タグ:札響 ( 80 ) タグの人気記事

札幌交響楽団第594回定期演奏会@Kitara2016

【プログラム】

1 スメタナ:交響詩「ワレンシュタインの陣営」
2 ドヴォルジャーク:スケルツォ・カプリチオーソ
3 チャイコフスキー:チャイコフスキー交響曲第5番ホ短調

エリシュカさんが三年がかりで札幌交響楽団(以下「札響」という。)と進めてきた
チャイコフスキー後期三大交響曲演奏会も今回の第5番で完成する。
これまで取り上げた第6番第4番の演奏での衝撃的な出来からみて最後となる
第5番への期待はとりわけ大きかった。
ちなみに札響の演奏回数は第6番が76回(2014年当時)、第4番が66回(2016年当時)
に比べ、第5番が95回と多いのは、この曲がいかに愛されているかを反映している
のだろう。運命の主題による循環形式を採り、ほの暗さと愛らしさと輝かしさを
併せ持つ作品としての魅力はチャイコフスキーの想像を越えていたのかもしれない。

演奏終了後に感想として「一点一画をも疎(おろそ)かにするまい」とツイートした。
これはエリシュカさんの流儀だろうから今さらなのだが、それが今回はさらに徹底
していたようだ。第1楽章では音楽が止まるのではと思われるぎりぎりまでテンポを
落としつつ音を明瞭に響かせるが、無機的で何の感情もこもらない演奏でもなく、
音楽として停滞している訳でもない。逆に情感豊かでカンタビーレが溢れているように
聞こえたのだが、これは全楽章を聴き終えても同様。
名曲についた手垢をきれいにぬぐい去ったかのごとく新鮮。
例えば、第3楽章から第4楽章へほぼアタッカで演奏することで一気に流れを形づくろう
とする場合もあるが、エリシュカさんはここでも休憩をとる。実際の演奏は途絶えるが、
さりとて最後の雄渾なフィナーレが割り引かれる訳でもない。
むしろ、楽章ごとに気迫溢れた指揮により札響から引き出される音楽の素晴らしさが
脳内で流れを途絶えさせずにいたようだ。
何度も第5番の実演に接してきたが、これまで聴いた過去のどの第5番の演奏とも異なる
まさにエリシュカさんならではの第5番だった。これは想像を越えていた。
札響の演奏史においてもメモリアルな演奏会として記憶されるのではないか。

終演後の万雷の拍手と数々のブラボーは会場の満足度の高さを示すものだった。
昼公演。エリシュカさんの演奏会としてはいつもより空席が目立ったが、同日同時間帯で
行われた札幌ドームでのCSファイナル(ファイターズVSホークス戦)に若干流れたのかな
と想像していた。
CD化を目指した録音もされていたが、前日の夜公演分はNHK-FMで放送されるようだ。
今回はツィッターでフォローさせていただいている道外の方も会場に足を運んでいたが、
クラシック音楽ファンの中で聴きに行きたいと思う演奏会なら遠方でも出かける方は、
結構いらっしゃるものだと改めて思った。(自分もその端くれではあるが、、、)
ありがたいことだ。そんな全国的に注目を浴びるエリシュカ&札響&Kitaraを
地元として享受できることは改めて幸いなことと思う。

<追記10.23>
プログラムを記載し忘れたので追記しました。
1は札響初演。活気あふれる作品だと思うが、それ以上でも以下でもないか。
2は札響の演奏としては2012年4月定期以来3回目とのこと。ドヴォルジャークらしい
素敵なメロディが溢れるが、札響はよく表現していたと思う。
c0007388_20120316.jpg

[PR]
by capricciosam | 2016-10-15 20:12 | 音楽 | Comments(0)

札響名曲~ウィーン:華麗なるヴァイオリンと運命@Kitara2016

【プログラム】

1 モーツァルト セレナード第13番ト長調《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》
2 モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調
3 ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」

オーケストラの演奏会に指揮者は欠かせないと考えるのは、指揮者が
演奏の善し悪しを左右する要因と考えることによるのだろう。事実、
同じオーケストラでも指揮者により演奏がガラッと変わる鑑賞体験を
してきたことから、個人的にはやはり妥当なことと思う。
では指揮者なしではオーケストラは機能しないのか、と言えば必ずしも
そうではないようだ。

指揮者なしの場合は、ソリストやコンサートマスターが指揮振りをする
ような感じでオケを牽引していくが、札幌交響楽団(以下「札響」という。)を
指揮者無しで聴いて感銘深かったのは、昨年9月定期のハインツ・ホリガーさん
以外では、安永徹さんによる2009年の演奏会が印象深い。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で長年コンサートマスターを努められていた
安永さんが引退後札響と初めて協演したものだが、あの時も札響のアンサンブル
が引き締まり、札響のサウンドが活き活きしたような印象を受けた。
きっと指揮者に依存しない分、演奏者の自主性が高まり、お互いの音に
より敏感になっていくため、結果としてアンサンブルの精度が高まるため
ではないか、と推定している。
著名な指揮者の中にはオーケストラに積極的に室内楽を奨励する場合もある
ように聴いたことがあるが、アンサンブルの精度向上に指揮者なしの効果は
確かにあるのではないかと思う。
そんな視点で有名オケを眺めると結構オーケストラ内の室内楽が盛んな
ようにも思えてくる。逆に、室内楽活動が盛んな場合はオーケストラとしての
演奏も充実してくるということなのか。

閑話休題。今回登場したフォルクハルト・シュトイデさんは
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の現役コンサートマスター。
今回も安永さんの時感じた「活き活き感」がより一層強まった感じで、
1の出たしから明らかに札響の音が変わっている。
弦楽器の一体感が素晴らしく、見事なアンサンブルなのだ。
併せてスポーツカーにでも乗っているような疾走感が感じられる。
事実、テンポはやや速かったのかもしれない。
3はパンフレットでは約35分となっていたが、実際は31分程度だった。
じゃ、演奏はせこせこしたつまらないものだったのか、というとまるで逆。
札響のアンサンブルが緊密なまま最後まで乱れないので、
一瞬たりとも飽きないのだ。
そのため、全力で走りきった後のような充実感と爽快さが味わえたのかもしれない。
普段聴き慣れた名曲をリフレッシュさせたような強い印象が残った。
鳴りやまぬ拍手に応えてアンコールを一曲。

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲

ほぼ満席の大ホールからはさらなる大拍手が起きた。
今回シュトイデさんは6/4~6/18の日程で来日されて、リサイタル6カ所、
オケとの協演2カ所となっています。リサイタルには6/15六花亭札幌本店
も含まれています。
確か昨年はシュトイデ弦楽四重奏団としても来札してくれていたようですから、
今後も来道して札響と協演していただきたいものです。
c0007388_20365247.jpg

<追記6.21>
記事の一部を加筆修正しました。
また、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の現役コンサートマスターによる弾き振りは
昨年PMF-GALAで、ライナー・キュッヒルさんによるモーツァルトを体験していました。
あの時も見事なものだと感心しました。その時の記事はこちらです。
また、安永徹さんが演奏活動をしばらく休止されていますが、体調は回復されたのかな。
またステージに元気な姿を見せていただきたいものです。



[PR]
by capricciosam | 2016-06-18 20:37 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第588回定期演奏会@Kitara2016

【プログラム】

1 プロコフィエフ 交響曲第1番ニ長調「古典」
2 チャイコフスキー ロココの主題による変奏曲(原典版)
3 ラフマニノフ 交響曲第2番ホ短調

ドミトリー・キタエンコ(以下「キタエンコ」という。)は2006年、2013年の
定期演奏会に登場しているが、あいにく聴いていないので今回初めて聴く
ことになった。

1は小気味よい切れのある音楽にまとめられており、キタエンコさんの手腕の
確かさを感じさせる。

2ではルツェルン祝祭管弦楽団のソロチェリストのイェンス=ペーター・マインツ
が登場。普段耳にするフィッツェンハーゲン版ではなく、原典版が演奏される。
確かに耳慣れぬ部分はあったが、さほど違和感なく、達者なソロに聴き入っていた。
ブラボーと盛んな拍手に応えアンコールを。

J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番より「サラバンド」

余談だが、ソリストがアンコールをせずに引き上げようとすると、ステージに
立っていたキタエンコさんがジェスチァーで弾くまねをして、気がついて戻って
アンコールとなった。これには会場から笑いも。

3は滔々と流れる大きなうねりの中に身を任せているかのような思いに捕らわれる
のだが、その豊かな抒情に浸る至福感は例えようがない。

「息の長い旋律が展開され、大きな感情のうねりをもちながら、循環主題の手法で
全体の統一がはかられている。周到で執拗な主題の扱いは彼の真骨頂。」
(以上、会場配布資料より引用)

チラシによれば3はキタエンコさんの強い希望であったらしい。3について札響は
過去18回演奏し、うち13回は尾高名誉音楽監督が指揮したとのことだが、
札響ではこの曲は尾高さんとともにあったと言ってもよいのだろう。
小生は2005年定期、2010年定期、2015年名曲と3回聴いている。
(録音が残されているとは思うのだが、CDとしては発売されていないのが残念な点。)
きめ細やかにかつしっとりと曲を仕上げた印象の残る尾高さんに比べ、
キタエンコさんは各パートを明瞭にさせ、もっとオーケストラのダイナミクスを
積極的に引きだそうとしたような感じがした。それはオーケストラの自発性を
刺激しているのだろうが、クラリネットはじめ各パート首席が交互にソロをとる
第3楽章を圧倒的に聴かせたことが証左になるのではなかろうか。
楽章を追うごとにオケは一体感を増していき、圧倒的なフィナーレに
ブラボーがあちこちから飛んだ。

昼公演。空席がやや目立ち、客入は8~9割程度か。
オーボエ新首席関美矢子さんが定期演奏会にデビューしました。
c0007388_22333099.jpg

[PR]
by capricciosam | 2016-04-09 22:33 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第587回定期演奏会@Kitara2016

【プログラム】

1 スメタナ シャールカ~連作交響詩「我が祖国」より
2 ドヴォルジャーク 弦楽セレナード ホ長調
3 チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調

今シーズンの掉尾を飾る今回はエリシュカさんによるオールスラブプロ。
注目していたプロです。

1は首席客演指揮者に就任して2年目の2009年名曲Vol.2で取り上げた「我が祖国」の
一部だけに悪かろうはずがない。(当日も「シャールカ」から札響の演奏も乗ってきた
感があった。当時の感想はこちらです。)事実、物語の内容はさておき、序曲的役割を
果たしたこの選曲は良かった。もう一度「我が祖国」全曲を聴きたくなりました。

2は2013年の名曲Vol.3のアンコールで第一楽章だけが演奏されて以来、ぜひ全曲を
聴きたいものだと熱望していたので、短期間で実現したのは望外の喜び。
近年充実している札響の弦楽パートが透明感のある音色で一貫してこの名曲を演奏。
途中第3楽章を終えたところで拍手がパラパラと起きたがエリシュカさんが制止。

3はエリシュカ&札響のチャイコフスキー後期交響曲シリーズの第2弾で、2014年4月
定期演奏会以来となる。第一弾の「悲愴」も良かったので期待は高かったが、
期待以上の演奏に終演後はしばらく座席を立てなかった。
第一楽章の冒頭の金管の音の強さは、これまでKitaraで聴いたオケの中でも最強の類で、
札響の金管からここまで力を引き出すエリシュカさんに驚きっぱなし。
(帰宅してから所有するCDで比較してみたくなり、「爆演」として名高い
スヴェトラーノフ&USSRの東京ライブ盤も聴いたのですが、この部分だけは
スヴェトラーノフ盤の方が余程マイルドに聞えました。)
しかし、強奏一本槍ではなく、きちんとした骨格を作りつつ、カンタービレを横溢
させる手腕の見事なのがエリシュカさん。第二楽章(オーボエ首席金子さんのラストソロ)
の物憂さ、第三楽章のピチカートによる軽快さ、第四楽章の喧噪の中迎えるフィナーレ。
札響も全パート一体となって燃え上がる高い燃焼度を示していました。
いやはや、まいりました。このコンビによる演奏でも特筆すべきものです。名演。

指揮ぶりも相変わらずメリハリのついたもので高齢による弛緩なんて無縁。
来月には85歳を迎えるとは到底思えないエリシュカさんだけに、10月、来年3月の
一連のチャイコフスキーとブラームスの演奏完結に期待は高まるばかりだ。

また、エリシュカさんは腕を横に上げた状態で演奏を終えると数秒ホールドしてから
腕をさっと下げて弛緩する。その間の無音の余韻を楽しみたいところですが、
相変わらずホールド状態で拍手が起きてしまい、ちょいと残念。
拍手をするタイミングとしては指揮者が腕を下ろしきってからにしたいところです。

昼公演。
当日券も発売されたのですが、ほとんど空席が目立たず9~9.5割の入か。
CD用だと思うのですが、録音されていました。
c0007388_10480433.jpg

[PR]
by capricciosam | 2016-03-06 10:48 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第585回定期演奏会@Kitara2016

【プログラム】
1 ラヴェル 組曲「マ・メール・ロワ」
2 メンデスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調
3 ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編).

指揮者のマティアス・バーメルト(以下「バーメルト」という。)は2014年1月定期に
登場(残念ながら未聴)し、再演の要望が強かったとのことで、今回2度目の登場と
なったらしい。1曲目からメリハリはつけながらも、総じて淡々と指揮しているように
見える様はまるで「職人の親方」のようで、確信に満ちてオケをドライブしている。

1曲目は子供のためのピアノ連弾曲の管弦楽版なので、おとぎ話的な不思議な音世界が
出現するのだが、バーメルトの手にかかると札響から実に繊細にしてきらびやかな
響きを紡ぎ出していく。そのため大ホールの空間に音が浮遊しているような錯覚に
襲われた。より色彩感の増す3曲目でもバーメルトの指揮ぶりに変化は見られない。
淡々とではあるが、手綱を緩めることなく着実にオケを高みに引き連れていき、
見事なクライマックスを形成するいぶし銀の手腕には感心した。
こういう力み返った音の感じられない、洒脱な音を引き出す指揮者は初めてだった。
また、以前の記事にも書いたように記憶しているのだが、
現在の札響はフランス作品に優れた適性を有するように感じる。

2曲目のイザベル・ファウストは2015-16シーズンの大注目ソリスト。
これだけの大物をよく呼んでくれたと、札響にアッパレをあげたい気分(笑)
とは言え、選曲がロマンティックな曲故、頭の中は疑問符だらけだった。
しかし、曲が始まってみるとソロがオケを制圧する訳でもなく、かといって
ソロがオケの音に埋没する訳でもなく、繊細にして精緻な音色の連続で、
極めて上質な織物でも織り上げていくような気分に襲われた。
こういう模範的でありながら感動させるメンコンは聴いた記憶がない。
聴衆のみならずオケからも盛大な拍手が送られ、アンコールを一曲。

J・S・バッハ 無伴奏パルティータ第2番よりサラバンド

絶品。お目当て的にはこちらだっただけに大満足。

昼公演。空席はチラホラ見られたものの9割以上の客入か。
姉妹都市オーケストラ交流の一環で韓国テジョン・フィルの
ピル・キュン・ポール・キムさんがゲストコンマス。
コンマス横に大平さん、後ろに田島さんと豪華布陣。
併せて、佐藤俊太郎さん、垣内悠希さんが今年4月から指揮者就任と発表される。
これも楽しみな情報です。
c0007388_23455699.jpg

[PR]
by capricciosam | 2016-01-23 23:46 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第584回定期演奏会@Kitara2015

【プログラム】

1 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調
2 ブルックナー 交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」(ハース版)

マックス・ポンマーさん首席指揮者就任後2回目の定期演奏会も独墺系プログラム。
同じ系統としても前回がライプツィヒ・プロとすれば、今回はウィーン・プロか。

1はソリストの独奏から始まり、その独奏が曲全体の雰囲気を暗示する。
ソリストのゲルハルト・オピッツさんは、ゆったりとしたテンポを保ちつつ、
大人(たいじん)のごとき雰囲気を湛えながら弾き進めていく。
その情感溢れ、安らぎに満ちた響きのなんという心地の良さよ。ベテランの味わい。
ボンマーさんも札響をうまく統率して、ソリストの作る雰囲気を壊さないため、
情感豊かな音楽が大ホールを満たしていく。
札響がこの曲を取り上げた前回の2007年定期演奏会では小菅優さんがソリストを
努めていたが、この時も達者な演奏に満足していたのですが、今回は異なった次元
での満足感で満たされました。鳴りやまぬ拍手に応えてソリストがアンコールを1曲。

ブラームス 6つの小品 作品118-2 間奏曲

これは絶品だった。オピッツさんはソロリサイタルで聴きたい方だな。

2では弦楽器が弦楽パート中心に増員されました。
ポンマーさんはゆったりとした指揮に時折こまかなニュアンスを加えながら、
ブルックナー特有の重層的響きを連ねていきます。テンポを乱すことなく、
楽章を進めるのが、あたかも一歩一歩高い極みを目指すがごとき感じです。
ブルックナーでは弦楽パートの作る厚みに、管楽器の充実もないとつまらない
のですが、ホルンはじめ札響はよく締まった演奏で応えていたと思います。
あっさりとした味わいながら清々しささえも感じさせる秀演だった。

昼公演。8~9割の客入か。CD化を目指した録音がされていたようですが、
演奏中にハンカチ等で口を押さえずに咳をしたと思われる人や、音楽が鳴り
やんだものの指揮者が腕を下ろしきらないうちのフライング拍手などがあり、
編集でなんとかするのでしょうが、少々残念でした。
特に2は大盛り上がりで終わるだけに、余韻を楽しみたかったなぁ、、、

それから、7月定期演奏会のライブ録音されたCDが先行発売されていましたが、
今回含め公開されている来シーズンの定期演奏会プログラムからみて
エリシュカさんとは異なるスタイルでの録音がされるようですね。
一連のメンデルスゾーン作品を期待したのですが、まぁこれはこれで楽しみです。
c0007388_23555931.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-12-12 23:56 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第583回定期演奏会@Kitara2015

【プログラム】

1 ベートーヴェン バレエ「プロメテウスの創造物」序曲
2 モーツァルト ピアノ協奏曲第25番ハ長調
3 ショスタコーヴィチ 交響曲第10番ホ短調

今シーズンの札響定期演奏会を眺めていたら、優れた演奏家が指揮をする
企画に目が止まった。9月のカール・ハインツ・ホリガーさんと、
今月のウラディミール・アシュケナージさんである。
オーボエ、ピアノの分野で各々歴史に名を刻まれることは間違いなしの
第一人者であるが、近年指揮活動も活発にされているだけに注目していた。
すでに終えた9月のホリガーさんの感想はこちらです。

アシュケナージさんと札響との共演は1970年以来とのことですが、これは未聴。
kitaraでは2001年、2004年に指揮者として来演して以来とのこと。これも未聴。
(以上、配布された資料による。)
小生としては1992年北海道厚生年金会館でのピアノリサイタル以来だから、
実演に接するのは20年ぶり以上。その間TVでもっぱら○響の音楽監督としての
指揮者としての活動を見ていたにすぎないのだが、正直言って
なんとも大雑把に見える指揮で、よく○響は演奏できるな~、と素人考えで
あっけにとられていた。

そんな指揮ぶりをいよいよ目の当たりにできる訳だが、
1では確かに「TVで見るそのままだー」的なミーハー的驚きはあったものの、
すぐに音楽に耳を傾けることに気持ちを切り替えていた。
1,2ともに指揮者としての個性は特段感じられず、一言で言えば「無難」。
取り立てて心揺さぶられることもなく、淡々と過ぎ去っていった感じで終わった。

しかし、ドラマは最後の3にあった。
今年2回目で、夏のゲルギエフ&PMFオーケストラの熱演が記憶に久しいだけに、
聴く側のハードルはやや高くなる。この作品はショスタコーヴィチ自身が
言ったと言われる「人間の感情と情熱を描いた」と評される暗く、重々しく、
厳しい側面を有するが、第一楽章冒頭から札響各パートが凄い集中力で演奏を
展開していき、しかも途切れることなく最後まで持続したのには少々驚いた。

もちろん、いままで聴いた定期演奏会でもこれ以上の力を傾注をしていたのだ
とは思うのだが、なにしろ演奏される場の孕む緊張感が、
「これまでこんなのあったかー!?」的な驚きの連続で、
こんな演奏にはそうそう出会えないんじゃないか、という驚きが先に立った。
札響各パートは持てる力を発揮することになんら躊躇することなく、
アシュケナージさんの指揮に即応して力量の限りを示していたと
断言しても過言ではないだろう。プロとしての矜持の高さとでも言うべきか。
これほどの凝集度の高い演奏というのは、なかなか出くわすことは難しい。
「一期一会」なる言葉が脳裏に浮かんで仕方なかった。名演。

ソリストの河村尚子さんについては、この方が将来について
どのようなベクトルをお持ちなのか?その点を感じられないまま終わった感が強い。
かといって、演奏がつまらなかった訳ではない。
むしろ、活き活きと演奏されたように感じられる部分も少なからずあったのだが、
果たして彼女の指向性はモーツァルトなのか? 他の作品でも聴いてみたいものだ。
ソリストアンコールは

4 J・S・バッハ(ペトリ編曲) 羊は安らかに草を食む

昼公演。8~9割の客入か。録音されていた。

c0007388_2254238.jpg
<追記11.30>記事の一部について加筆、修正しました。


[PR]
by capricciosam | 2015-11-28 22:05 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第580回定期演奏会@Kitara2015

【プログラム】

1 フンメル 序奏、主題と変奏ヘ長調op.102
2 シューベルト アンダンテ ロ短調D.936A(ローランド・モーゼル編)
3 シューベルト 交響曲第7番ロ短調D.759「未完成」
4 バルトーク 管弦楽のための協奏曲

2015-16シーズンの定期演奏会も興味深いラインナップですが、
中でも9月は注目していた月のひとつ。
著名なオーボエ奏者のハインツ・ホリガー(以下、「ホリガー」という。)さんが指揮者
として登場するというのだ。ホリガーさんが国内の在京オケを指揮されている評判は
耳にしていたが、まさかホリガーさん程の人が、と半信半疑だっただけに、
実際に聴くことができる絶好の機会となったのは喜ばしい限りだった。

1でステージ下手からオーボエを手にして入場する足取りの軽やかなこと。
オケを背にしてオーボエを吹きながらところどころ指揮をする、という「吹き振り」
だったが、最初から安定した音量で朗朗と吹く姿は到底御歳76歳とは思えない。
札響も見事なアンサンブルで応え、これだけでも足を運んだ甲斐があるというもの。

吹き振りは1だけで、2以降は指揮に専念。
2はシューベルトの未完に終わった三楽章形式の交響曲の一楽章を、
現代スイスの作曲家が編曲したものだが、2の終結部で弦楽器の各トップが
かけあいながら演奏が停止した瞬間に続けて3の冒頭の低弦部に入っていった。
あたかも未完成の長い前奏のような位置付けのように思われた。
ホリガーさんはテンポを守った、オーソドックスな指揮で、
3では1楽章から2楽章もほぼアタッカ状態で名曲を仕上げていた。
何やら2と3を一環したひとつの作品として提示されたような思いで受け止めたが、
不思議な余韻が残った。「こういうのもありか~」

4は札響の演奏回数も13回と少ないが、小生も実演は初めてだった。
この作品は「オーケストラの各楽器を独奏者のように扱って、色彩感に富み、
生への肯定に向かう生命力を歌い上げている。」(以上、配布された資料より引用)
とあるように、オケの力量も問われる。ホリガーさんは全身を駆使した、とても
メリハリのある指揮で牽引したが、札響もよくこれに応えて見事な演奏だった。
この曲もCDより実演のほうが数段楽しめる曲だとわかったのは収穫だった。

ホリガーさんの指揮は「名手の余技」という範囲でとどまらない、至極まっとうなもので
オーケストラのドライブも堂に入ったものでした。しかも、楽章間も汗ふきの間も
とることなく、ほとんどアタッカ状態で飄々と指揮をされる姿の若々しいこと!?
また機会があれば、他の作品で聴いてみたいものです。
それから、ホリガーさんは一曲ごとにオケに向かって拍手して健闘を称えるのですが、
終演後は札響の皆さんがホリガーさんに盛大に拍手をして指揮者を称えていました。
こんなにオケから賞賛される指揮者は久しぶりに見ました。

録音されていましたが、放送用でしょうか。
昼公演。客入りは8~9割か。
c0007388_22561188.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-09-05 22:56 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第579回定期演奏会@Kitara2015

【プログラム】

1 シューマン 交響曲第4番ニ長調
2 メンデルスゾーン 交響曲第2番変ロ長調「讃歌」‥札響初演

マックス・ポンマーさんが札響と初共演したのは2013年11月定期演奏会で
その時取り上げた交響曲はシューマンの2番。あいにく聴いていないのですが、
オケに大層好評だったそうで、これが縁で首席指揮者就任に至ったようです。

そして今回はシューマンの4番を取り上げたという訳ですが、シューマンを連続して
取り上げるのは「ライプチッヒ」がキーワードとなるようです。

「私はライプツィヒに生まれ、ライプツィヒに育った(略)バッハ、シューマン、
メンデルスゾーンといった大作曲家がライプツィヒに暮らし、彼らの住居も
そこに現存しています。」(以上、演奏会パンフレットより引用)

大柄な身体から繰り出す指揮ぶりは決して派手ではないが、かといって地味で
退屈だというのでもない。指揮棒から紡ぎだす音楽は至極まっとうです。
きちんと要所を締めて演奏を高めていく確かな手腕を感じました。
その点では安心して聴けたのですが、だからといってグッと惹かれたという訳でも
ありませんでした。小生の中では可もなく不可もなくという感じです。
(シューマンの交響曲の中では一番よく聴くので辛めになりました。)

しかし、2では開始早々の第1部シンフォニアの熱さに、リラックスしていた
身体を起こしてしまい、とうとう第2部の最後まで身じろぎもせずに聴いて
しまいました。1を経たのでこれは想定外。感動もひとしおでした。
まず、メンデルスゾーンの5つの交響曲でも声楽付きの長大なこの曲は、
はじめて聴いたのですが、メンデルスゾーンらしい旋律が断片的に現れ、
耳になじみやすいという側面ももちろんあります。
そして、札響もトロンボーン等の金管楽器はじめ全セクションが健闘していた
ことも間違いありません。しかし、何よりも驚いたのは札響合唱団と独唱陣。
特に合唱団は相当な練習量と質を確保したのではないかと思われる良い出来映え。
拍手もひときわ大きかったように感じました。
また3名の北海道ゆかりのソリストも粒揃いで申し分なし。記して敬意を表したい。

ソプラノ 針生美智子
ソプラノ 安藤赴美子
テノール 櫻田亮

そして何よりもこれらをまとめ上げたポンマーさんの手腕の見事なこと。
この曲で改めて、ポンマーさんの実力の一端を知らされた思いです。
「讃歌」は札響側からの提案だったとポンマーさんがパンフレットに書かれていますが、
これはナイスな企画でした。札響にもアッパレをあげたい気分です。

首席指揮者就任記念演奏会も無事終わり、これから3年間で札響をより良い方向へ
発展させていってもらいたいのですが、エリシュカさんに加え、ポンマーさんという
聴く楽しみが札響に増えたのは何よりです。
今回は録音されてCD化されるので、ひょっとしたらメンデルスゾーン作品も継続して
取り上げるのかなという淡い期待もあるのですが、エリシュカさんが一連の
ドヴォルジャーク作品を取り上げて録音したような企画が
ポンマーさんにもあることを期待したいと思います。

昼公演。8~9割の入りか。
c0007388_19405792.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-07-11 19:41 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第578回定期演奏会@Kitara2015

【プログラム】

1 ベートーヴェン 交響曲第4番変ホ長調
2 ブラームス 交響曲第4番ホ短調

2月以来休館していたKitaraも6月17日に再開。再開当日のタリス・スコラーズは
完売する賑わいだったようですが、小生の再開第一弾は札響定期となりました。

ドヴォルジャークを終えたエリシュカさんが、現在札響と取り組んでいるのが
チャイコフスキーとブラームス。中でも、ブラームスは1回目の3番に驚愕し、
2回目の2番でチクルスの完成を渇望する程の素晴らしさ。
そこで今回の4番であるが、御歳84歳とは思えぬ、きびきびした指揮から紡ぎだされる
音楽の躍動たるや、今まさに音楽が誕生したばかりのようなフレッシュさだ。
エリシュカさんは、決して奇を衒うような派手さはなく、むしろ音楽を忠実に再現しよう
とするかのような献身を感じるのだが、その方向性が、4番にまとわりつく手垢を
きれいにぬぐい去る効果を生み出すのかもしれない。仮にエリシュカ・スタイルという
ならば、これを好ましく受け止めない人はいないのではないか。
録音されていたので、後日発売されるCDを楽しみにしたい。

また、ベト4はブラ4以上に収穫の大きさを感じさせる出来映えだった。
これまでエリシュカさんのベートーヴェンの交響曲は、第九(2012年)、田園(2013年)
と2回聴いたが、今回の4番が一番しっくりきた。
エリシュカさん本来の旋律を歌わせながらも、メリハリをつける躍動感溢れる
音作りは4番にはうってつけだった。比較的地味な作品にもかかわらず、
実は生気溢れる作品であることを再認識させられる思いだった。
「ベト7だったら」なんてことも頭をよぎったが、これはエリシュカ・マジックだった。

昼公演。ほとんど空席が目立たず、9割の入りか。
鳴りやまぬ拍手は10分程も続いたが、客席の満足度の高さが表れていた。
c0007388_2143656.jpg

<追記>
打楽器首席、コントラバス首席は現在空席のため、今回は(コントラバスは今回も)
客演が首席を務められていた。ティンパニは元読売日響首席、コントラバスは
日フィル首席(この方は一年前の4月定期にも登場されていた)だった。
[PR]
by capricciosam | 2015-06-20 21:04 | 音楽 | Comments(0)