タグ:第九を唱う ( 9 ) タグの人気記事

999人の第九・2009@Kitara

第九は、日本では年末の風物詩。
でも私の場合は秋に第九を歌って、早くも年末気分!?

これはちょっと大げさですが、今年も歌ってきました。
指揮は札響正指揮者の高関健さん。
素人にも分かり易い指導をしてくださるのでありがたいのですが、
過去指揮していただいた時とは微妙に解釈が異なる部分もあり、少々とまどいも。
やはり、指揮者の解釈も日々進化するということなのでしょう。
(今回は歌いながら聴いていたら、なかなか良い感じでした。)

ただ、昨日のリハーサル、今日のゲネプロと、
最後の最後まで指導が入りました。
「はぁ~」
内心では、
「本番直前でこの程度の注意じゃ、今年はメロメロかなぁ…」
と不安な気持ちで臨んだ本番も、なんとか大きな傷もなく終えたようです。

わが合唱団の、ここ一番と言うときの集中力は大したものだと、
毎度のことながら感心します。
やはりベテラン揃いだからなのでしょう。
それに、70歳以上の高齢者の方が元気に歌っている姿を見ると、
まだまだ歌えるな、老け込んじゃいかんな、と反省しています。
c0007388_23364487.jpg

<追記>
ゲネプロの時。1階最奥の席には赤シャツ姿の尾高監督が…
おや、珍しいなぁ…。     
[PR]
by capricciosam | 2009-09-27 23:36 | 音楽 | Comments(0)

999人の第九・2008年@Kitara

今年の演奏会があり、歌ってきました。
指揮者の円光寺さんは暗譜で通されましたが、
アマチュアにもわかりやすい指導と指揮ぶりでした。
ベーレンライター版使用だったのですが、
昨年の高関さんとは微妙に異なる部分があり、
改めて解釈というものは様々なものだなぁ、と感心していました。

それから私的な収穫だったのですが、
今回は過去のどの演奏会よりもリラックスして歌うことができました。
実は、昨日のリハーサルでのある変更から、
なぜそうなったのか、といろいろ考えていたのですが、
ある程度考えを整理してみると、得心した気分になったせいですね。
いまさらながらのことですが、合唱は「調和」だということです。
合唱団員はソリストになっちゃあいけない、ということです。
(お~い、となりの人。わかったのかなぁ…)
c0007388_23193764.jpg

<蛇足>
今回はじめてオケと同じステージ席で歌いましたが、お陰で
いわゆるステージ裏の楽屋状態というのも初めて目の当たりに。
一番不思議だったものが、写真のかなり大きいL字形の金具。
c0007388_0213688.jpg

なんだと思います?
答えは、録音や録画する時のケーブルを載せるものなんだそうです。
[PR]
by capricciosam | 2008-09-28 23:19 | 音楽 | Comments(0)

第九in苫小牧@苫小牧市民会館2007

昨日は今年2回目の第九演奏会でした。
苫小牧市では9年ぶりとのことで、オケも地元の市民管弦楽団で、
ソリスト以外はアマチュアによる手作りです。

合唱団の半数以上は初めてとのことで、本番でも楽譜を持って歌うことに。
楽譜持ちの本番は実に久しぶりでしたが、暗譜になれてしまうと、
本番中ページをめくって指揮者から目線がそれるのも逆に不安なもの。
今回もずっと指揮者を見ていましたので、私はカタチだけ参加でした。

立ち位置がちょうどパートの境目だったので、となりのパートの声がよく響いて、
自分の声が何度も聞こえなくなり、時々冷や汗モノでした。
いや、そのくらいどの合唱パートもよく声がでていましたね。
ただ、pの部分でもfかff気味なので、ニュアンスは犠牲にしたかな…
でも、祝祭的雰囲気には、この元気よく明るく歌いきった、ということが
何よりも大事だったんでしょう。
来年には中国の友好都市との交流事業で第九も予定されそうだ、
とのことですから、ぜひこの成果を活かしていただきたいものです。
参加された皆様、お疲れ様でした。
c0007388_21473485.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-12-17 21:48 | 音楽 | Comments(0)

今日は練習日

今日は来月道内某所で行われる第九演奏会の練習日。
ちょっと遠出して練習に初参加。
(遠いので普段の練習にはでられません…)
初参加なのに、なんと、いきなりオケ合わせ。しかもソリスト付き!
(おお~、まるでゲネプロ状態。なんとも贅沢~)
会場はオケだけでほぼ満杯なので、合唱団はステージに。
イスもないため、立ちっぱなし。(ええ、慣れてますとも、がんばります)
と言うわけで写真は私の近くのパートの方の足下の写真です(^^)
c0007388_226278.jpg

時々、指揮者の配慮で座っていましたが、一応第四楽章を通して
その後、指揮者の方が気になるところをさらっておしまいとなりました。
初参加の合唱団ですが、私のパートは私のような経験者もいるらしく、
結構みなさんのびのび歌っていましたね。
でも、オケは仕上がりがイマイチのようで、パートによってはテンポのズレを
指揮者の方から注文がだされていました。(ガンバレ!)
まあ、これからの追い込みと仕上げに期待しましょう。
c0007388_2218742.jpg

会場への往復は写真のCDを聴きながらドライブです。
イッセルシュテットの解釈は、少々「時代」を感じさせますね。
それに録音もDECCAにしてはイマイチ。
高音が明瞭じゃないなんて!?はて?
[PR]
by capricciosam | 2007-11-18 22:23 | 時の移ろい | Comments(0)

999人の第九・2007年@Kitara

昨日は所属する合唱団の第九演奏会でした。
ゲネプロまでは観客はいませんが、本番になると会場は人、人、人。
合唱団はオケの背後に陣取りますので、
まともに観客のみなさんと向かい合います。
すると、どうしても少なからぬ緊張が襲ってきます。
こればっかりは、多少の慣れはあっても、何度やっても同じです。
でも、普段の練習ではなかなか決まらないところで、
本番はぴしゃっ、と決まったりするのも、この緊張感あったればこそ。
昨日も、何回もそう感じるところがあり、充実した思いで演奏会を
終えることができました。
(とは言うものの、アマチュア合唱団ですから限界はあります、ハイ)

指揮は昨年と同じ高関健(札響正指揮者)さんでした。
第九は暗譜でとおされていましたが、その的確でわかりやすい指揮ぶりは
我々アマチュアにとってはとても助かる思いでした。
それに親切です。例えば、795小節の入りでは指揮棒を持たない左手で
指を立ててカウントダウンしてくれたりするんですよ。「3、2、1」と。
「あっ、昨年と同じだ」
これで歌い出しのタイミングがぐっと取りやすくなります。
札響もとても良い響きで応えていましたが、高関さんが振ると
響きというか、音がクリアになるような感じがしました。
12月の「札響の第九」演奏会は高関さん指揮ですが、充実した演奏会の期待が。

いつもの年ならこれで本番は終わりなので、「やれやれ、リラックス」といく
ところなのですが、今年は年末に道内某所でもう一回演奏会がありますので、
この緊張感を途切れさせないようにしたいと思っています。
c0007388_64925.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-10-01 06:50 | 音楽 | Comments(0)

999人の第九・2006年@Kitara

昨日帰宅してから更新しようと思って書きかけたのですが、
本番終了後も買い物したり絵をみたりしていたので、
疲れがでたのかPCに向かっていられず、更新途中でダウンでした。

日曜日は所属する「999人の第九の会」の演奏会でした。
昨年はアクシデントで本番2日前の指揮者練習まで参加した
ところで断念せざるを得なかったのですが、今年は本番を無事終えて、
今現在でも心地よい疲労を感じつつ、余韻を楽しんでいます。

この週末は金曜日の指揮者による練習、土曜日のオケとのリハーサル、
そして日曜日の本番と、次第に緊張感が高まる日々を過ごしていました。

今回の指揮者の高関さん(札響正指揮者)はベーレンライター版の使用、
ヴァイオリンの対向配置、分析的な読み等、「こだわり」を感じさせる方でした。
この対向配置も合唱団席で聴いていると、普段埋もれがちな
第二ヴァイオリンの響きがはっきり聞こえたりして、なかなか興味深い
ものがありました。
それから指導に当たっては、テンポのズレや合唱の出の遅れに関しては
決して妥協されずに、何度も丁寧に指導していただいたことには
頭がさがりました。そのメリハリをつけた指導ぶりは、我々素人にも
わかりやすいもので、大変充実した指導をしていただいたと思っています。
「私は親切な指揮者ではありませんよ」
と、練習の時は笑っておっしゃっていましたが、いえいえどうして、
本番ではすべて暗譜で通す中で、我々合唱団にはとてもメリハリ
のついた指揮でリードしていただき、暖かい人柄を感じました。
音楽自体にはこだわりをもって追求されているようですが、
オケから導き出す響きやその人柄にはとても親しみを覚えました。
実はこれまで高関&札響のコンビで演奏を聴いたことがなかった
のですが、ぜひ客席で聴いてみたくなりました。

ところで、当日の自分の出来としては十分声を出すことができて、
まあまあ練習の成果は出せたのかな、という気もするのですが、
ステージ横の席で聴いていたカミサンに「どうだった?」と感想を訊くと、
合唱は不揃いなところもあった、と辛口の評価をもらっちゃいました。トホ。
(そういえば、いよいよ会場に向かうという時に、普段合唱を指導して
いただいているK先生に
「この合唱団の悪い点はすぐ忘れてしまうことです。」
「これまでの指導を受けた点を思い出して歌ってくださいね。」
と、言われましたが、まったくそのとおりな部分がでたのでしょうね)
でも、合唱のメリハリはこれまでで一番かな、と自画自賛(^^)

さて、出番も無事終り、これからは「鑑賞の秋」を楽しみたいところです。
c0007388_23554726.jpg

<追記>
当日会場でお聴きになっていたsgr813さんが終演直後の写真を
撮られていました。許可を得て掲載させていただきます。
sgr813さん、ありがとうございます。
c0007388_7441021.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-10-29 23:55 | 音楽 | Comments(4)

第九はじまる

朝方の雨もすぐ上がり、ちょっと夏らしさを感じましたが、
今年は結構肌寒い天気が続いています。
夏らしい暑さが来てくれるんでしょうか?

おばに会いに出かけて帰宅してみると、
第九演奏会の事務局から郵便物が届いていました。
ちょっと厚目なので、ひょっとしたらと思ったら、
案の定で、楽譜が同封されていました。
今年は指揮者の意向で「ベーレンライター版」を使用するので、
楽譜も新たに購入することにしていましたが、その楽譜でした。
c0007388_221464.jpg

これまでやってきた楽譜とどこがちがうのでしょう?
さて、さて難しかったら、どうしよう。
未知なるものに出会う時というのは、ドキドキですね。
ちょっと惰性で取り組んでいたので、ピリっとする良い機会です。

同じく同封されていた会報に会長さんが次のように述べられています。

(略)多様化し、高齢化が進む社会の中で、充実した「いま」を生きようと
「何か探し」が求められている昨今ですが、多くの仲間と「第九」を歌う
ことによって得られる感動が、生きる喜びを掘り起こす原動力になれば
と思っています。(略)

去年は身内の不幸もあってドタキャンしてしまったので、
今年は再び「生きる喜び」を求めてがんばって歌いましょう。
[PR]
by capricciosam | 2006-06-17 22:17 | 時の移ろい | Comments(2)

幻の第九

金土にかけて道南の親戚の葬儀に行き、昨夜帰ってきました。
二日間で往復約700kmのドライブになりました。
実は土曜日は楽しみにしていた第九の本番でした。
第九はまた機会があれば歌えますが、
伯父との別れはこの機会を逃すと二度とありません。
選択の余地なしです。
80歳過ぎの高齢でしたが、実に元気な人で、突然の訃報に
親戚中が「信じられない」の一言でした。
私が会ったのは父の葬儀に来てくれた時が最後でした。
自らの信念に従って精力的に人生を全うした伯父の冥福を祈りたいと思います。
しかし、今年は父と言い、伯父と言い、予想もつかない死の訪れに翻弄されます。
c0007388_833238.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-10-16 08:08 | 時の移ろい | Comments(4)

すごいなぁ②

今夜は第九合唱の練習日。
プロ指揮者のいらっしゃる日で、これは全員必修。
何しろ仕事の都合で練習にはほとんどでられないため、
こんな時はとても貴重です。
これまでも何人かのプロの指揮者の練習に参加してみて、
限られた時間に、しかも素人に対して、皆さんいかに効率良く
自分の意図を浸透させようか、と苦労されているのですが、
その表現は様々で、興味深いものです。

・まるでタンカーが進むように、全パートがまっすぐ、幅広く
・力まかせにしない、「愛」でふくらませている感じ
・天上から降るように
・すぐひっこまずに、きちんと音をわたす
etc

やはり、素人相手ですから例えが多くなりますね。
でも、こうしてもらうことでイメージが掴みやすくなり、表現も
変わっていくから、大したものだ、といつも感心しています。
もちろん、楽譜の同じところを同じように注意されることも
ありますが、なかには、食い違う場合も。

・ffらしく
・ffだけど3割引くらいで

はて、どうしたらよいのか、と悩む必要はありません。
そのときの指揮者の指示に従って、歌うしかないのです。
そうしないと、バラバラな合唱のトンデモ演奏会に陥ってしまいます。
これではチケットを買ってくれたお客様に申し訳ありません。
終わった後にでも、ゆっくり解釈をアレコレ楽しめば良い訳です。
さて、今回の指揮者の方も、非常に個性的な方で、
色々なアドバイスをくれますが、本番までに消化しなければならない
ことも結構な量です。
その本番もあとわずかとなりました。
[PR]
by capricciosam | 2005-09-17 22:21 | 時の移ろい | Comments(4)