タグ:ファイターズ ( 58 ) タグの人気記事

とりとめもなく@2008年4月下旬

今日は風も強く、久しぶりの雨。
好天が続き、暖かさになじんでいると、さすが今日は寒かった。

札幌も桜が開花しましたが、平年に比べ10日以上も早かった
ようで、今年の気象も、やはり「異常」なんでしょうか。
今週は夜も遅い日々が続き、私事でも慌ただしく
なんとも落ち着かなく過ごしてきた感じです。

さっきまで、日ハムのナイターを見て、延長の末HRで
逆転サヨナラ勝ちという結果に、まずはひと安心。
この分で交流戦で上位をキープしたいところです。
しっかし、ダルビッシュの強運には驚くばかり。
あわや今季初の敗戦投手だったかもしれないのに…、ス・ゴ・イ。

そういえば、ラジオにヒルマン前監督の通訳をされていた岩本さんが
出演していて、毎日ヒルマン前監督からメールが来る、と話ていました。
内容は?と言えば、やはりファイターズはどうなっている、とのこと。
気になるんですねぇ。嬉しいことです。
ロイヤルズも最下位低迷していた昨年と違って、
ヒルマン野球で上位に位置している、とのこと。
才能ある人は、環境を越えて才能を開花させているようです。

この記事を書きながら聴いているのは写真のCD。
ピアノは1月に聴いた若き日のイェルク・デムスさん。
c0007388_082369.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-04-24 23:44 | 時の移ろい | Comments(0)

大逆転@VS楽天

昨夜は、今年初の日ハムの試合観戦。

4月に観るなんて、はじめてです。
チケットプレゼントに当選したので、仕事をバタバタと片付けて、
ウキウキしながら出かけました。

日中はまあまあでしたが、夕方ともなれば少々肌寒い。
さすが、北国です。
が、こんな時期にプロ野球の公式試合が観れるのも、ドームのお陰。
ワールドカップの置き土産とは言え、良いものが残りました。

ドーム内は空調が効いているので、すぐセーターまで脱いで観戦開始。
今日は、ちょいと盛り上がりに欠けますが、コーラで観戦。
ハンドル握ったら飲んじゃいけません。
c0007388_23482962.jpg

試合は2回表に先発武田勝が乱調に陥り、楽天へ7点献上。
そうです、あれは「献上」と言っても、過言じゃなかったですね。
(その後零点で抑えたものの、イマイチ安定感に欠けるなぁ…)
この時点で、意気消沈して帰宅する姿が脳裏をよぎります。トホッ
しかし、びっくりしたことに、一場も3回裏に急にピツチングが乱れ、自滅。
プロ入り前のトラブルがあっただけに、心情的には応援していたのですが…
5点入ったら、球場内も押せ押せムードが漂います。

その後、田中賢のHRで同点となり、楽天守備の乱れをついて鶴岡が
ホームインして勝ち越し点が入ります(^^)v
あれも、二三塁で挟まれた鶴岡の肩にボールが当たって、
大きくそれたのが幸いでした。
あんなのも有りなんですね。

結果的には建山、武田久、マイケルの継投で締めて、大逆転勝利。
7点差の逆転ですから、大興奮ものでした。
「いや~、最後までやってみないと、勝負はわからない」

終了後のヒーローインタビューは9人が出てきましたが、
こんなのも初めてです。

相変わらずの貧打ながら、敵失を見逃さず集中打を繰り出す辺りは
見事な戦いっぷり。
いや~、堪能しましたぁ~!!
c0007388_2316168.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-04-08 23:46 | みて楽しむ | Comments(0)

今年も舞ったぞ、紙吹雪

パ・リーグ2連覇を成し遂げた北海道日本ハムファイターズの
パレードが今日行われました。
ちょっと迷いましたが、やはり今年もTVで見ていました(^^)
心配された天気もちょっと雪が舞った程度で済みました。
昨年同様1tの紙吹雪が舞っていましたが、ホント壮観です。
ヒルマン監督のユニフォーム姿も見納め。
しっかり見ておきました。

西6丁目から南大通りを西から東に進んだパレード車が
駅前通りにさしかかった時にハプニング(もう死語かなぁ)が。
TV中継で立っていた大沢元監督を見つけたヒルマン監督が
ジャガーのオープンカーを一人降りて、走り寄ってきて
大沢親分と堅く握手し、耳元に何か言っていたようです。
親分も予想外のことに言葉を失っていました。
「びっくりした」とか感想をいろいろ言ってましたが、最後に一言。
「あいつはイイ奴だなぁ」

義理人情なんてことより、先人を敬う誠実さなのでしょうね。
退団発表時に次のような発言が紹介されていました。

「恥じることなく言うが、私はクリスチャン。相手を受け入れる気持ちや
愛する気持ちが、信仰からきて感情をコントロールできている。」

ヒルマン監督の素晴らしい品格の有り様は、ここいら辺りに秘密がある
のでしょうね。(葬式仏教徒の私には一生かかっても無理か!?)

北海道における外国人指導者としては開拓期のクラーク博士が
有名ですが、どうやら100年以上を経て二人目が誕生したようです。

ありがとうヒルマン監督。
どうぞメジャーでもご活躍を!!
c0007388_763635.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-11-24 21:07 | 時の移ろい | Comments(0)

日本シリーズ感想余録

日本シリーズも一方的な試合展開にあっけない幕切れとなりました。
確かにがっくりした面もない訳ではないのですが、
あれだけワンサイドになったら逆にサバサバしたもので、
むしろ冷静に敗因分析したりして応援していましたね。
今回は中日の気迫が上回っていたことは確かでしょうから、
気持ち新たに、来年の頂点目指してガンバッテいただきたいと思います。

最終戦の中日山井投手の完全試合をめぐっての賛否も渦巻く中、
日本ハムでは淡口、佐藤両コーチの退団騒動が波紋を呼んでいます。
成績不振の責任の一端を負わされて解任に至る、というパターンが普通
なのでしょうが、果たして、昨年からみて明らかに戦力ダウンしたチームが
シリーズ優勝は果たせなかったものの、リーグ優勝、CS優勝を達成
できたことに両コーチはなんの貢献もしなかった、ということなのでしょうか。
素人にはなんとも解せない話です。
まあ、新監督の構想からはずれている、という読みになっちゃうのですが、
それにしても再就職の難しいタイミングであるということから、
球団のやり方には違和感を感じざるを得ないですね。
新体制がギスギスした雰囲気の中で船出しなけりゃ良いがと、ちょいと心配。

昨日は札幌も初雪に見舞われたのですが、
今日は青空の広がる良い天気。
夕方散歩してきましたが、落葉が進み、木々の間から見える空も増え、
ちょっと空の面積が広がったような気分でした。
[PR]
by capricciosam | 2007-11-03 20:37 | 時の移ろい | Comments(2)

当面は日本シリーズで…@VS中日・日本シリーズ

さっき記事を更新してから気づいたのですが、今週は「日本シリーズ週間」
恐らく記事の更新をする余裕はありません(^^)ので、シリーズ終了まで
この記事を更新せずに、戦いのある日ごとに<追記>していく予定です。
◆第1回戦 
 CS最終戦のようですが、「ダルビッシュ、セギノールよくやった!」
 もう~、これしかありません! 川上は悔やむでしょうねぇ~、
 あの立ち上がりの3点は大きい。
<追記10.28>
 果たしてグリンだけのせいだろうか、あの単調な配球は疑問。
 1番、2番の打撃の差が勝敗の行方を左右しないことを祈りつつ、
 なんとか札幌に帰ってこいよ!

<追記10.29>
 移動日ならではの番外編。メジャーはRソックスの4連勝で勝負あり。
 井口、田口に続き松坂、岡島もチャピオンリングをものにしましたね。
 日本シリーズ、ワールドシリーズと日米で2年連続優勝を経験した岡島
 の強運と快挙に脱帽。ともあれ、お二人おめでとう!!
 
<追記10.30>
 武田勝はCSに続きゲームをこわしちゃいましたね。投壊では勝てません。
 2回裏終了で8点を「貧打」が追いかける展開ではあきらめムードです。
  (経過略)試合終了。先発がもたずに、打線もつながらないでは…

<追記10.31>
 (観楓会のため途中から)キャッチャーを替えて単調な配球を脱し、投手も
 健闘したものの、自滅による失点と少ないチャンスに集中打がでない
 ようでは、やはり苦しい。王手をかけられたけれど、明日は踏ん張って
 札幌へ戻ってこ~い! 

<追記11.1>
 案の定、1、2番に象徴される「極」貧打線ではツキも味方にできなかった。
 頼みの綱ダルビッシュは球速が150kmに達しないことからも
 疲れは明らか。それでも中4日で2ケタ三振はりっぱなもんだ。
 今日でこの<追記>も終わりかと思えば、少々感傷的な気分も湧くか、
 と思えば案外そうでもありません。やはり、投壊と「極」貧打線では
 勝利そのものが縁遠かったんだ、と妙に納得している自分がいます。 
 来年は元「いてまえ打線」で「梨田色」を出したいという新監督のもと
 捲土重来を期してもらいたいものです。まあ、うまくいけばの話ですが…
 ヒルマン監督、コーチ、選手、球団関係者の皆さんお疲れ様でした。

c0007388_7241327.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-10-27 22:43 | みて楽しむ | Comments(2)

メジャーリーグを巡る話題

メジャーリーグで活躍する日本人選手の話題を目にしない日がないくらい
当たり前的感覚なのですが、なんと言っても近年のパイオニア的役割を
果たしたのは「野茂英雄投手」です。
1995年近鉄からドジャースへ
2005年にはデビルレイズで日米通算200勝
2006年には3Aを解雇され、右ひじを手術
そして2007年、ベネズエラのウィンターリーグで投げていました。
39歳の挑戦は忘れたくない。

そのメジャーリーグもR・ソックスが勝って、ワールドシリーズでの
旧西武時代の同僚同士の対決、という点がクローズアップされています。
確かに、私も大いに関心があります。
それにしても不思議なのは、岡島に対してのマスコミの扱いです。
昨年は日本シリーズで日本ハムの中継ぎとして活躍して優勝、
そして今年はワールドシリーズ出場ですから、
日本シリーズ、ワールドシリーズと2年続けて優勝決定戦を戦う日本人選手
としては初の快挙と言っても良いのではないでしょうか。
ネットで関連記事を見ても全然触れていないのは、はて?

23日にはヒルマン監督のロイヤルズ監督就任会見。
メジャーのユニフォームに袖を通して会見していると、やはりちょいと複雑。
そうこだわりはないのですが、やはり日本シリーズ含めて全部終わってからなら、
スッキリと祝福できるのでしょうが…。
でも、日本シリーズでは期待していますよ!
c0007388_7351540.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-10-24 07:13 | 時の移ろい | Comments(0)

気がつけば秋も深まる

今日は実家にお寺の住職が来て、仏壇にお経を上げてもらった。
そのあと世間話をしていたら、ダイエットに励んでいるとのことで、
半年で約10kg減とのこと。
そう言われれば、顔も少ししまったような感じ。
僧衣なので体型はあまり変わらないような気もするのだが、
いままで健康に関する話題なんてしたこともなかっただけに、ビックリ。
「シニア世代だから、やはりなぁ…」

我が身も振り返ってみると、最近は休日の散歩も途切れがち。
そこで、久しぶりに気持ちいい青空のもと散歩しました。
やはり歩いてみると、季節の移ろいを感じない訳にはいきません。
そんなに極端に紅葉が進んでいる訳ではありませんが、
街路樹も少しずつ色づきはじめて、秋の深まりを少し実感。
それにしても、歩いていて気持ちの良い一日でした。
c0007388_1740796.jpg

蛇足その1
時間帯がCS第1戦と重なったので、ラジオで中継を聴きながら散歩です。
私たちだけかと思ったら、同じ事をしている人たちとすれ違いました(^^)
ダルビッシュの完投でまず1勝。
<追記10.14>
今日は先発武田勝が大誤算でした。1勝1敗で明日へ。

<追記10.15>
やはり先発が踏ん張ると打線もつながる。グリンで2勝し、王手。

<追記10.16>
中継ぎ登板で敗戦ショックを払拭したかに見えた武田勝に悪夢再び。

<追記10.18>
ダルビッシュ、セギノールよくやった!!名実ともにパ・リーグ優勝だぁ~!!
ヒルマン監督「シンジテマシタ~」私も信じてました(^^)

蛇足その2
ゴア氏ノーベル平和賞受賞。1.20の記事に追記しました。
[PR]
by capricciosam | 2007-10-13 17:47 | 時の移ろい | Comments(2)

通過点でも…、やはり嬉しい!

マジックが2に減って、今夜決まるんだろうなとは思っていましたが、
ロッテに逆転される気配もなく、圧勝しての勝利はやはり凄い。
昨夜は勝利のビールかけシーンをTVのはしごをして見ていました(^^)

リーグ連覇は球団史上初、外国人監督初とのこと。
さらに、CSシリーズ、日本シリーズにも勝利して「有終の美」を
飾ってもらいたい、と欲がでます。
通過点ですが、まずは、優勝おめでとう!!
[PR]
by capricciosam | 2007-09-30 07:50 | 時の移ろい | Comments(0)

嬉しいのか、惜しいのか@VS楽天

日本ハムの札幌ドーム公式戦のラストがありました。
相手が東北楽天で、しかも先発投手が
「ダルビッシュ有VS田中将大」
という、待ちに待ったマー君の札幌ドームデビューです。
若きエースの投げ合い。組み合わせもいいですねえ。
(チケットは早々に完売!!見たかったなぁ)
しかし、いつぞやも書いたとおり、ハムレット的心境は変わりません。
応援グッズも両方用意して、いざTVの前へ。
c0007388_236492.jpg

立ち上がりはダルビッシュの肩に力の入ったような不安定さで
1点を先行されましたが、立ち直りそのまま投手戦へ。
ダルビッシュ、マー君ともに完投ペースなのですが、如何せん
ダルビッシュの球数が多く、9回には武田久へ。
マー君が残ったので、札幌ドームで初のヒーローインタビューが実現か、
と期待したのですが、さすが日本ハム打線です。
見事9回裏に逆転サヨナラ勝ち。
やれやれ、嬉しいのか、惜しいのか、なんとも複雑な気持ちです。

蛇足ですが、地元TVが中継したのですが、これも9時まで。
しかし、この段階で9回裏途中ですから、30分延長してくれれば、
劇的な場面が見られたのに~、と少々冷たい編成に恨み言を。
[PR]
by capricciosam | 2007-09-26 23:04 | みて楽しむ | Comments(2)

観戦と鑑賞

土曜日は日本ハムVSロッテを観戦に、家族で札幌ドームへ。
17日からの3連戦は「WE LOVE HOKKAIDO」ということで、
日本ハムの選手のユニフォームも北海道を象徴するカラーということで、
青を基調にしたものに替えてプレーです。
写真は開始前のウォーミングアップ時に撮ったものです。
上半身が青色なのがわかりますでしょうか?
c0007388_17244392.jpg

当日は、いつも空席の目立つビジターチームの一塁側
(札幌ドームは三塁側がホームチームで、通常の逆です)
もほぼ満員で、観客も4万人を越えていました。
c0007388_1724750.jpg

試合はロッテに2点リードされたものの、4回に稲葉のホームランから
連打で4点、さらに5回に一点をいれ、7回裏までは3点リードで
先発のルーキー吉川が一勝となるはずでした。が、8回表が悪夢でした。
武田久-マイケルの救援陣が火だるまになり5点をとられ、逆転。
「必勝リレーのはずが…」
結局敗れてしまい、どっと疲れが…、ありゃ、勝てた試合でした。ホント残念。
(今日も敗けたようですが、気分を変えてがんばってもらいたいところです)

今日は午前中に仕事をして、午後からは岩見沢市へ移動。
札響のグリーンコンサートがキタオンという野外音楽堂で開かれました。
c0007388_17553126.jpg

グリーンコンサートは故岩城宏之さんが音楽監督時代にはじめてから
ずっと続いている無料の野外演奏会ですが、実は私ははじめて。
8月は演奏会にでかける予定もなかったので、ちょうど良い機会でした。
指揮は正指揮者の高関健さんですが、演奏前のトークで
「2年連続雨のため屋内で演奏したそうですが、3年前は晴れていました。
ちなみに、3年前の指揮者は私です。」
と、おっしゃって会場の笑いをとっていました。
演奏会開始時には雲ひとつない青空が広がり、気持ち良かったですね。
私もセミの声が聞こえる芝生で寝っ転がったり、本を読んだりして楽しみました(^^)
c0007388_17551097.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-08-19 17:58 | 時の移ろい | Comments(0)