タグ:読書 ( 54 ) タグの人気記事

ダ・ヴィンチ・コード@角川文庫

多忙を極めた反動で、一日中読みふけっていました。
気分的にもリフレッシュすることを求めているんでしょう。
読了寸前に疲れて寝込んでしまい、こんな時間に更新する
ことになりましたが、おもしろかったので冷めないうちに、さっそく。

「この作品の最大の魅力は膨大な量の蘊蓄が満載されている」
ことである、と訳者が喝破されています。
しかし、その蘊蓄もニセモノが多いのでは私としては興ざめ
なのですが、各巻の本文直前に掲げられた次の文で質は
保証されるようです。

「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する
記述は、すべて事実に基づいている。」

すなわち、作者は事実を巧みに組み合わせて、小説=虚構を作り
あげた、ということになるのでしょう。
しかし、果たして虚構なのか、ひょっとして真実が含まれている
のでは、と思わせるくらいストーリーは実に良くできています。
それに比べ登場人物の造形はそれほどでもありません。

蘊蓄の最重要キーワードは、やはり「聖杯」につきるでしょう。
聖杯というと、私などはすぐに「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」
を連想してしまいます。(^^)
不思議な力のある聖なる杯、という訳です。
ところが、その意味するものがまったく異なる、という謎解きが、
ダ・ヴィンチの名画やキリスト教(カトリック)の確立と絡めて、
歴史の裏面史として綴られていきます。しかも、テンポよく。
これは、まったく知らなかったことなので、実に興味深かった。
そもそもの発端の二人に聖書的解釈を加えなければ、
それもありうるかもなー、と妙に感心してしまいました。
世界史で習った(はず!?)「ニケーア公会議」は、
重要な転換点だったんだ、と認識を新たにしています。
教科書で取り上げられる無味乾燥と思われたことも、
実に生き生きとしてきますから、不思議です。

先年公開された映画「パッション」にも通じる視点を感じますが、
こちらのほうが数段踏み込んだ解釈を展開しています。
世界中でベストセラーになって、キリスト教社会では物議を
醸したという話はうなずけますね。そのくらい既成の権威を
否定しかねない「過激」な側面を有しています。
さて5月に公開される映画は、どんな仕上がりでしょうか。
興味ありますね。
c0007388_4373685.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-03-26 04:44 | 読書 | Comments(4)

犯罪被害

慌ただしい日々に追われ、依然新聞も斜め読みでしたが、
ようやくちょっとだけ区切りがつきました。

気になったのは、「弁護人が法廷を欠席」したとの記事です。
「裁判で弁護人が欠席するなんて、あり?」
今日改めて読み直して事情がわかりました。

1999年に起きたこの事件は実にショックなものでした。
妻が強姦殺害され、幼子も殺された。
犯人は18歳であったため、少年法に阻まれてしまう。
一方的に理不尽な仕打ちを受けながら、犯罪に巻き込まれた
被害者側の権利が十分確保されていない、という矛盾が放置
されていることで世間の注目を浴びました。

その後神戸連続児童殺傷事件(1997)で殺された少年の
父親の著書も読みましたが、ここにも少年法の厚い壁と
被害者側の権利が十分保証されていない実態が
切々と訴えてありました。
低年齢の者だって凶悪犯罪を犯してしまう状況では
現行の刑法や少年法が十分機能していると言えるのか
疑問を感じ、犯罪被害者側のご主人の怒りには同情を
禁じ得ませんでした。

犯人の少年は裁判にかけられ、一審、二審とも無期懲役
という判決がでましたが、検察側が抗告し、最高裁判所で
再審が決まりました。
その最高裁の裁判の日に欠席した、というのです。
弁護人の欠席理由が、日弁連の裁判員制度の模擬裁判
リハーサルに重なった、準備不足ということらしいのですが、
素人から見てもとても欠席に相当する事由とは思えません。
弁護戦術としてこのような手法が許されるのか、どうかも
知りませんが、裁判の進行をいたずらに遅延する行為と
非難されても仕方ないでしょう。
事実、裁判長も「極めて遺憾」との声明を出されています。

最高裁は「出頭在廷命令」を出して来月には審理する
そうですが、弁護人の方はどんなお考えがあろうと、今度は
出廷して主張を展開されるべきだろう、と思います。

■本文中の下線部分がこちらです。胸打たれます。
c0007388_170483.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-03-18 17:04 | 時の移ろい | Comments(0)

武満徹没後10年によせて@東京オペラシティコンサートホール

今日は武満徹が亡くなって10年目にあたりますが、
ちょっと変わった体験をしたことを思い出しています。

亡くなって5年目の2月22日のことです。
この時東京に出張していて、偶然変わった演奏会に出会いました。
東京オペラシティコンサートホールを使った没後5年企画の一環で、
ちょうどその日は講演と演奏が組み合わされていました。
題して「音と言葉」
最初の講演は大江健三郎によるもので、1960年代に数年間
お互い近所で暮らしていた時があり、大雪のエピソードをイントロに、
武満の初演にほぼ立ち会いながら、演奏会後はすぐに帰宅して、
さきほどの作品をひとり振り返っていたこと、これを「独座観念」と
称していたこと、それは桜田門外の変で死亡した井伊直弼に
由来すること等が話されていきました。
話の展開はなかなかおもしろかったように記憶しているのですが、
次第に観念的、抽象的である部分が多くなるにつれ、頭がついて
いけなくなり、詳細まで記憶に残った訳ではありませんでした。
でも、その中で取り上げていた<elaboration>は心に残りました。

elaboration ①骨を折って作る、(完成への)苦心、丹精
          ②苦心の大作

つまり、武満徹ほど、その作品、思想、人間そのものを徹底して
エラボレイトして生きた人はいなかったし、その結果として
広く愛されながら決して通俗化せずに、社会的には独立している
生き方を貫けた、と大江氏は結論づけているのでした。

後日、本講演がまとまって雑誌「すばる」に掲載されているのを偶然見つけ、
さっそく買って読みましたが、印象としてはおおむね間違って
いなかったようで安心しました。
c0007388_2258182.jpg

後半、演奏されたのは「蝕(エクリプス)」「海へⅢ」「スタンザⅡ」
「そして、それが風であることを知った」の4曲でした。
「弦楽のためのレクイエム」のように、一聴してすぐに心が曲に
シンクロするがごときことはなく、実に淡々と終わってしまった、
という印象しかありません。
結局、後々「言葉」が記憶に残った不思議な「演奏会」でした。
c0007388_22575692.jpg


■当時命日に尾高忠明/新日本フィルがコンサートを開いていました。
 フルートにエミリー・バイノンが加わっていましたが、指揮者、
 ソリスト、演奏曲もよく見れば、2/24、25の札響 定期演奏会
 とほぼ同じ。当時聞けなかったので、チャンスかも。
[PR]
by capricciosam | 2006-02-20 23:27 | 音楽 | Comments(0)

老人と海@新潮文庫

カリブ海のバハマにあるホテルが火災にあった。
ヘミングウェイ博物館があり、ヘミングウェイ
ゆかりの写真や遺品も焼失した
ようです。

このニュースを見て、脳裏に一冊の本がよみがえり、
書棚の奥からその文庫本を引っ張り出してきました。
ヘミングウェイの「老人と海」。
青春時代に読んだ印象深い作品のうちのひとつです。
長編というより、中編程度のボリュームで、
ストーリーはご存じの方も多いと思うので、ご紹介は
文中の主人公サンチャゴの独白である

「おまえは84日の不漁を餌にして、その運を買おうとした。
相手もすんでのところで売ってくれるところだったじゃないか」
                    (新潮文庫 訳:福田恒存)

という凝縮された一文にとどめたいと思います。

私が読んだヘミングウェイの作品は、実はこれだけです。
というより、これ一冊でヘミングウェイという作家自体に
満足してしまった、という気持ちに陥いらせてくれた作品なのです。
ファーストチョイスがラストチョイスになってしまった訳ですから、
出会いというのは不思議なものです。
そのくらいこの作品はシンプルなシチュエーションの中で
自然と人間、老いと若さ、強さと弱さ、運命の皮肉、非情さを
見事に凝縮させていて、完成度の高い魅力あふれる名作です。
また、このハードボイルドタッチが、多分にその後の
私の読書傾向に影を落としているかもしれない、と
今さらながら思わぬでもないですね。
ヘミングウェイゆかりのホテルや遺品が失われたことは
本当に残念だと思いますが、この「老人と海」は
読み継がれていってどの世代においても感動を与えるのでしょう。

まったくの蛇足ですが、現在も新潮文庫で発売されています。
表紙は変わったようですが、現在の価格は420円でした。
ちなみに、引っ張り出してきた当時の文庫本(写真)は
30年以上前に発行されたもので定価100円でしたから、
ごく大雑把に言って、10年で100円ずつくらい値上がりしてきた、
という計算になるんでしょうか。
文庫本も小銭というよりも紙幣で買う、というイメージがここんとこ
ずっーとあったんですが、なんとなく納得できました。
c0007388_21543429.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-01-15 22:15 | 読書 | Comments(2)

生協の白石さん@講談社

話題の本です。
売切れで買い損なっていたのですが、
先日ようやく手に入れることができました。
さっそく電車の中で読み始めたのですが、
思わず頬をゆるませること度々でした。

組合員の要望や質問を書いた「ひとことカード」は
生協ではよく見かけますが、白石さんが勤務される
東京農工大学生協でもいろいろな声が届くようです。
でも中には、

「牛を置いて」
「愛は売っていないのですか」
「リュウとケンはどっちが強いんですか」
「単位がほしいです」etc

なんてのもあります。
まじめなのか、ふざけているのか判然としない組合員の
質問や要望に、一生懸命取組んで回答していらっしゃる
白石さんですが、白石さんのキャラクターの為せる
(と言ってもあまり作為は感じません)ワザのせいか、
まじめに、誠意を込めて取り組んでいるにもかかわらず、
その回答は微妙なズレというか、振れというか、ギャップというか、
回答はとにかく素直におかしいのです。
お笑いのパターンにもよくありそうですね。
当事者がまじめにやればやるほどトンチンカンになってきて、
端で見ているこちらが何故かおかしい、というアレです。
でもこの笑いはアハハという大笑いでも、
ましてやその様を嘲笑したものでもありません。
むしろ控え目です。
思わずクスッ、クスり程度です。
そして、笑いと同時にほんわかと和みます。
人間の生理として、この手のタッチは本来求めているもの
なのでしょうね。日溜まりの中で気持ち良くなって、
ついうとうとしてしまうような暖かさです。
世間ではいやなことが目に付きがちですが、こういう人が
大都会の一隅で一生懸命かつユーモアを持ってがんばっている
ことを知って嬉しくなりました。
今回は少々オーバーかもしれませんが、
ありふれた次の言葉で締めくくらせていただきます。
「世の中捨てたもんじゃない」

★生協の白石さんを一躍有名にし、白石さんの回答を次々と
 発信している公認?ブログはこちらです。

★アノ眞鍋かをりさんも取材のついでにお会いしたようです。
c0007388_22435197.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-12-15 22:46 | 読書 | Comments(2)

半落ち@文春文庫

記録的な暖かさがまだ続きそうですが、寒くなって慌てるよりは、
と思い立って、昨日冬タイヤへの交換を済ませました。
そのせいでもないのでしょうが、昨夜は早々と就寝したので
早朝更新です。

数年前、直木賞候補になりながら、小説の前提にクレームが
つけられて酷評されたことから、著者が直木賞決別宣言をして
話題になりました。それ以来気になる作品でしたが、映画も
観ていないので、この度文庫化されたことで読んでみました。

急性骨髄性白血病、アルツハイマー病、妻殺し、新宿歌舞伎町、
ドナー登録、幸若舞敦盛といったキーワードを散りばめながら、
殺人から自首するまでの2日間の犯人の行動の謎を解こう
とするものです。

犯人の口からはほとんど語らせずに、犯人が逮捕されてから
取り調べを受けて起訴、服役という一連の課程で関係する人間
の目を通じて、リレー式に話を紡いでいく構成は斬新でした。
これに「組織」対「人」、「組織」対「組織」の軋轢が加わって厚み
がつき、なかなか読ませます。最後に謎は解けたようにはなる
のですが、著者は犯人の口からはとうとう明確に語らせません。
限りなく強い推定で物語りは終わります。

犯人が警察という権力機構に「ホントにこんな善良な人がいられる
のか」と思わせるくらい現実味が薄いことと、「澄んだ目」としか
語られない造形の浅さからくる魅力のなさ、動機の解明がいまいち
隔靴掻痒気味な点は不満を覚えましたが、全体の構成力の確かさ
は著者の力量を感じさせるし、意外性もあり、推理小説、娯楽小説
としてもいい線を行っていると思いました。
それ故、ミステリーの設定そのものに難癖をつけられて、直木賞
受賞を逃したことも、委員の錯誤による疑いが強いため、なんとも
腑に落ちない話だなぁ、と改めて感じました。

余談ですが、

<人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻のごとくなり。
  一度生を受け、滅せぬもののあるべきか>

犯人が殺人後の2日間を強く黙秘する動機の象徴として使われる
「人間五十年」もシニア間近になると、それもあり得るなぁ、と共感を
覚えるものがあります。歳なんですねぇ。

★その難癖がどういうものか、はこちらをご覧ください。

★またこちらも参考になると思います。
c0007388_7155978.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-11-04 07:13 | 読書 | Comments(4)

ある閉店2005@大通り地区

16日に丸善札幌南一条店が現在地での営業を止めた。
(北海道新聞より)
三越のすぐとなりにあり、改築した際には一階が三越から
続いていて、変わったなぁ、と驚いたが、多少広くはなった
ものの、依然手狭な感は残った。
あまり立ち寄る書店ではなかったが、一番の思い出は
高校入学時に亡父に連れられて学参を買いに行ったことか。
あの頃はもっと地味で、アカデミックな印象が強かった。
これで向かいのPARCOにあった富貴堂も大分以前に閉店
したので、大通り・四丁目周辺から悉く大型書店が消えたようだ。
逆に札幌駅周辺には紀伊國屋書店、旭屋書店、三省堂書店が
集り、本を求める時は札幌駅周辺が便利になったことは間違いない。
とは言ってもプロ作家の目から見たらまだまだらしいのですが。
(2005/7/27の記事をご覧ください。)
札幌駅周辺と大通り・四丁目周辺という商業ゾーン間での客質や
客の流れにますます格差が生じていくのではないか、と思われる。

余談だが、PARCOの富貴堂は3年前に閉店したらしいことも、
つい最近最上階のレストラン街で食事して知ったことだ。
最近はやや郊外に位置する大型書店で十分間に合うため、
わざわざ混雑する中心部の書店へ出かけることもなくなっていた。
しかし、あまりの「浦島太郎」状態に我ながら呆れかえってしまった。
まあこの歳だからPARCOもとうに卒業したと考えても不思議では
ないのだが、これで書店もなくなったPARCOへ足を向けることは
まずない。
c0007388_22153437.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-10-17 22:18 | 読書 | Comments(3)

蝉しぐれ@映画

映画には文学作品が原作の場合もある。
この作品も原作は故藤沢周平氏の代表作として有名である。
原作の一節に、おふくの言葉でこうある。

「…きっとこういうふうに終わるのですね。
 この世に悔いを持たぬ人などいないでしょうから。…」

相思相愛でありながら理不尽な力で思いを成就できずに、
それぞれ青年として成長していく。その中での葛藤、苦悩、
挫折、それを乗り越える力強さを縦糸に、藩内の陰謀を
横糸に、この原作は見事なまでの清々しさと懐かしさで
描ききっている。

そういう意味ではこの作品は魅力的な反面、映画化の
ハードルは結構高くならざるを得ない。原作を超える感動を
与える作品を作り出す制作者の努力は大変なものがあるだろう。
その点、本作品は原作のあらすじを追いながらも、原作の
枝葉は適度に払って物語としてよく整理してあった、と思う。
特に、父の死体を乗せた荷車を引く文四郎が坂で立ち往生
していると、陽炎の中からふくが坂道を駆け下りてきて
助ける場面は、原作をうまくデフォルメして、二人の心の結び
つきを強く暗示させ、観客をよく引き込むことに成功している。
また、十代と成年になった文四郎とふくの役者たち4名も
健闘していた、と評価したい。私は市川染五郎も木村佳乃も
及第点だと思うのだが、いっしよに観たかみさんはTVドラマの
印象が良かったらしく、内野聖陽と水野真紀に抱いた好印象が
逆転するまではいかなかったようだ。
私はこのドラマは一度も観ていないのでなんとも言いようがないが、
そう言えば、原作以外にもテレビとの云々もあり得るんでしょうね。

しかし、こういう良い点はあるものの、何故か観終わった後には
仕上がり具合の印象がやや散漫な感じを受けるのが惜しまれる。
例えば、所々挿入される四季の風景は良いのだが、やや乱用
気味なことと、なかでも「海」のカットが違和感を与えるのだ。
江戸に発つ前に文四郎に会えなかったおふくや成人した文四郎
の背景に使われるだけに象徴的なものなのだろうが。
突如として原作でも描写の場面がない「海」が挿入されるが、
実に唐突な感じで、流れを止め、雰囲気的には異質な感じ。
原作の「海」坂藩にこだわりすぎたのか。
また、重要な脇役の逸平と与之助が少々すべり気味なのは残念。

とは言っても、デティールにこだわらなければ、原作を読む読まない
にかかわらず、それなりに楽しめる映画だと思いました。

写真は文庫版(文春文庫)
c0007388_18571293.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-10-01 19:16 | 映画 | Comments(5)

問題な日本語@大修館書店

◆ 「真っ退屈」!?治癒の道険し
 
 先週の木曜日にやった腰痛ですが、金曜日は休めない仕事が
 あったので出勤、おまけに残業。
 土日に休養をとればなんとかなると高を括って、とりあえず薬を
 飲んで、湿布して、ひたすらごろごろ寝ていた。要するに「安静」
 にしていた。
 怠惰な生活が招いたとは言え、天から与えられた休養、と都合
 良く解釈してはみたものの、いっこうに回復する兆しとてなく、
 回復の実感はせいぜい1割程度。
 それに薬もなくなってきたので、焦って病院へ。
 
 私「先生、依然不調です」
 医「まあ、数週間はかかるでしょうね」
 私「ほんとですかぁ!」
 医「まあ、痛い姿勢だけはとらないようにね
   ぼくもやっちゃってまだ痛いんだよ、痛っ!」 
 (ウソみたいですが、ホントの会話です)
 
 しかし、私の場合は腰をかがめることができないので、この段階
 ではまだ座ることもやっと。
 しょうがないので、またひたすら薬を飲んで、湿布して、腰痛体操
 に取り組んで、ひたすらごろごろ寝るばかり。
 ようやく、少し座っていられるようになって、これを書いています。
 ごろごろしていても退屈なので、退屈しのぎに買っては積んどいた
 本をまとめて読んでいました。ジャンルを問わない乱読です。
 
 「問題な日本語」も、その中の一冊。
 言葉は生き物、とはいうものの、時代に生きる人に使われるうちに、
 使われ方が変化している様は実に興味深い。
 その一例。
 その色の程度を強調する時に、「真」という接頭語をつけますが、
 思い当たる色と言えば、白黒赤青黄ぐらい。

 「真っ白」「真っ黒」「真っ赤」「真っ青」「真っ黄色」

 その他の色は日常では、まずお目にかからないはずなのですが、
 「真っ茶」なんて言い方も発生し始めたようです。
 本でも「茶髪」との関連を指摘していますが、私が思うにカテキン、
 缶茶ブームに見られる「お茶」への認識の高まりの延長上で
 「抹茶」という語調と結びついたものかなぁ、との感想を抱きました。
 この点はイラストでほのめかしてありましたが、共感を覚えました。
 
 その他にもいろいろあっておもしろいのですが、例えば「雰囲気」。
 これなんて読みますか?
 「ふんいき」ですよね、ところが、「ふいんき」と読む人が
 増えてきたのだそうです。
 本では、明らかな誤用としているものの「今後広く定着する可能性が
 全くないとは言い切れません」と指摘しています。
 「お騒がせ」を「おさがわせ」と言う例も同様のようです。
 でも「新しい」「山茶花」も「あらたしい」「さんざか」が本来のようなの
 に順序が入れ替わって、定着した例なのだそうです。
 これには正直ビックリしました。
 言葉は生きているんだなぁ、ということを改めて納得した一冊です。
c0007388_19111569.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-07-13 19:19 | 読書 | Comments(0)

人は仕事で磨かれる@文藝春秋

◆ 丹羽宇一郎氏の生き様に触れてみる

  盛り上がらない話続きでしたが、私的には嬉しいこともありました。
  葬儀も終えてほぼ落ち着いた頃、仕事を終えて帰宅したところ、
  怪しげな小包が自宅に届いていました。
  「エキサイトからだ、なんだろう」と訝りながら開けてみると、
  応募した本人も忘れていたプレゼント本でした。
  「やった」
  プレゼントの類は当たった試しがない私としては凄いこと。
  
  著者は現役の商事会社会長でこの6月には退任するそうですが、
  社長になってからの生き様は時々新聞やTVでも取り上げられて
  いて、常々興味をもっていました。
  中でも以前新聞に載っていた「ゴルフの本を100冊読んで
  シングルになった」という逸話は印象深いものでした。
  サラリーマンはせいぜい週一回ぐらいしかゴルフできないんだ
  から、筋肉よりも頭脳で覚えるしかない、そのためまず本を読む
  こと、読んで得たコツはラウンドで試して、うまくいったら頭脳に
  インプットする、というものでした。
  たいしたことではないようですが、ちょっとゴルフをかじった人には
  実践がいかに難しいものか、よく分かる話です。
  それでシングルプレーヤーとは凄いなぁ、というのが感想でした。

  さて、肝心の本ですが、さっそく読んでみました。
  ある仕事に取り組んでいれば、到達時間に個人差はあっても、
  その仕事のある一定の技量、地位といった「高み」には達する
  訳です。さて、その高みに達してからどのような行動をするか、
  で仕事を通じて獲得した人間性、人格の陶冶ぶりがうかがえる、
  と私は考えます。
  その点、著者には巨大な組織の頂点を極めながらも、現在の境遇
  を享受しておかなければ、という欲張った意識はなく、その境遇の
  終わった先に視線が向けられていて、むしろ「達観」の域にある
  ように思われました。
  それ故、社長、会長になってからも黒塗りの車を断って、東京近郊
  からの電車通勤を続け、自家用車は「カローラ」に乗り続ける。
  その信条は「社長を辞めたらタダの小父さん」という言葉に集約
  されているようでした。
  では、ビジネスには淡泊か、といったら、全然そうではなく、トップ
  としての果断な経営判断を次々に実行していく手腕には、
  「枯れた」印象は微塵もありません。
  身の処し方の清々しさが、濱の真砂ほどある凡庸な経営者像とは
  かけ離れた印象を与えているのでしょう。
  全編、著者の語りを文章化したようなスタイルで読みやすくなって
  います。
  単なる成功したトップの自慢話やビジネス書としてよりも、むしろ
  「いかに生きるべきか」「人生論」としての側面を強く感じる内容は
  期待に違わぬものでした。
c0007388_14572261.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-06-18 15:23 | 読書 | Comments(2)