タグ:ライブ ( 253 ) タグの人気記事

サンティ&PMFオーケストラ@pMF2005

毎年異なったメンバーで、しかも短期間に音作りをしていかねば
ならない、というハンディを背負いながら、その時時の指揮者の下、
醸し出す音に酔いしれることができたなら、これはこれで十分なる
醍醐味を味わえた、と言わねばならないだろう。
世界各国から集まった若者で構成されたPMFオーケストラの演奏
を聴くたびに、その醍醐味を味わってこれたのは幸いなこと。
しかし、百数十人からなる同オケだけに毎年音量は申し分ないが、
技術を超えた「ニュアンス」の乏しさが時に露見するのは、いささか
やむをえないことなのかな、と少々あきらめ気味でもあった。
まあ、ヌーボーと思えば、それはそれでそのフルーティな味わいを
楽しむことができる。なにもヌーボーにヴィンテージと同じことを
求めても、それは瀬のないこと。
そんなことを感じながら、毎年同オケの仕上がりぶりを楽しんできた。
しかし、昨夜は「奇跡」が起きたのではないか、と感じられる瞬間が
あった。そこには見事に「ニュアンス」があった。
ヌーボーなのに「こく」を感じる瞬間があった。
ロッシーニの序曲とレスピーギのローマ三部作という色彩感あふれる
イタリアもので構成されたプログラムもかなり寄与しているとは思うが
それでも丁寧にかつニュアンス豊かにプロオケ顔負けの演奏を展開
してくれたことには正直驚いた。
これは指揮者ネルロ・サンティのトレーナーとしての貢献や大と言える
であろう。ネルロ・サンティおじさん、恐るべし。
74歳と高齢なのは心配な点だが、思わず来年も来てくれることを
期待してしまった。
昨夜の演奏会は、これまでのPMFオーケストラの演奏史上でも、
一二を争う最高の出来として語り継がれていくのではなかろうか。
今日のピクニック・コンサートを終えてから、大阪、名古屋、東京と
巡演するようだが、各地での反応やいかに。

写真は「爆演系」バティスのCD/レスピーギ/ローマ3部作
c0007388_8364521.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-07-31 08:49 | 音楽 | Comments(4)

東京クワルテット@PMF2005

札幌の初夏を彩る教育音楽祭PMFが今年も始まった。
「祭」ゆえ、例えコンサートでも「聴きに行く」というよりは、「参加する」
という感覚が私としてはピッタリする。
しかし、それでも参加できるのは毎年ほんの数回がせいぜいでは
あるが、第一回から毎年参加してきたことは、私としては画期的。

先夜は東京カルテットの演奏会に足を運んだ。
今年から室内楽コースも設けられ、その一環で東京カルテットも来札
したようだ。在米の日本人で結成以来35年、メンバー交代を経ながら
も高い評価を受けており、ぜひ一度生で聴きたかったカルテット
だった。
当夜の演奏曲目はモーツァルト、林光、ブラームスであったが、
いずれの曲もかけひきの妙を十分に味わわせてくれ、アンサンブルの
うまさには感心した。その奏でる音も、音圧を感じさせる先鋭な音では
なく、熟成された大人の味わい、とでも言ったら良いのであろうか。
特に、ブラームスの弦楽四重奏第一番はディスクでは、ほの暗く陰鬱
な感じの第一楽章からしてなじみ難く、聴きとおすのが苦手な曲の
ひとつで、なんとも心配ではあったが、まさしく「熱演」で、ぐいぐい
引込まれ、曲想の変化を十分楽しめたのは望外の喜びであった。
終演後、あまり良い入りとは言えない会場からもブラボーがしきり
にとんでいた。

バーンスタインの提唱で始まったPMFも、ひょんなことから札幌で
開催され、今年で第16回目。最近は景気の低迷もあって資金難から
苦しい運営の様子だが、これからも続けていってもらいたいものだ。

写真は東京カルテットのCD/シューベルト/死と乙女
c0007388_11205777.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-07-23 11:45 | 音楽 | Comments(0)

北都での思いがけない邂逅@2005

仕事で遅くなったりしてついつい更新が滞りがち。
ホームページもこの更新の間隔があきだして、とうとう消えちゃったというのは、
これまでも見てきた。陥らないためには、とにかく「書く」ことか。
そこで、ネタの鮮度はおちるが、私的に驚いたことを。

先日足を運んだ演奏会でのこと。
一曲目が終わった後の休憩中に、長身の白人男性が妻らしきご婦人と
一階の最後列に腰を降ろした。小生はちょうどステージ横の席だったので、
その様子が視界に入り、見るとはなしに見ていた。

「どこかで見た顔だなぁ~、誰かににているなぁ」

次の瞬間、内心、あっと叫んでいた。
なんと、前夜同じ会場で演奏会を行った指揮者ではないか。

「ホント!?」

かの男性は2曲目を身じろぎもせず聴いていたが、
終わると最後には立ち上がって盛大に拍手していました。
すごいフェアな態度に感心。
しかし、実によく似ていたので、気になっていた。

そこで、数日後前夜演奏したオケのサイトを探ったら、らしきことが書いてあった。
どうやら現実だったようだ。

Überraschungen in Sapporo - Empfang mit Schnee und Staatskapelle  

「札幌での思いがけないこと-雪とシュターツカペレの歓待」

とでも訳すのでしょうか。実際、当日はすごい吹雪でした。
そもそも、別個に立てたツアー計画だったようですが、
札幌では偶然同じKitaraで連続で演奏会が行われ、しかも同じホテルに宿泊。
当日私が足を運んだ演奏会の指揮者が前夜の演奏会後に楽屋を訪ねたり、
お互いの演奏会で楽員の貸し借りもあったりしたようです。
当日は前夜のオケが休日だったようで、前夜の指揮者以下60人程のメンバーが
Kitaraに足を運んだようです。
  
「前夜」、「当日」が入り乱れてきました。わかりづらいですね。
前夜はヘルベルト・ブロムシュテット&ライプチッヒゲヴァントハウス管弦楽団
当日はダニエル・バレンボイム&ベルリン・シュターツカペレ
  
東京あたりだと、わりとゴロゴロと落ちている話なのかもしれないのですが、
外国からみたら日本の片田舎にすぎない札幌で、偶然とはいえ、
ちょっとしたエピソードというには一流の「凄すぎる役者」が揃ったもんです。
  
  
[PR]
by capricciosam | 2005-03-10 00:55 | 時の移ろい | Comments(3)