タグ:運動&健康 ( 42 ) タグの人気記事

第18回函館西部地区バル街@2012秋

金曜日、高速道路をひた走り、函館へ。
函館には他の目的もあったのですが、最大のものはコレ。

バル街とはなんぞや、参加の方法などは公式HPをご覧下さい。
函館西部地区バル街

当日は函館駅近くにホテルをとったので、まずはぶらぶら歩いて
十字街にある函館市地域交流まちづくりセンター1Fの「バル街i(アイ)」に。
ここで予約したチケットを受け取るのですが、入り口では「函館トリエンナーレ」の
オープニングイベントに出演されるお嬢さんたちが準備中です。
c0007388_2362721.jpg

中の受付の女性は全員浴衣姿。
残暑の中を歩いたので、涼やかさにホッとします。
c0007388_2371131.jpg

c0007388_2374862.jpg

バル街に参加するお店の数は69店。
なかには14時からオープンしているお店もあるので、入手したチケットで早々参加という
手もあるのでしょうが、なにせ初参加。
「あの店はここにある」という土地勘がありません。
その上、西部地区は坂の街としても有名です。
酔いが深まってから坂を登るのはキツイ。
まだ陽も高いし、好例の「振る舞いサービス」にも時間はたっぷりある。
と言うわけで、バル街地図片手にお目当ての店の下見にうろうろ歩くことに。
(昨日の記事の写真のうち日中のものはこの時撮ったものです)

そうこうしているうちに、陽も陰りだしてきたので、まず1軒目「久留葉」に入りました。
c0007388_239621.jpg

ミシュランガイドにビブグルマンとして紹介されたお蕎麦屋さん。
海苔の上にいぶりがっことクリームチーズの和えたピンチョーはいけました。
日本酒(花嵐)もおいしかったのですが、全体のボリュームはありません。
でも、口切りとしてはちょうど良い感じ。
立ち飲みでしたが、本来のお蕎麦も味わいたくなりました。

そして、向かったのはアクロス十字街前の「振る舞いサービス」。
大人気なので混雑必至。18時開始なので約40分前から並びました。
c0007388_23392458.jpg

c0007388_23405238.jpg

①パン+生ハム+赤ワインと②パン+クリームチーズ+白ワインの2種類ありますが、
先に①に並び、再び②に並ぶというのが、ベストのようです。
c0007388_23411630.jpg

c0007388_23415668.jpg

と、言うのは①で並んでいたら、隣りの若い女性2人連れが教えてくれました。
市内在住の彼女たちでさえ2回目とのこと。案外そんなものなんでしょうね。
①では先に彼女たちがサービスを受けたので、一旦別れたのですが、
①を終えて②に向かうと先ほどの彼女たちがすでに並んでいました。
「おじさん、こっち、こっち。」
と手招きしてくれて、またいっしょに並ぶことに。ありがたい!!
②を受け取って彼女たちとは別れましたが、振る舞いの前にすでに数軒行ってたらしく、
きっと精力的に楽しんだんでしょうね。

楽しみにしていた「振る舞いサービス」も無事受けられたところで、かなり日も傾きました。
気持ちもすっきりとして2軒目は出張バルの「友矢」へ。
バル街には市外のお店も参加しています。
青森市、弘前市、八雲町、江差町、上ノ国町からですが、「友矢」は上ノ国町のお店。
c0007388_23523079.jpg

紅ズワイ蟹、鰊の甘露煮、ふきの煮物に日本酒(久保田)をいただきました。
パックに入っているのはいささか味気ないのですが、ボリュームはあります。

外に出ると、もうすっかり日は暮れてしまいました。
3軒目は西波止場2Fに一日限りオープンの「杉の子」へ。
c0007388_021259.jpg

昔何回かお邪魔してウィスキーを楽しんだので、もちろんモヒートを頂く。
2種類あったけれど、どちらも飲んだことないので、ママさんのお薦めをいただく。
おいしいピンチョスとともに港の灯りを眺めながらいただくのも乙なモノですが、
やはり柳小路のお店でいただきたく、その旨ママさんに伝えて辞することに。
ちなみに、ここで隣り合ったおじさん二人連れは毎回参加の市民の方。
「いや~、うらやましい」声に出して言ってしまいました(我ながらはしたない、反省)。

酔いも徐々にまわってきて、少し地に足が着かなくなり始めた気配を感じます。
ここまでは坂を下って平坦な道だったのですが、ここから一転坂を登りはじめます。
(おいおい、さっきの下見はなんだったんだよー)

4軒目は函館の超老舗である「五島軒本店」へ。
ここではビッグバンドによるライブ演奏とワインショップ提供のワインを楽しみました。
ピンチョーはともかく、ワインはおいしかったなぁ~
c0007388_0264588.jpg

c0007388_0272051.jpg

バンド「VEST」の演奏もなかなかで、曲に合わせて思い思いにダンスを楽しんでいらっしゃいます。
五島軒のピンチョーが食べられず、ちょっと残念でしたが、「王朝の間」の雰囲気を楽しみました。
c0007388_0295840.jpg


5軒目は二十間坂を少し登って「カフェやまじょう」へ。
20時過ぎに着いたのですが、お目当てのライブまでは約1時間。
しかたないので、向かいの歩道から立って店内を眺めることに。
この段階で席に余裕があったものの、20分もするとやや怪しくなってきたので入店。
c0007388_0394470.jpg

ここでやっとビール(サッポロクラシック)をいただく。
ピンチョスは特にナスがおいしく、ボリュームもあります。
ライブの前には市内にお住まいの同年代ご夫婦とお隣りになりました。
お二人とも札幌出身で、別れ際御主人が「今度会ったらウィンクしてよ」と言われました。
マズイ時は右でしたっけ?それとも左?

9時前には店内の通路に臨時席も作ってすし詰め状態。
そして、9時にはえびちゃんによる電気ウクレレライブが始まった。
c0007388_047915.jpg

オリジナル曲を除けば、すごく古い歌中心。
「オッペケペー節」「月光値千金」ですからね。
お客も「オッペケペー、オッペケペー、オッペケペッポ、ペッポッポー」なんて歌ってました(笑)
歌っているえびちゃんを見ているうちに、「誰かに似ているなぁ~」と考えていたら、
「そうだ、太った◎◎慎吾だ!!」と思い至り、隣の若い女性にお話したらとてもうけてくれました。
そうです、港町にお住まいで、小生とほぼ同じケータイをお持ちのあなたですよ(笑)

ライブも終わり、「カフェやまじょう」を出ると、夜の冷気がちょうど酔い、もとい、良い。
これでチケット一冊を使い果たしたのでホテルへ帰るだけなんですが、
もう1軒行ける時のために、当日券を一枚追加購入しておいたのです。
めったに来れないんですからね。

それで、今度は坂を一気に下って6軒目「Bar Time」へ。
22時頃なので、参加店の多くが閉店してもおかしくない時刻なのですが、
ここは24時までなのでこれから混むのでしょう。
入店まで少し待って、店内へ。
c0007388_1142396.jpg

ベルギービールのホワイトをいただきましたが、おいしかったですね。
隣り合った2人連れの女性には同じくベルギービールのチェリーを味見させて
いただきました。ありがとうございます。チェリーを飲んでいた方は日吉町の方だったな、確か。
ピンチョスもおいしく、締めは「生チョコ」でした。

ここを出て、十字街の電停目指して歩きます。
でも、待ってる列を見て諦め、酔いの勢いで市電通り沿いに歩いてホテルへ。

結局、ひたすら歩きまわり、座ったのは5軒目だけ。ここ以外は全部立ち飲み。
楽しいけれど、やはり体力が必要ですね。
それに、今回は一人だったのですが、見知らぬ方たちと楽しくお話しさせていただき、
おじさんとしては嬉しい限りでした。
その人たちには、きっとまた参加します、と酔った勢いで言ってたと思うのですが、
嘘ではなく、機会があれば、ぜひまた地図を片手に参加したいと思っています。
実に楽しいイベントでした。
c0007388_22524445.jpg

<9.11追記>
寝ぼけ眼で書いたので、抜け落ちたり、誤記のところを追加、訂正しました。

[PR]
by capricciosam | 2012-09-10 22:04 | 時の移ろい | Comments(0)

某所てくてく

夜来の雨が今日になっても一日中続きそうな日曜日の朝。
「なんだ、朝から雨かい‥」
普段ならぐちっぽい感想のひとつも出そうなところですが、今朝はほっとしています。
このしっとり感が疲れた身体にはやさしいんですね。
えーえー、ホント、これが良いんですね。

実は、金曜日に休暇をとって一泊二日でミニ旅行をしてきました。
以前、東京へ旅した時の記事のタイトルを「東京てくてく」とつけたことがありますが、
今回の旅も、目的地へ着いてからの歩いた距離が普段の倍以上でしたから、
「某所てくてく」とつけても間違いないところです。
本編の記事と某所がどこか、それは次の記事で書くことにして、
まずはてくてく歩いて撮った写真をご覧下さい。
c0007388_730220.jpg

c0007388_7352465.jpg

c0007388_7355699.jpg

c0007388_7365588.jpg

c0007388_7373896.jpg

[PR]
by capricciosam | 2012-09-09 07:34 | 時の移ろい | Comments(0)

居酒屋で健康十訓に出くわす

「9月だっていうのに、この猛暑はどうなっているんだろう!?」
なんて日中ぼやいてたら、夜の帳が降りた街を吹く風の冷たいこと。
「おーっ、急に秋が来た!」
体調管理が難しいぞ、こりゃぁ‥

ところで、先日の飲み会で入った居酒屋のトイレには
「健康十訓」なるものが貼ってありました。
c0007388_23174239.jpg

一、少肉多菜
二、少塩多酢
三、少糖多果
四、少食多噛
五、少衣多浴
六、少言多行
七、少欲多施
八、少憂多眠
九、少車多歩
十、少憤多笑

健康につながる栄養、運動、精神に関する「心がけたい」ことが
少◎多◎の定型にコンパクトにまとめられているな、と感心しました。
場所が場所だけに、ハッと我にかえる客も多いでしょうね(笑)
小生は初めてだったので印象に残りました。
それで、帰宅してからググッてみると、結構有名なんですね。
江戸時代中頃の俳人横井也有が書いたものだそうです。
現代でも十分通用します。
[PR]
by capricciosam | 2010-09-07 23:18 | 時の移ろい | Comments(0)

2月初めての散歩

オリンピックもそろそろ後半ですね。
早いものです。

昨日のカーリング女子の英国戦はたまたま見ていたのですが、
スキップ目黒さんの勝負を決めた一投は、鳥肌モノでした。
最終エンドを待たずして英国チームにギブアップさせたのですからね。
カーリングの醍醐味というか、凄味を見た思いでした。

今朝目にしたのはラージヒルのメダル獲得ならずという報道。
「やはり、なぁ‥」
結果論として言うべきではないとは思うのですが、
報道先行で「メダル」「メダル」と騒ぎすぎの不安が的中した感じです。

古くは札幌オリンピックのノーマルヒル。
近年では長野オリンピックの団体戦。
と、日の丸飛行隊の活躍があっただけにメダルへの期待が高くなるのは
やむを得ないことです。しかし、今回のノーマルヒルは大失速。
ラージヒルも予選で1位、2位とは言っても、ワールドカップ上位10人を
除いている訳ですから、単純に考えても実力ではメダル圏内という訳ではないはず。
それに、かつて勢いのあった頃の日の丸飛行隊のように
ワールドカップでコンスタントに上位に食い込んでいる訳でもない。
素人でも「騒ぎすぎ」「過剰な期待」じゃないのか、と心配でした。

その上、放送では「まだ、団体戦があります。」なんて言葉がアナか解説者から
聞えてきましたが、今日のラージヒル決勝の1回目では4人飛んで2人が
2回目に進めないという有様では、負け惜しみ的で、選手への過剰な負担にしか
聞えませんでした。
<追記2.24>
団体戦は5位でした。健闘しました。


もう世界の上位に食い込む層の厚みが不足している、という現実を
直視すべき時なのではないでしょうか。
もちろん、何度もオリンピックを戦ったベテランの経験とワザというのも大事ですが、
競技人口という背景も考えなければならないことは承知しつつも、
若い力の台頭を期待していくべきなのではないか、と考えます。

さて、オリンピック観戦ばかりでカウチポテト状態になっているため、
久しぶりにカミサンと散歩です。
これが今月初なのですから、さぼりすぎ。
今日は青空が広がり、風もなくホントに気持ち良い。
陽射しもかなり明るくなりました。
それにともない、暖かさも少し加わってきたような感じで、
雪の表面が溶けてザクザク感が出てきました。
これは、雪解けの時に見られる現象ですから、
「春近しだなぁ~」
とは、言っても3月中旬頃までは油断ができないんですけれどね。
c0007388_2093239.jpg

<追記>
佐々木譲さんの直木賞受賞式が先日行われたようです。
当夜の2次会に集った作家仲間たちとの関係について、
佐々木譲さんばかりでなく、志水辰夫さんも書かれていらっしゃいます。
驚いたのは、記事がほぼ同様の感想を吐露されている内容だったことです。
しみじみとした良い関係を築かれていることがわかります。
どちらも拙ブログのリンクしているページからご覧になれます。

[PR]
by capricciosam | 2010-02-21 21:05 | 時の移ろい | Comments(2)

おめでとうございます@2010

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

新年開始の記事は晦日から元旦にかけてのアレコレなのですが、
外出は買い物ぐらいで、ほぼ家の中で過ごしていました。
年々出不精気味です、ハイ。

大晦日は陽の高いうちから一杯やっていたので、
暗くなると眠気が断続的に襲ってきてTVもまともに観てられません。
N響の第九は、あっさりとした印象でした。
合唱の若い歌声に相変わらずの良さを感じつつも、
マズアさんの指揮は実に淡々としていて、
冷静な歓喜とでもいうべき印象が残りました。

紅白歌合戦は永ちゃんが出場するというので観たかったのですが、
寝入ってしまい、気がつけばオオトリの「まつり」が始まっていました。
「ありゃりゃ!?」
しょうがないので、YouTubeにさっそくアップされたもので鑑賞。
ところが、ここでビックリ。
大好きな「時間よ止まれ」でしたが、歌詞が2ヶ所間違っていましたね。
あの永ちゃんでも、歌詞を忘れるほどの高ぶりがあったということなんでしょうか。
ちょっと信じがたいのですが、
そう言えば、中島みゆきさんも歌詞を1ヶ所まちがえたしなぁ…
紅白というステージのもつ魔力なんでしょうか。
c0007388_8375219.jpg

さて、今日はなんと言っても「箱根駅伝」
もうスタートしていますが、注目は、やはり5区の東洋大柏原選手の走りです。
今年も山登りの神童ぶりをみせてくれるのでしょうか。
さぁ、観なくっちゃ。

<追記1.2>
7位で襷(たすき)を受けると、序盤で6人抜いてトップに。
それからは2位以下をグングン離す力走で、
ゴールしてみれば2位との差は3分36秒。
しかも、区間新記録ですから、驚異の一語に尽きます。
昨年以上の差ですから、東洋大の連覇が現実のものになりそうですね。


<追記1.3>
6区で2位との差が2分50秒と縮まったのを見終えて、初詣へ。
今日は昨日と一転無風の穏やかな初詣日和。
暖気のため、境内もまるで春先のように雪が溶けています。
c0007388_15442029.jpg

車中ラジオで中継を聴いていたのですが、初詣の間は中断。
車に戻って、再び中継を聴いたら、もう9区。
9区を終えて5分以上の差で10区ですから、この時点でぶっちぎりの優勝を確信。
案の定総合優勝でした。
柏原選手次第なんでしょうが、東洋大はあと2年は万全かな。

[PR]
by capricciosam | 2010-01-02 08:42 | 時の移ろい | Comments(4)

秋深し

CS第2ステージに一喜一憂していたら先週もあっという間に過ぎました。

第1試合での奇跡的な逆転満塁ホームラン。
昨日の岩隈の失投を見逃さなかったホームラン。
スレッジは要所で助っ人らしい見事な一振りでした。
やはり短期勝負には「ヒーロー」が出てこないと勝てません。
日本シリーズでは誰がヒーローとなるのか。
楽しみです。

試合終了後の野村監督の胴上げには楽天の選手に
日本ハムの選手も加わって、老将の引退に花を添えるシーンがありました。
ノーサイドらしい、良い場面でした。
特にファンという訳でもないのですが、来シーズン野村監督のボヤキが
聞けなくなると思うと、物足りなさを感じることになりそうです。

野村監督の言葉から。
「お前、クビになって悔しかっただろ。
じゃあ見返してやれよ。心が変われば成績も変わる」
(他球団をクビになって入団してくる選手に最初にかける言葉)

週末は久しぶりの好天続きでしたから、
CS観戦の合間には、散歩したり、また遠出してパークゴルフをしていました。
散歩をしていると、ほとんど落葉してしまった木も目立ちました。
紅葉も進み、着実に秋が深まり、冬が近づいているんですね。
c0007388_23162980.jpg

ところで、
「秋深し 隣は何を 食う人ぞ」
こんな句があったように記憶しているのですが、
パークゴルフの帰りには、久しぶりに「たい焼き」を食べました。
製餡会社の直営店ですが、開店したばかりらしく、店内は混雑していて15分くらい待ちました。
出来たてはパリパリの皮とあんこがおいしかった(^^)
c0007388_23133386.jpg

<追記10.26>
直営店ですが、リンクしたHPでは住所が見つけづらくなっています。
千歳市住吉1丁目。インディアン水車のあるサーモン橋のたもとです。
(凝りすぎて肝心の情報が奥底にしまわれてしまうのはいただけない…)

[PR]
by capricciosam | 2009-10-25 23:29 | 時の移ろい | Comments(2)

体育の日らしく

この歳まで生きてくると、
「祝日!?そういえば何の日だっけ?」
程度で、あまり意味や意義を気にしなくなってきました。
子供の頃は、大人がよく覚えているのをスゴイナーと思っていましたが、
いざ、その立場になっちゃうと実にいい加減なもんで、
スイマセンてな気分です、ハイ。

それに、言い訳するつもりでもないのですが、特に
「海の日」、「敬老の日」、「体育の日」が日にちを固定しなくなってから
この傾向にますます拍車がかかったようで、これらの日は
「あっ、連休だ」
程度になってきちゃいました。

従来の「体育の日」は、確か、東京オリンピック開会式の日を
記念していたはずですよね。
当時は、戦後の復興を象徴するアジア初のオリンピックとして、
国中が沸き立ったそうです。
でも、今回の東京の立候補では国内にそんな気分があったようにも
感じませんでした。それに「どうして2回目なのか?」に応えるべき
理由がイマイチわかりづらかったですね。

むしろ、リオの勝利の要因のひとつに南米初、ということが
挙げられていたことからすれば、先日、被爆地である広島市、長崎市が
平和の祭典にふさわしいとして共同で立候補しましたが、
国民向けにはよっぽど説得力があるのかもしれません。

ちょっと脱線してきましたが、なんと言っても「体育の日」ですから、
日頃の運動不足解消にパーク・ゴルフをしてきました。
専用スティック1本とボール1個があれば手軽に遊べる運動なので、
道内では多くのコースが作られています。
c0007388_2127193.jpg

今日はちょいとドライブをしてN町の公園に隣接するコースへ。
c0007388_21273798.jpg

このコースは初めてでしたが、よく整備されています。
それに、コースがなかなかトリッキーで楽しく遊べました。
ショートホールでは久しぶりにホールインワンを達成して気分を良くしたものの、
その後OBしたりして、出入りがそれなりにあったため、スコア的には「…」な感じでした。

終えてから、その町の道の駅へ。
やはり「味覚の秋」らしく、地場産の野菜等を求める大勢の人で
直売所はにぎわっていました。
ぶらぶらしているうちに日も傾いてきたので帰宅しましたが、
久しぶりの「運動」でした。
(そんな大層な…、しかし、絶対量は明らかに不足だなぁ…)
c0007388_21281099.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-10-12 21:35 | 時の移ろい | Comments(0)

秋雨

晴れたり曇ったりと天気が定まらないのが、
秋らしいと言えば秋らしいのですが…

日の長さも短くなり、最近は暗くなってから家路につきます。
「一月前頃なら、きれいな夕日が見れたのになぁ…」
晴れた日の日中なんて、室内だったら夏スタイルでもまだ十分。
でも、窓を開けると、冷たい風が吹きこみ、長時間は開けておけません。
やはり、大気は確実に冷えていますね。

先日ホームセンターへ行ったら、出入り口に冬囲い用の荒縄が
ドーンと積んであり、のんびりしている自分に対して催促された
ような気がしてきました。
でも、まだやらないんだよなぁ…

今日は散歩していたら途中で雨に降られ、近くの図書館で雨宿り。
ソファーに座って雑誌を読んでいたら、睡魔に襲われ寝てしまいました。
少し熟睡したようで、目が覚めたら少しスッキリ。
でも、窓から外を眺めてみても雨は小降りになった程度でしたので、
あきらめて濡れながら帰ってきました。
やはり、秋は天気の急変に備えて帽子や傘が必要ですね。
[PR]
by capricciosam | 2009-10-04 23:12 | 時の移ろい | Comments(0)

花開く季節の到来

今年は暦どおりのGW。
民族の大移動にも加わらず、近所への買い物とカミサンと散歩する程度の
骨休め主体の「単なる連休」に徹していました。

今年は天候にも恵まれて、「風薫る5月」といきたいところですが、
そこは北国、やはり、ちと早いかな。
なにしろ、木々の芽もようやく芽吹き出し始めたばかり。
まだまだ、緑が足りません。
一方で、北海道の5月は花たちが一斉に開花する時。
冬のモノトーンも捨てがたいのですが、やはり色彩豊かな景色は格別。
散歩していても、ほんとに楽しい季節になってきました。
c0007388_23384063.jpg

c0007388_2339672.jpg

c0007388_23432813.jpg

c0007388_2347243.jpg

最後の一枚は歩道の舗装の隙間に咲いていたパンジー(ビオラ?)。
種でもとんだのでしょうか。実にけなげなもんです。
c0007388_23402427.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-05-05 23:48 | 時の移ろい | Comments(0)

クロッカス咲く

快晴の一日。

カミサンはあまり体調が良くない日が続いているのですが、
今日はなんとか大丈夫だったので、久しぶりに二人で散歩しました。
いつものコースはまだ残雪で歩きにくそうだったので、
近所のスーパーまで買い物も兼ねた散歩にしました。

さすが融雪が早かったせいか、歩くこと自体は快適なのですが、
風はまだ少々冷たい。
ちょっと身体も冷えた頃、母のところで一休み。
お茶していたら、いつのまにか軽く一眠り。
「アレレ…」
この頃、時々睡魔の急襲があります。
春眠なんたら、なのでしょうか。
c0007388_22243856.jpg

散歩の途中で見つけたクロッカス。
この春見つけた一番目の花です。
日当たりの良いところは、やはり早いなぁ~。
[PR]
by capricciosam | 2009-03-28 22:26 | 時の移ろい | Comments(0)