌公演にもいらしていたそうです。
ちなみにこの時はお二人が結婚されるのでは、と噂があった時のようです。
私はミムラさんという方もわからない上、結婚後のお二人のツーショットも
見たことがなかったのですが、こちらで発見しました。
二人の間にいらっしゃるのは札響首席フルート奏者の森さんです。
どうやら2/10の下野竜也指揮札響公演のオープニングトークに
金聖響さんが出演された時のもののようです。
公演チケットは早々完売だったようですが、なんとも贅沢な演出です。

[PR]
by capricciosam | 2007-02-10 23:50 | 時の移ろい | Comments(0)

永遠の抱擁★イタリア発

ネットで目にしたこのニュースには驚きました。
発掘された方も興奮したとおっしゃっていますが、
なるほど、ちょっとお目にかからない姿ですね。
5000~6000年前の新石器時代の人らしいのですが、
歯の磨耗も少ないことから若い男女のようだ、とのことです。

でも、やはり頭に浮かぶのは
「どうしてこんな格好で死んじゃったの?」

死んでからのものなのか、生きていた当時のものなのか。
前者とするならば、生前の二人の関係を哀れんで埋葬してあげた、
ともとれるのですが、それにしても二人同時に死んだとすると、その原因は?
後者とするなら、覚悟の上なのか、それとも偶発的なものによるのか。
自殺なのか、事故なのか、他殺なのか。
なんとも想像力を刺激されます。
いずれにしても、二人の間には「」があったのでしょうね。

★1.25記事「300日の壁」に追記しました。
[PR]
by capricciosam | 2007-02-07 23:29 | 時の移ろい | Comments(0)

さようならポール・モーリアさん

昨夜寝ようか、という時に訃報を知って、急遽書いたのですが、
どういう訳か途中からネット接続が中断され、記事をアップできずじまい。
今朝も一時間ばかり格闘していたら、急に繋がりました。どうなってんの?

ところで、ポール・モーリアさんですが、日本ではイージー・リスニング
という分野で真っ先に想像される方ではないでしょうか。
最も、最近は「イージー・リスニング」という言葉も死語に近いような…。
しかし、振り返ってみると、名曲をいろいろ残してくださいました。
「恋はみずいろ」「涙のトッカータ」「エーゲ海の真珠」…
「オリーブの首飾り」はマジックのBGMには欠かせない曲ですね。
もうご自身が来日しての演奏はできない、とアナウンスされた時、
相当衰弱されているのだなぁ、と心配だったのですが、とても残念です。
心からご冥福をお祈りいたします。

写真はうん十年前に手に入れたレコードです。ドーナッツ盤の大きさに
33回転で5曲入った、当時としてはちょっぴりお得な感じのものです。
繰り返しよく聴きました。
c0007388_024835.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-05 00:00 | 音楽 | Comments(4)

ちょっと、ちょっと日本一ばい!!@VS中日・日本シリーズ

いや~、結果がでた今でも「シンジラレナ~イ」
レギュラーシーズンから投打が良くても、いくら地元とは言え、
さすが王手の今夜は硬くなってもおかしくないのに…。
ベンチの雰囲気が中日よりは良いように感じていましたが、
それにしても地元札幌で優勝を決めてくれるなんて!!
ホント、日ハムは強かった。

今夜もTVで中継を観られたのは5回から。
食事しながら観ていると、金子のスクイズで同点に追いつき、
6回にはセギノールのHR(ちょっと、ちょっとのポーズでました)。
これで食べたものの消化もグッと進みました(気分です)。
2点差で安心して観ていたら、8回には稲葉のソロHR。とどめです。
次の新庄はもう泣いていましたが、思いっきり振って三振。
いいじゃないですか~、新庄らしい散り際です。
ウィニングボールは森本が捕って、新庄と抱き合っていたけれど、
驚いたことに歓喜の輪が新庄のいる外野に移動しましたね。
こんなの初めて見ました。
札幌移転3年目でのこの快挙に果たした新庄の効果は計り知れません。
「俺らしく生きていくばい」と言う新庄ですが、どこに行こうが
多くの道民はきっと新庄を忘れません。

それに監督や選手が札幌で決めたいと意気込むくらい、ファンの応援は最高。
ドームの応援ぶりや一体感は最高でした。
できればあの場で応援できたら、最高だったでしょうね。

さあ、これから「ビールかけ」シーンを見なくっちゃ。

日本シリーズ優勝おめでとう!!
北海道日本ハムファイターズ最高!!
c0007388_161859.jpg

<追記>
最後の打席で泣いていた新庄が、キャッチャーの谷繁から
「泣くな、まっすぐ投げるから」
と言われた、とインタビューで話していました。良い話です。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-26 22:57 | 時の移ろい | Comments(4)