タグ:読書 ( 54 ) タグの人気記事

寺よ、変われ@岩波新書

お盆ですね。
正しくは盂蘭盆会(うらぼんえ)と言うそうですが、
先祖供養の代表的仏事です。
日本国中、一斉に「仏教徒」であることに強制的に気づかされる訳で、
お墓参りされる方も多いでしょう。

先日、TVで昨今のお盆事情というのが放送されていましたが、
ネット上のお墓、僧りょ派遣会社、お墓清掃・お参り代行業etc
まあ、いろいろあるわ、あるわ…
やはり、世間事情を反映した中で多様な「お盆」が出現しているんだなぁ、
と感心しつつも、でも所詮葬式仏教の延長上のことだよなぁ、との感想しか
浮かびませんでした。

また、改めて寺とか、僧りょって、仏事や葬儀しか係わらないんだけれど、
果たして、それだけで「宗教」の役目を果たしていることになるのかな、
という常日頃の疑問が頭をもたげてきました。
そんな時、手にした本書には、正直、瞠目させられました。

著者の主張はこんな具合です。
人間の生老病死という人生のプロセスにまとわりつく「苦」を直視し、
それを滅することを使命とするのが本来の仏教の役割なのに、

「さまざまな「苦」を抱えるこんにちの日本のどこを見回してみても、
「苦」に対応する伝統仏教の姿はない。影さえ見えない。
旧態依然とした儀式を平然と続けるだけの伝統仏教からは、
「苦」へのかかわりは感じられない。」(本書p.8より引用)

と、さらりと言ってしまう。
著者は檀家制度に立脚するその伝統仏教の僧りょ、なのにだ。

続けて、こうも言います。

「この現代社会に充満する「苦」の現場に伝統仏教がかかわらないのなら、
伝統仏教の存在価値は無いに等しい。
そして、それは必然的に消滅に向かう。」
(本書p.9より引用)

序章からこんな調子なので、興味津々で読み終えました。

その中で、行動する著者の姿には、従来のステレオタイプな僧りょの姿など
かけらもありません。実に驚くべきことです。
しかし、身を置く伝統仏教の世界からは、
「おまえのやっていることは陰徳ではなく、顕徳だ、パフォーマンスだ」
と非難される始末。
その陰徳とは「庭掃除、トイレ掃除、毎日のお勤め等、人にひけらかすことなく
密かに行う善行」とのことらしく、一見もっともらしい。
でも、社会との関わりを積極的に持とうという姿勢など微塵も感じられない。

また、現状の伝統仏教の閉塞感の原因のひとつに「世襲」をあげられている。
寺に生を受けて仏教系大学に進学し、卒業後、各宗派の求める修行、研修を行い、
社会に出ることもなく、家族、檀家の待つ寺に帰り、寺の仕事に専念する。
(こりゃ、まるで我が家が檀家になっているお寺の話だよ…)
檀家の葬儀等でホトケの教えを語る訳だが、自己の経験や能力の
ちっぽけさに比べ仏教思想の巨大さよ。
まともな感性の持ち主ならそのギャップに懊悩するはずだが、
彼らの多くが取るのは懊悩せずに「思考停止」して、楽な状態となること。
つまり難しいことは考えない、言わない、やらない。
だから、思考停止した僧りょの発する言葉が、聴く者の心を打つことはない。
「なるほどなぁ~」

日本のコンビニの数、約4万。
日本の小中高校の数、約4万。
日本の寺の数は、これらの倍の約8万。
僧りょの数は約20万人。

様々な「苦」に満ちた現代社会。
寺や僧りょがその「苦」から目をそらしたり、逃げずに、
真っ正面から向き合い、行動することで、地域ひいては社会が変わる。
今こそ、寺は変わらなければならない、と著者は結ぶ。
果たして現役の僧りょがどれだけ本書を読み、行動を起こすのか、
期待したいところだ。
c0007388_1251912.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-08-15 11:53 | 読書 | Comments(0)

おそめ@新潮文庫

夕方すすきのを歩いていると、着飾った女性が闊歩する姿を目にする。
いわゆる「夜の蝶」の方たちだろうなと思って通り過ぎる。
もっとも、ホステスさん以外の職業も増えた昨今では、
必ずしもホステスさんばかりとは限らない。
それに「夜の蝶」という言葉自体も耳にしなくなって久しいような…
しかし、かつては代名詞のように使われた時代があった。
「昭和」である。

川口松太郎が短編小説「夜の蝶」を発表したのが昭和32年。
「おそめ」が京都から東京銀座に進出してから2年後のことだった。
夜の銀座を舞台に二人のバーのマダムの恋愛がらみの確執が
描かれたことが、当時大層な評判を呼び、以後「夜の蝶」という言葉
が世間で定着していったようだ。

この小説のマダムには実在のモデルがいた、というのが定説。
そのひとりが本作で取り上げられている「おそめ」の上羽秀さん。
元京都祇園の芸妓。
落籍されたものの、好きな人ができ、旦那から独立して、女給を経て、
自宅を改装して始めたのがバー「おそめ」。
カウンター5,6席だけの小さなバーだったようだ。
昭和23年のことだ。

しかし、当時の財界や文壇の人間が集まり繁盛し、
後年には先に記したように東京銀座に進出することになる。
もちろん、栄枯盛衰は世のならい。
「おそめ」は昭和53年には閉店し、今や銀座には存在しない。

本書に描かれるのは昭和の戦後という時代の躍動を背景に、
波乱に満ちた人生を送った女性の生き様の見事さである。
「好きな人」は後の東映やくざ映画の名プロデューサー俊藤浩滋。
俊藤の死まで長年連れ添うが、ほとんどの期間を内縁関係で過ごす。
ここまで惚れられたら男冥利というくらいの惚れっぷりだったらしい。

上羽秀とおそめという生き方が激しく交錯する中で、その生き様は圧倒的。
しかも、その人物たるや、見るからにすごい女丈夫という訳ではなく、
はんなりとした外見に芯の強さを秘めたタイプだったようだ。
若い頃から、人を惹き付けて止まない不思議な魅力に満ちていたらしい。

「(略)ただ立っている。しかし、その立ち姿には隙が無く、
しかも、人を誘い込むような柔らかさがあった。
(略)それにしても、なんと可憐であることか。
いや、何より私を強く捉えたのは彼女の全身に漂う透明な空気だった。
(略)まるで澱んだものが感じられない、すべてが洗い流された先の無の姿
とでも言うべきものか。」
(以上、本文P15~P16より引用)

著者が初めて上羽秀さんと出会う場面での上羽秀さんの印象である。
一般的に老境に至ることで獲得される部分もあるのだろうが、
若い頃から一貫して放っていたこの方の魅力の一端が伺える。
やはり、そういう印象を放つ人が、どうして時代の寵児たり得たのか、
そんな好奇心につられて読み進んだのだった。
それは、端正な執筆ながらも著者の一途な思いが読む者に
伝わるからなのだろう。
c0007388_11284770.jpg

<追記>
ちなみに、上羽秀さんはご高齢ながらまだ存命で、京都にお住まいのようです。
どうぞ、静かな晩年でありますように。

<追記2012.12.2>
2012年10月1日、89歳で逝去されました。合掌。

[PR]
by capricciosam | 2009-05-06 09:22 | 読書 | Comments(0)

祝!田村はまだか@吉川英治文学賞新人賞

以前記事でとりあげた札幌在住の作家朝倉かすみさんが
「田村はまだか」で吉川英治文学賞新人賞を受賞されました。
「いや~、めでたい」
リンクさせていただいているブログをちょくちょく覗くと、
大変活発に執筆されているので、作家活動も本格化して
きていることが伺えました。

に、しても、やはり「田村はまだか」ですね。

選考委員の浅田次郎さんがこの作品を評して
「興味深い人間模様のエピソードを織り込みながら、
来るべき人間が来ない不安定な状況を描いて大変おもしろい。」
(以上、北海道新聞より)
と、おっしゃっていますが、私も「それからどうなるの?」的
興味が途切れることなく、最後までまんまと読ませられましたね。

この賞の受賞歴を見ると、プロ作家としては有名な方も
かなりいらっしゃるようなので、朝倉さんも受賞を機に
さらなる飛躍を遂げられんことを期待しています。
c0007388_23493794.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-03-05 23:49 | 時の移ろい | Comments(0)

北の人名録@新潮文庫

本作品は27年前に刊行されたエッセイ集。
購入したのか、借りたのか、定かな記憶はないのだが、
当時、何編かをゲラゲラ笑いながら読んだ印象が残っている。
しかし、結局読み通すこと能わずで、久しく読みたい作品だった。

先日、買い物につきあいスーパーの書店を覗いたら、
文庫化されたのを発見。内心で欣喜雀躍。
久しぶりの再会に胸ときめかせて、一気に読んだ。
どうやら、記憶は間違っていなかったようだ。
腹を抱えて笑うこと度々。

名エッセイに対して失礼とは思うものの、当時富良野に
定住して間もない倉本さんの一種のカルチャーショックぶりが、
実にリアルで、かつ第三者には微笑ましいのだ。
それを引き起こす原因は頻繁に登場するチャバ氏はじめ
数々のユニークな富良野の人たち。
実にエネルギッシュ。
倉本さんは「バカをやるには思いっきりエネルギーが要る」
と、あとがきに書かれているが、その通りなんだろうな。
初出は刊行よりさらに4年前くらいだから、およそ30年前。
今じゃ、登場する富良野の人たちも
「殆どが還暦を迎えてバカのボルテージが、下がってしまった。」
とのこと。やはり、30年はデカイなぁ。
この辺り、老境が近づいてくる身なれば、しみじみと感じます。

30年前に書かれたなんてことを感じさせないのは、
このバカをやれる年代を経てきた年代には
共感が湧くからなんでしょうね。
とにかく、倉本さんの代表作「北の国から」誕生前後の
エピソードもまじえて、当時のいろんな「熱気」を楽しめる
好エッセーです。
c0007388_20583647.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-01-28 21:59 | 読書 | Comments(0)

信長の棺@文春文庫

日本の歴史上、戦国時代は大変革期のひとつ。
最初に天下統一に最も近づいた武士は織田信長。
その信長は「本能寺の変」で悲劇的な死を遂げる。

<ネタバレ的内容が含まれますので、ご注意ください>

しかし、その死骸は発見も確認もされていないという。
もちろん本能寺とともに焼失した可能性も高いだろうが、
にしても、信長の遺骸はどこに消えたのか。
明智方は時間をかけて捜索したというのに…
本書では信長は自刃せずに、周到に用意された脱出を
試みるものの、裏切りにより結局は非業の死を遂げ、
遺骸は後の探索を逃れてきちんと葬られた、とする。
さて、裏切ったのは誰か。
葬ったのは誰か。

そもそも、何故、明智光秀は織田信長を討とうとしたのか。
様々な動機が言われているものの、
光秀本人が明確に語ったものは伝わっていない。
小生はこれまでドラマ化されたもので紹介されている
「信長に侮辱を受けたから」だろうと単純に信じていたが、
この本では謀略説を採用していて、光秀は「そそのかされた」
「はめられた」という立場で描いていく。
しかも、それは本能寺の変の直前の愛宕神社籠もりにおいて
だった、と解き明かしていく。
さて、そそのかしたのは誰か。

著者は様々な伏線を配置して、この謎を解き明かしていくが、
その過程で、新たなスケール感を持った信長像、秀吉の出自、
「桶狭間の戦い」、「秀吉の中国大返し」にも
別の光があてられていき、実に新鮮。
ただ、冒頭の謎の木箱の中身と想定していた使い方は、
やや説得力にかけ、肩すかし気味。
しかし、限られた資料を大胆な推理で補って魅力的なストーリーを
為した著者の賭は成功したのではないか、と思う。

本書は著者75歳での初の小説。
主人公とした「信長公記」の作者太田牛一はほぼ著者と同年代。
この主人公の設定がイイ。
ただ、色恋の場面はもう少し筆致を押さえても良かったのでは。
老人のあこがれ的「妄想」が透けて見える感じ。
まあ、フィクションならではの「遊び」と捉えればそれもよし、か…
c0007388_2192849.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-01-12 22:34 | 読書 | Comments(0)

プリンシプルのない日本@新潮文庫

昨日とりあげた本には、異文化コミュニケーションの逸話が
いろいろ取り上げられている。その中のひとつ。

1994年村山首相(当時)がマレーシアを訪問した時に、
マハティール首相(当時)と会談した。
その際、マハティール首相が
「戦争責任に関し謝り続けることは理解できない。それより
日本は国連安保常任理事国になってもらいたい。」
と発言したのに対し、村山首相は何も発言しなかった。
ここは「ノーコメント」とでも言ったのかと思ったら、
どうやらほんとうに無言を通したらしいので、
通訳の方も黙らざるを得なかったようだ。

国内的には「デリケートな話ゆえ、察してくれ」で済む話
なのかもしれないが、国外でのトップ会談で、
果たして沈黙という手段は有効なのか。
やはり、きちんと自らの考えなり、立場なりを説明しないと、
あらぬ誤解を生じさせかねないし、友好親善とはならない
のではないか。
戦後50年経っても、この程度か、と愕然とした。

この例から連想したのが、白州次郎氏である。

氏は敗戦後駐留したGHQとの連絡調整役として、
GHQ相手に卑屈になることなく、主張すべきところを主張し、
「従順ならざる唯一の日本人」
との反応をGHQから引き出された方だ。

白洲夫妻に関する展覧会を偶然覗いてから気になって、
その後氏に関するものをいくつか読んだ。
生前氏の考えをまとめた著作物がなかったのは惜しまれるが、
この本は当時の雑誌に発表したものを中心にまとめたもの。

「西洋人とつきあうには、すべての言動にプリンシプルが
はっきりしていることは絶対に必要である。(略)残念ながら
我々日本人の日常は、プリンシプル不在の言動の連続で
あるように思われる。(略)」

「プリンシプルのない妥協は妥協でなくて、一時しのぎの
ごまかしに過ぎないのだと考える。日本人と議論していると、
その議論のプリンシプルはどこにあるのかわからなくなる
ことがしばしばある。(略)」

さかんに使われている「プリンシプル」とは何か。
日本語の中ではそれなりの訳語はあるのだろうが、
その包含する概念がうまく反映されているのか、どうか、
私にはわからない。
しかし、少なくとも世界の中の一員としてこれからも世界に
存在し続けようとするなら、また100年に一度の経済危機に
直面しているからこそ、40年前に書かれた内容ではあるが、
この言葉は依然重要な示唆を与えているように思われる。
c0007388_8592669.jpg

今年の更新はこれにて終わりです。
今年も駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
良い年をお迎えください。
[PR]
by capricciosam | 2008-12-31 09:17 | 読書 | Comments(0)

歴史をかえた誤訳@新潮文庫

先日開店したジュンク堂で求めた一冊。

著者の鳥飼久美子さんは、アポロの月面着陸から
しばらくTVで同時通訳で活躍されていた方だが、
まずは懐かしさにひかれ、次にタイトルにひかれた。

「歴史までかえられた誤訳が存在したのか!?」

ただ、これはやや羊頭狗肉的タイトルのつけかただったのは残念。
確かに様々な逸話が引用されているが、大半は「国際摩擦」とでも
表現したほうが良いような類のもので、決して歴史を決定的にかえた
という例ではないように思う。じゃあ、そのことでこの本の価値は
損ねられたのかというと、決してそうも思わない。
むしろ、通訳という職業の重さ、難しさと同時に異文化コミュニケーション
を考えさせるきっかけを与えてくれている格好の一冊となっている。

例えば、日本語の「黙殺」「善処します」「不沈空母」はどう訳すのか。

戦争状態、首脳会談等の高度な政治的判断が必要な場合は
誤って訳すと、とんでもない事態を引き起こすことだってあり得るのだ。
通訳者にかかるプレッシャーたるや、たいへんなものだろう。
実際本書でも、これらの言葉にまつわるトラブルを解説している。

また、単に言葉の訳だけではなく、故意の誤訳・意訳ともよべる例
として「ジョーン・バエズ事件」「東ティモール事件」も紹介されている。
こりゃ、お粗末でひどかった。

通訳というと、私などは「異なる言語間のコミュニケーションの仲立ち者」
程度にしか認識していなかったが、いやはや奥が深い。
極端な話、単なる直訳だけの場合と、徹底的な意訳という
両極に位置する例は、どちらも通訳としては失格ということになる。
やはり、通訳する方は異なる文化的背景に通じ、発言者の言葉と
意図を「身を虚しう」して正確に伝えることを本文とすることのようだ。
ある面ではどこかのCMにあったように
「なにもたさない なにもひかない」
というのが原点なのだなぁ、と認識を新たにした。
c0007388_2327089.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-30 23:34 | 読書 | Comments(0)

ある開店@大通り地区

大通り地区から大型書店が姿を消したのは3年前の秋。
当時、こんな記事を書いたものでした。

札幌の大型書店の配置は、商圏の駅前への移動と
軌跡を一にするようにも思えるくらい駅前集中に。
実際、ここ数年は札幌駅周辺の混雑ぶりに比べたら、
ちょいと混雑ぶりも落ち着いた感じの大通り地区、という印象でした。

買っても買わなくても書店をぶらつくのは好きなほう。
でも、如何せん、大通り地区ではぶらつくことのできる
肝心の大型書店がない。
まったくもって、残念なことだなぁ、と思っていたところ、
20日丸井今井南館にジュンク堂書店が道内初出店。

B2~4階までの売り場面積は市内最大規模で、
ジュンク堂としては最大規模の池袋店に匹敵する規模らしい。
開店間もないせいか、どのフロアも混雑していました。
そして、フロアの各ジャンルの品揃えも充実している印象。
店内検索も、いつも利用する店よりも検索しやすかったですね。
開店当初のにぎわいが過ぎても、この品揃えがキープできたら、
私は多分リピートしますね。
これで、大通り地区へ足を向ける楽しみが増えました。

買い物を終えて、南館の出入り口に立ってみると、
交差点を渡って南館に吸い込まれていく人の数の多さに思わず「!」
南館でこんな光景見た記憶がありません。
丸井今井南館は元は長崎屋だったところ。
南館になってから何回か行ったことはあるのですが、閑散とした感じで、
「丸井さん、大丈夫なんだろうか」
と、ちょいと心配していました。
集客効果の期待できるテナントとして定着してくれたら良いですね。
c0007388_18101545.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-23 18:10 | 読書 | Comments(0)

若者たちの神々@筑紫哲也対論集

ジャーナリストの筑紫哲也さんが亡くなられた。
長年キャスターをつとめられた「ニュース23」も
たまにみる程度だったけれど、あの静かな語り口と
うつむき加減のシャイな笑顔が、もう見られないのか、と思うと、
やはりさびしいものだ。

訃報の中で紹介されている経歴等を拝見すると
新聞、雑誌、TVと主要なマスメディアで長期に渡って
大衆に顔を露出して活躍されているが、後にも先にも
筑紫さんような方はいなかったのではないか。
そういう意味でもステレオタイプなジャーナリストではなかった。

私が筑紫さんを意識したのは、あるミュージカルでの
パンフレットのコメントだった。

「僕とブロードウェイ・ミュージカルとの出会いは1971年。
根っからの音楽好きだから、たちまちミュージカルの
とりこになった。(略)」

当時現役新聞社員でありながらTV番組を持っていたので、
その意外なコメントがよけい気になったのかもしれない。
恐らく駐米特派員として滞在していた当時のことなのだろうか。
後年活躍の場が広がっていく中で筑紫さんが披瀝される
守備範囲の広さというのは、この辺りにもあるんだなぁ、
と改めて感じさせられた。

当時の朝日ジャーナルの編集長時代に連載されて
反響を呼んだ「若者たちの神々」も後日単行本化されてから
読んだ。当時の若者の心をとらえた「神々」にインタビューを
重ねていく訳だが、時間のふるいにかけられて、今となっては
どんな活躍をしていた人なのか思い出せない方も多い。
逆に、今に至るまでしぶとく「神」であり続けられた人たちも
少なからずいることに、その慧眼ぶりを感じない訳にはいかない。

もう存在しないという喪失感はあとから効いてきそうだなぁ…
筑紫哲也さんのご冥福をお祈りいたします。
c0007388_7591750.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-11-08 07:58 | 時の移ろい | Comments(0)

ジャガイモの世界史@中公新書

ここ数日は北海道も連日の雨でしたが、本州では
洪水被害が頻発したようです。
被害に会われた方にはお見舞い申し上げます。

昔から集中豪雨はあったのですが、どうも近年のは
性格が異なっているような気がしてなりません。
適当な言葉が見つからないのですが、あえて言うなら
「突発的」「暴力的」という表現が近いのかもしれません。
先日の東京での下水道工事での突然の大水のような例です。

北海道では台風が直撃するなんてめったにありませんでした。
大抵は、接近とともに温帯低気圧化して、勢力も弱まり
大した被害もなかったのですが、近年は直撃したり、
勢力を保って接近する傾向にあります。
これまでの経験則では予測がつかず、被害が発生しがちです。
つまり、温帯での気象条件で経験的に蓄積した防災対策が
役に立たない恐れがあるのではないか、ということです。
むしろ亜熱帯化や熱帯化しているという意識に切り替える必要が
あるのではないでしょうか。
熱帯化への移行も地球温暖化の影響なのでしょうが…

さて、こんな記事を目にしました。

米農務省は28日、2008年の米国の農家所得が前年より
10・3%増加し、957億ドル(約10兆4000億円)と
過去最高になるとの見通しを発表した。
世界的な穀物価格高騰の「恩恵」を受けた形だ。
                  (以上、読売新聞より)

バイオ燃料ブームによるトウモロコシ等の穀物価格の上昇である
ことは明らかですが、お陰で日本では食品価格の値上げです。
もちろん、この一因は原油価格の上昇もありますが、世界中で
飢えている人が大勢いる中、地球温暖化阻止効果に賛否がある
バイオ燃料に食糧を投入する必要があるのか、疑問に思います。
食糧自給率40%以下の日本にいるからこそ、よけいそう思います。
一旦、世界的食糧危機が発生したらと想像するだに恐ろしいことです。

食糧危機といえば、有史以来何度も飢饉に見舞われている訳ですが、
その度に救荒作物として登場する有名な作物は「ジャガイモ」です。
c0007388_1131923.jpg

先日読んだ写真の本はジャガイモにまつわる様々なエピソードを
ランダムに紹介しつつ、史上果たした役割の重要さを
浮かび上がらせていく、興味深い本でした。
例えば、1991年ゴルバチョフ大統領時代のクーデター未遂にも
ジャガイモが関連していたり、チェ・ゲバラが捕らえられたのは
ジャガイモ畑だったなんてことも紹介されています。

結局、「貧者のパン」たるジャガイモが史実に登場するのは、
異常な時代、即ち庶民にとっては苦難の時代であったということです。
なにしろ、食糧の確保が難しいのですから、生きていくのがやっと、
という時代が庶民にとって良い時代な訳はありません。

今は温暖化にともない、従来の農業生産を持続できるのかどうか、
という難しい時代に突入していることは間違いないでしょう。
ひょとしたら、有史以来何度目かの「異常な時代」の到来がある、
のかもしれません(来て欲しくないけど…)。

その時は「ジャガイモだ」と私も思わなくもないのですが、
史実の救荒作物であった当時は「冷害」。
今直面しつつあるのは「温暖化(というより高温化)」。
元来冷涼を好む故、温暖化に直面して実力を発揮できるのか、
と一抹の疑問がわかない訳ではありません。 
そうしたらイモはイモでもサツマイモだったり、
タロイモだったりするのかな、とつい余計なことまで考えてしまいます。
[PR]
by capricciosam | 2008-08-30 12:05 | 読書 | Comments(0)