タグ:読書 ( 54 ) タグの人気記事

さおだけ屋はなぜ潰れないのか@光文社新書

◆ 身近な疑問、そこには「本質」があるようだ

  遅々として進まぬ我が読書かな、との思いは変わらぬが、
  それでも一応去年以上の冊数はこなしたようだ。
  と言っても、まだヒトケタではねぇ…
  さあ、まだ半年以上ある、まだまだ読める

  最近読んだ本から
  山田真哉著「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」
c0007388_22342965.jpg
  
  気楽に手にとってはみたが、おもしろかった一冊。
  身近なエピソードをランダムに連ねる構成で、
  「会計」をわかりやすく解説していく。
  例えば、表題以外にも
   ・ベッドタウンに高級フランス料理点の謎
   ・完売したのに怒られた!
   ・あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?
  等の、「つかみ」で惹きつけるエピソードが並ぶ
  それぞれ、会計の基本的概念を事例に置き換えて
  おもしろく読み進むうちに、それなりに納得。
  著者は「会計はもっと身近なもの」で、「会計の本質は
  それほど難しくはない」との信念から、この書を成した
  ようだが、「会計の本質を大まかにつかむ」という所期
  の目標は達成したように思う。
    
  
[PR]
by capricciosam | 2005-05-11 22:49 | 読書 | Comments(2)

最終電車

◆ あ~あっ、出発しちゃったよ

  本屋に立ち寄って、雑誌や実用書をあれこれ買ってきた。
  その中に幸田真音さんの年金改革の話があった。
  シニアになると、年金も遠い話ではない、むしろ切実な話。
  年金改革も小手先の「いじり」ではもう立ちゆかない、
  それどころか破綻しかかっている、と言われて久しい。
  なにしろ、若年者が高齢者を支えるという仕組みが少子高齢化
  や出生率の低下で危機的状態に直面しているのだから。
  しかし、これはなにも日本だけの話ではないらしく、先進各国も
  この傾向は変わらないらしい。
  そこで、年金改革が成功するための目安がある訳だが、
  「その国の50歳以上の人口が有権者の50%を超えているか
  どうか」という点で、その時点を「ラストトレイン」と名付けている。
  年金改革成功のための最終電車の出発時刻という訳だが、
   イギリス            2040年  あと35年
   オランダ・スペイン      2025年  あと20年
   イタリア・デンマーク     2020年  あと15年
   アメリカ、ドイツ、フランス  2015年  あと10年
   スイス・フィンランド      2010年  あと5年
 
  さて、日本はいつなのか?と言えば、なんと、なんと
  2003年10月にすでに50%を超えてしまった、という
  ではないか。なんてこったい、と嘆息しても時の針を戻すことは
  不可能なこと。
  多少遅れても抜本的な改革をするしかもう手はないらしい。
  抜本的な改革で遅れた分を100%取り戻すことは無理としても、
  快速や特急並の効果で少しでも追いつけることを期待しよう。
  でも期待できるのか、正直、不安。
       
[PR]
by capricciosam | 2005-03-27 21:56 | 読書 | Comments(0)

あかね空@文春文庫

◆ なんとか読んだぞ!めざせ二桁

  年末に、一年を振り返って読書量が減ったことを嘆いてみたものの、
  嘆いたところで本が読める訳じゃなし、
  ましてや読んだ本が増える訳でもないのは当たり前のこと。
  それで、コツコツと取り組んでみた。
  少々、歩みは遅いが今日で3冊読了。
  やれば、やるもんだ、と感心。
  しかし、老眼になって焦点がジャストになりにくく、歯がゆさも少々。
  まあ、これはしかたないか。
  
  そのうちの一冊。
  山本一力著「あかね空」
 
c0007388_239685.jpg

  江戸の新兵衛長屋に京風のとうふ屋を開いた永吉と
  おふみ一家の二代に渡る商いに苦闘する様子を描いた
  サムライがただの一人も登場しない下町人情物語。
  時代ものはあまり手にしないのだが、これは読みやすく
  どっぷりつかって読んでしまった。いいねぇ、この感じ。
  夫婦愛、親子愛、兄弟愛。
  「愛」という言葉の本来もつ滋味に久しぶりに触れた充実感。
  そして安堵感。
  さすが、直木賞受賞作というところか。
  何年か前の受賞時に、作者がこの物語の舞台となった下町
  に住んでいて、奥さんと二人の子供達とともに発表会場に
  自転車でかけつける様子がドキュメントで放送されていて以来、
  興味があった作品でもあった。
  
[PR]
by capricciosam | 2005-01-30 23:23 | 読書 | Comments(0)

たったこれだけ

◆ 片手+1
  
  本は生活(というより人生)で欠かせないアイテムだ、
  と今でも思う。
  ちょっと自信がないのは、年々完読できた冊数が減って
  きているからだ。
  一年に読んだ本の数の記録をとりだして今年で8年。
  今年完読できたのは6冊だけ。
  しかも文学系はゼロ。ふーっ。
  この頃、実用的なもの、人生指南的なものに片寄っている。
  得した気分にはなるんだけれど、感動の持続時間が短い。
  
  年々歳々、心のみずみずしさを失っていくんだから、
  心にも「水」をあげて潤いを保ちたいものだ。
  上質なフィクションを読んで、どっぷり浸かった後って
  いいんだよなぁ。
  もうすぐ、新年。読書の量的かつ質的転換を図っていこう。

  「災」に象徴された今年もスマトラ沖地震でとどめをさされた。
  最後くらいは陽気に終わりたい。
  オ~レ、オ~レ、マツケンサンバ!
  今年の紅白の瞬間視聴率はマツケンサンバで決まり、かな?
  
  

  
[PR]
by capricciosam | 2004-12-31 23:10 | 読書 | Comments(0)