タグ:CD&レコード ( 147 ) タグの人気記事

アマでもできた

■ 「すごいこと」

  合唱指揮者の関屋晋さんが亡くなられた。
  惜しくも実演には接したことはないのだが、あるCDとの出会い
  が、お名前を知るきっかけだった。
  小澤征爾氏がベルリン・フィルの定期演奏会で指揮した時に、
  関屋氏の率いる合唱団(なんと、アマチュア!)が参加して
  大成功を納めたのだが、そのとき実演し、録音したCDが
  オルフの「カルミナ・ブラーナ」で、私としても初のオルフ体験
  だったが、これは大いにうけた。
  出だしの「おお、フォルトナ」のノリの良さ。
  ロックコンサートにも使われるというのが、よくわかる。
  なんでも、このコンサートはベルリン・フィルにもうけたらしく、
  「いつでも戻って来て、ベルリンで演奏会をしてください。
  うちの定期でやります。」というくらい歓迎されたらしい。
  なんと画期的なことか!
  これが1988年のこと。
  それから10年後に関屋氏は「コーラスは楽しい」(岩波新書)
  という、氏の人生そのものズバリのような本をだされた。
  その第6章には「ベルリンでカルミナ・ブラーナを歌う」として、
  当時の様子が描かれている。まさしく、興奮と感激の連続だった
  ようで、氏と合唱団員にとっても忘れられない一時となったことが
  わかる。
  本文中でも触れられているが、翌年もジルヴェスター・コンサート
  によばれてベルリンを再訪しているのだが、一回目はベルリンの
  壁があったのに、翌年いったらもう壁に穴があいていたそうです。
  歴史的にも大きなターニング・ポイントのあたりでした。
  関屋氏は本の中でこうも書かれています。
  「音楽に限らず、日本の文化のあり方の問題点と思うのは、
  ごく限られた専門家というか、エリートをつくるのに熱心で、
  広がりについて無関心だということです。広がりがなくては、
  頂点の高さも本物ではない。」
 
  「合唱の楽しみ方は人それぞれ、いろいろなかたちがあるのです」
  いまさらながらですが、私も肩肘張らずに楽しんでみたいと考え
  ます、それが少しでも「広がり」につながると信じてですが。
c0007388_23153099.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-04-11 22:23 | 音楽 | Comments(5)

偶然なんだけれど

■ 第九に関する2題

  最近入手したCDでおもしろかったのが、ワーグナー編による
  ベートーヴェンの第九。
  オーケストラ曲をピアノ一台で演奏してしまおう、というもので、
  ピアノは小川典子が達者に弾いて、なかなかな聞き応えがある。
  しかも、第四楽章はソリストとBCJが共演して、これもさすがの
  歌声を聴かせている。しかし、BCJはうまいなぁ~。
  今朝、聴き終えて感心していたところに届いたのが、第九演奏会
  の合唱団員募集の案内。
  ありゃ、偶然にしてはできすぎ。
  仕事の都合で練習にはあまり参加できないんだけれど、
  その分、今秋の演奏会目指して、自主トレを開始せねば。
  生きとし生けるものが活性化する「春」が始まる。 
c0007388_11584682.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-03-26 12:06 | 音楽 | Comments(0)

二人のシーズン

■ 何十年前なのかな

  TVからなつかしいポップスが聞こえてきた。
  ビートに吐息がからむ妖しい雰囲気。
  メロディ主体の当時でもこの曲は異色だった。
  妙に大人っぽさを感じ、まだ多感な年頃にさしかかった
  身としては、おおっぴらに聴くには少々気恥ずかしい
  思いがあったことを思い出す。
  
  でも、どうして今頃?
  画面に視線を移して、それが日産自動車のTIDAという
  新型車のCMに使われていることがわかった。
  大人の上質感を訴えたいようだが、いいものは時代を
  超えてよみがえる、ということか。
    
  まあ、メロディもなくリズムを強調した上に強引に歌詞を
  のせた歌が、あとうん十年もたってから、どれくらい利用
  されるのか、なつメロ世代としては少々疑問なのだが、
  そのときはまた感性が大きく変化しているのかな。
  でも、想像したくないな、
  やっぱりメロディがないとなぁ。
[PR]
by capricciosam | 2005-01-18 00:23 | 音楽 | Comments(0)

編曲の妙

◆ 探していた一枚を入手した。

  実演で接して、おもしろい編曲だなぁ、と感心したのが、
  シチェドリン編曲によるビゼーの「カルメン」。
  管楽器のパートを打楽器で代わりに演奏してしまう、という
  おもしろい曲で、途中「アルルの女」のメロディがあらわれたり、
  自在な編曲の妙が楽しめる。
  今回は実演で聴いた岩城宏之/オーケストラ・アンサンブル金沢の
  CDをようやく手に入れることができた。もう10年以上前に発売
  されたものながら、聴いていると、実演当日の様子がまざまざ
  と目に浮かぶ。
  このときのアンコールも不思議なもので、岩城氏と打楽器奏者
  だけで、自らの身体を手でたたいて、アンサンブルを披露する
  というもので、これも楽しめるものだった。
  さすが、元打楽器奏者だった岩城氏の面目躍如といったとこか。
  
c0007388_031023.jpg

[PR]
by capricciosam | 2004-12-11 12:16 | 音楽 | Comments(0)

日本語で「だいく」

◆ 一昨日の続き
 
 購入したCDにはベートーヴェンの交響曲第九番もあった。
 俗に「だいく」というだけで通じてしまう曲である。
 12月には全国各地で何回くらい演奏されるんでしょうね。
 日本の季節とともに定着したクラシックはこれくらいか。
 同曲異演はいろいろ聴いたが、第四楽章の「歓喜の歌」を
 日本語で歌ったCDは、初めてであった。
 そもそも日本語バージョンがあることすら知らなかったから、
 好奇心丸出しで聴いてみた。
 有名な合唱の出だしの「フロイデ」が、「愛」に置き換えられて
 のっけから、驚き。
 聴き通していくと、やはり日本語としてメロディにのりづらい
 感じもあったり、二重フーガでは聴きづらかったり、と違和感
 がないわけではないが、なかなかうまくまとまっているなぁ~、
 というのが、印象として残った。
 そうだなぁ、歌の意味も通じたら、聴く方だってもっと共感できて、
感動も増すかもなぁ、と思わぬでもない、とても刺激的な一枚。
 ちなみに訳は、なかにし礼氏。
c0007388_10303552.jpg

[PR]
by capricciosam | 2004-12-08 00:14 | 音楽 | Comments(0)

ゴジラ、ゴジラ

◆ 昨日の続き
 
 音盤屋さんで買ったCDの中に発売されたばかりの
 伊福部昭の作品を集めたものがある。
 有名な人なんだけれど、音盤はようやく一枚、しかも
 コンピレーションなので、もっと作品を聴きたかった。
 ところで、このCDはこれまでの「日本作曲選集」の中では、
 最大のヒットになるのでは。
 そのわけは、なんと言っても「SF交響ファンタジー第一番」。
 あの不気味な、不安をかきたてられる出だしの次は、
 「ゴジラ、ゴジラ(と、聞こえてしょうがない)…」
 あっ、懐かし~い!ゴジラの音楽だ。
 子供の頃、夢中になってスクリーンを観ていたことを
 思い出すなぁ~。
 怪獣映画の音楽で一番日本人になじんでいるはず。
 演奏はロシアのオケなのだが、どうして洗練された響きで
 あのテーマ(なんのテーマだ!?)を奏でてくれます。
 しかも、力強く。
 う~ん、やっぱり、ゴジラの音楽はいいなぁ。
 他の作品もまさしく「土俗的」雰囲気に満ち、興味深い。
 伊福部昭の才能の一端にふれられるこのCDはお買い得。   
c0007388_032326.jpg

[PR]
by capricciosam | 2004-12-07 00:10 | 音楽 | Comments(0)

よみがえるBJ

◆ 昨日音盤屋さんへ行った。
 
 予約したCDに数点プラスして、ふとひらめいてJAZZコーナーへ。
 「そういえばボブ・ジエームスって、このコーナーでいいんだよな」
 と、心のうちでつぶやいて、目はBを追っていると、
 おっと、ありました。懐かしいアルバムの数々が。
 初期のOne、Two、THREE、BJ4の4枚も復刻されている。
 レーベルはCTIではなくTappanZeeなのは了解するが、
 しかし、高い。4枚買ったら予算オーバーは明らか。
 一応全部調べてはみるものの、輸入盤もやや安い程度では
 あきらめるか、と思ったら、最後に驚愕の一枚が!
 なんと4枚まとめた2CDで、しかも単品アルバムより安い!
 レーベルは聞いたことがないが、大丈夫だろうか。
 少々不安を抱きながらも買ってみる。
 帰宅して聴いてみると、デジタル処理されていて、音も明瞭。
 怪しい海賊版でなかったのは一安心。
 と、言うわけで、昨日から繰り返し聴くこと、聴くこと。

Night On Bald Mountain
Feel Like Making Love
Take Me To The Mardi Gras
Farandole
  etc
 
 クラシックの名曲をアレンジしたもの、ポップスをアレンジしたもの… 
 どれも、うん十年ぶりに聴く懐かしい曲ばかり。
 今の彼がどんな音づくりをしているか、もう関心はないが、
 この頃のBJはsophisticatedな音づくりをし、つくづくうまかった。
 
 
c0007388_0331159.jpg

[PR]
by capricciosam | 2004-12-05 20:48 | 音楽 | Comments(0)