タグ:CD&レコード ( 147 ) タグの人気記事

気に入った一枚①

先日の飲み会で聴いた話ですが、4月中旬に結婚式を挙げたんだけれど、
その時も外は真っ白だった、なんて年も過去にはあったようですから、
4月でも雪が降るのは、そう珍しいことではないのかもしれません。
でも、今朝起きたら窓に拡がる一面の雪には、さすがにうんざり感がこみ上げました。
それにしても、ここまでしつこいと、ね。
今年の冬将軍の未練たらしいことといったら、ありゃしない。
どうやら、タイヤ交換はしばらく待ったほうがよさそうですね。

昨日、久しぶりにCDを何枚か買ったのですが、店舗がリニューアルされていて、
従来2フロアで営業していたのが、1フロアに集約されていました。
以前の状態では、行くたびに陳列がスカスカしていくような感じで、
CD不況だなんて話を実感しているような気がしてちょいとさびしかったのですが、
ちょっと窮屈な感じでも、にぎわいが戻ったような感じで、これもまた良しですね。
c0007388_1772874.jpg

そのうちの一枚が写真のCD。
シベリウスのヴァイオリン協奏曲。
独奏はイダ・ヘンデル。
廉価版として再発売されたのですが、シベリウスが生前彼女の演奏を絶賛した
というだけになかなか充実した演奏です。
彼女が52歳の時の録音で、脂がのってる時期なんでしょうね。
実は彼女の演奏にkitaraで接したことが一回あります。
c0007388_17822.jpg

演奏されたのはブラームスのヴァイオリン協奏曲でしたが、この時すでに75歳!!
しかし、ステージでの立ち姿同様の堂々とした見事な演奏を展開したことに、
演奏そのものよりも、驚いたという感情のほうが残っています。
生きていれば今年89歳ですが、まだ演奏活動を続けていらっしゃるのでしょうか。
<蛇足>
タイトルにとりあえず①と入れましたが、またご紹介することがあるかもしれないので、
とりあえずナンバリングしておくか、という程度で、連続紹介する予定はありません。
<蛇足2>
桜前線も着実に北上しているようで、東京の桜の満開が報道されていますね。
北海道への上陸は例年ならGW前頃でしょうか。
と言うわけで、このバナーともおつきあいください。
ハナサケニッポン

[PR]
by capricciosam | 2012-04-08 17:15 | 音楽 | Comments(0)

節分も過ぎましたね

節分の日ですが、豆もまかずにポリポリ食べてしまった‥
もうこの歳になると、実にいい加減なものです、ハイ。
でも、年齢の数だけ食べた訳ではありませんよ、誤解のないように。
(加齢してくるにつれ、歳の数だけ豆を食べるなんて、迷惑至極です)

「2月に入ったな。あっ、ブログ更新してないなぁ‥」

ええ、決して忘れてはいなのですが、これがなんとも、ええ‥
気持ちはあれど、PC前に座ることなくだらだらと過ごしていました。
そろそろ、書く気力も失せたのかって!?
いやいや、そうではないんですが、たまたま、だらだらと。
いけませんね、日常に完全に流されている。反省。

ところで、依然寒い日が続きます。
今年は北極の寒気の勢力が強く、日本にも強く張り出しているようで、
2月もこの寒気が続きそうだなんて予報を聞いて、
やれやれ、な気分です。

この土日は久しぶりに晴れ渡り、降った雪もお日様に当たると、
すぐに溶けてしまいます。
陽射しは確実に、力強さを増してきているんですね。
それに、午後5時頃になってもまだ夜の帳は降りかけぐらいで、
11月、12月に比べたら、随分日中も長くなってきました。

そうだなぁ、と感心していたら、急に、昔、道内のローカルラジオ放送で
斉藤聖峰さんという占い師の方が、「節分過ぎれば、陽はまた昇る」と
力強い口調でよく言っていたことを、ふっと思い出しました。
まぁ、単なる歳時記的なことだけではなく、励ましもこめていたのでしょうが、
なんとなく、春が近づくと、そんな気分にもなるのかもしれませんね。

この記事を書きながら聴いているのは写真のCD。
深夜に聴くバッハの管弦楽組曲も乙なものですが、
古楽故に、なおそういう雰囲気を醸し出しているのかもしれませんね。
c0007388_053943.jpg

[PR]
by capricciosam | 2012-02-05 23:56 | 時の移ろい | Comments(2)

冷え込んでる

連休もいろいろやっていたら、記事を更新することなく過ぎてしまいました。
今日は仕事も一区切りついたので、割合早めに職場を退出したものの、
横なぐりの風雪に帰宅は散々でした。

「道内は11日朝、大陸から強い寒気が入り放射冷却も加わった影響で、
十勝管内陸別町で氷点下24・8度を観測するなど厳しい冷え込みとなった。
札幌管区気象台によると、12日朝にかけて、冷え込みはさらに強まる見通し。」
(以上、北海道新聞1/11付けより引用)

連休は比較的穏やかでしたが、昨日午後あたりから冷え込みが強まってきた
感じだったのですが、明朝まで続くようですね。
小生には、依然本来の冷え込みがきているようには感じられないのですが、
昨年12月から大雪に見舞われたり、冷え込んだりで、確か、秋の予報では
暖冬なんて言葉をみたようにも記憶しているのですが‥
まぁ、あくまでも予報ですからね。
c0007388_22292613.jpg

ところで、この記事を書きながら聴いているのは写真のCD。
カラヤンといっしょに写っているのは、先日82歳で亡くなられた
ピアニストのアレクシス・ワイセンベルクさん。
写真のCDは初期の頃の盤で、チャイコフスキーとラフマニノフの有名協奏曲を
はじめてCDで聴いた思い出の一枚です。
それから、相当昔になりますが、サントリーウィスキーのCMに出演されていた
ことを記憶されている方はどれだけいるでしょうね。
最近消息を聞かないと思ったら、30年もの長期に渡ってパーキンソン病による
闘病生活を送られていたんですね。合掌。
[PR]
by capricciosam | 2012-01-11 22:30 | 時の移ろい | Comments(2)

おめでとうございます@2012

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

3日も日が暮れました。
雪の少ない、穏やかな年末年始でした。

大晦日は、TVで懐かしい歌謡曲を。
ムード歌謡のコーラスグループもかなり高齢なのでしょうが、
懐かしさと作品の持つ力で楽しみながら聴いていました。
続いて、スクロヴァチェフスキ指揮N響の第九を聴きました。
面白かったのは、ソリストの立ち位置。
よく見るのはセンター周辺だと思うのですが、今回はステージ下手弦楽器後ろに固まって。
昨年のリリング指揮N響の第九では指揮者横の上手に固まってでしたから、
面白いパターンを2年連続会場で鑑賞された方も少なからずいらっしゃったのでしょうね。
そのままクラシックハイライツを見ているうちにウトウトしたようで、
気がつけばジルベスター・コンサートの中継時間に。
ボレロでカウントダウンは曲が終わって数秒の間が(汗)
聖響さん、焦っただろうな。
ライブですからね、ドンマイ、ドンマイ。
併せて、携帯でツイートを時々やってみました(笑)

2日、3日は、やはり「箱根駅伝」
昨日の往路5区で新「山の神」柏原竜二選手が見事な走りを見せ、
自己が持つ区間記録を大幅に短縮する見事な走りでラスト・イヤーを飾りました。
もうあの走りが見られないのは残念ですが、実業団でもガンバッテくれるでしょう。
往路で2位早稲田大に5分の差をつけていたので、復路は東洋大によほどの
アクシデントがない限り勝利するだろうなと思って見ていましたが、
総合優勝だけでなく、大会記録を大幅に短縮する偉業を成し遂げたことは驚きでした。

この偉業の一因として、解説では昨年の21秒差で早稲田大に敗れて2位になった
ことが取り上げられていました。
つまり、10区10人で走るんだから、一人が2秒ずつ自己の記録を
短縮していたら早稲田大に負けることはなかったんじゃないか、と敗因を分析。
箱根駅伝が終わった翌日の1月4日から練習に取り組んだ、というのです。
確かに、机上ではそうなるかもしれませんが、実際の走りで結果を残すのは
並大抵のことではないはず。
それだけ東洋大のみなさんは努力したということなんでしょうね。
アッパレだ!!

これを書きながら聴いているのは写真のCD(今年の初聴きです、ハイ)。
「マイ・フェア・レディ」の曲を小粋にスイング。
今じゃ大指揮者然としていますが、若きし日のアンドレ・プレヴィンさんのピアノがオシャレ。
c0007388_1656599.jpg

[PR]
by capricciosam | 2012-01-03 16:58 | 時の移ろい | Comments(0)

つぶやき復活

また更新の間隔が長くなってしまいました。
一応年末モードなので、単なる疲れだけでなく、酒池におぼれることも少なからずあり、
なかなか儘にならないものです。

そんな中、隣国の独裁者が急死したようですが、
民が飢えに苦しむことがないような政治が樹立されることを祈るばかりです。
でも、こんな世間の大事件よりも、小生的には「つぶろぐ」サービス終了が正直痛かった。
あ~ぁ、小市民で、ごめんなさい。

やはり、記事と称する駄文を書こうとしたら、それなりにまとまった時間が必要なのですが、
それでも少しは触れておきたいこともあったりします。
そんなとき、短時間で書き上げられる「つぶやき」を残しておけるブログサービスが「つぶろぐ」
だったので、記事更新がおっくうな時は、一日一つぶやき程度で使っていました。
Twitterが流行するのと前後して始まったように記憶しているのですが、
なかなか重宝していました。
しかし、しょせん一ブログサービス内のことなので、Twitterより拡がりがなかったのは
やむを得ないところでしょうか。

それでも来年1月末まで使えそうなので、引き続きつぶやいてみたのですが、
全然反映されず、強引に割り込まれた「サービス停止のお知らせ」が居座り続けるばかり。
次第に、このままじゃつぶやけないし、ストレスたまるよ、あかんなぁ‥、という気持ちになり、
つぶろぐを外して、ついにTwitterを始めてみました。

Twitterは引退後のはずだったのですが、背に腹は代えられません。
それから、平日の日中は仕事しているのでツイートはしませんし、
確認メールが届いておらず不完全なままのため、
当面はブログ内に表示するつぶやき程度でしかできそうもありません。
それに、つぶやくたびに下に拡がっているのも、なんとかしたいのですが、
設置したばかりでうまく調整できません。ハァ~
<12.31追記>
確認メールも届き、ブログパーツも変更しました。
携帯によるツイートも可能になりました。

こんなことを書きながら聴いているのは写真のCD。
クリスマス由来の曲も古今東西、いろいろありますが、
チャイコフスキーの「くるみ割り人形」も有名ですね。
作品としてのバレエは観たことはないのですが、普段は作曲者自身がチョイスした
演奏会用組曲でもっぱら楽しんでいます。
デュトワ/モントリオール響の重さを感じさせない、流れるがごとき演奏は
バレエにうってつけかもしれません。
c0007388_23274613.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-12-25 23:19 | 時の移ろい | Comments(0)

年末進行中です

バタバタと過ごしていたら12月も中旬に突入しました。
ですが、いまだ年賀状の準備もしておりません(汗)

週初めの大荒れの天気が一段落したと思ったら、しばれが強い日が続いています。
強い寒気の影響なのでしょうが、短期間に極端にふれる天気は体調を崩す元。
年末で、なにかと気ぜわしいのに風邪をひく余裕はありません。
体調管理には気をつけたいものです。

12/8は70年前に真珠湾攻撃のあった日。
日本人なら歴史上忘れてはいけない日なのですが、
今年は同日にダルビッシュがポスティングシステムによるメジャー移籍を宣言したので
なんと言ってもこのニュースが大きく扱われましたね。
昨年の岩隈投手のように、例えポスティングがあっても、不調に終わる可能性もあるので
予断を許さないというところではないでしょうか。
まして、ポスティングが締め切られていない今日現在では、
ダルが来年、太平洋のどっち側で投げているのか不明ですね。
とは言え、賽は投げられました。
(そう言えば、今年は一度もダルの投げる試合をみていなかったなぁ‥)

翌9日はちょいと早めの忘年会。
余興のビンゴゲームは振いませんでしたが、まあ楽しく夜も更けましたから良しですね。
写真のちかのフライの甘酢かけはおいしかったな。
c0007388_2211179.jpg


昨日、今日と穏やかな日が続きましたが、ヒマさえあれば昼寝ばかり。
やはり、疲れがたまっていますね。
合間に音楽をノンジャンルでいろいろ聴いていました。
写真はそのうちの一枚。
パユ&オーストラリア室内管のヴィヴァルデイのフルート協奏曲。
c0007388_23155039.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-12-11 22:51 | 時の移ろい | Comments(0)

ファイターズのチャリティCD

9月23日からの3日間は札幌ドームでファイターズが試合を行いました。
その中でちょっとした趣向があったことは、先日の記事でご紹介したとおりです。

「今回は東日本大震災復興チャリティとして、スタジアムご来場のファンの方々と
ファイターズ選手一同が、北海道を象徴・代表する歌である松山千春さんの
「大空と大地の中で」を歌い、チャリティCDとして販売するという、
これまでにないファンと選手による共同企画を実施いたします。
北海道道民の心を被災地へ義援金という形で届けます。」
(以上、北海道日本ハムファイターズHPより引用)

あれから発売を楽しみにしていたのですが、ついに手に入れました。
c0007388_21415681.jpg

構成はCD+DVD(選手のみなさんの収録の様子)で、
CDは選手がリレーしながら収録した分と後半にファンが参加した分です。

さっそくメイキングDVDから見ました。
選手の皆さんは収録は結構真剣なんだけれど、やはり楽しそうに歌われています。
見ているこちらも、なんだか楽しくなってきます。
次に、CDをメイキングの映像を思い浮かべながら聴きました。
選手のみなさんだけでも結構いけましたが、やはり1日だけでしたが
収録に立ち会った身としては、ファンの歌声が重なってくる2曲目が感動的。
年甲斐もなく何故か胸がジーンとしてきます。
原曲の良さももちろんあるのでしょうが、大勢が心ひとつに歌っている事実にも
心動かれるものがあるのじゃないかな、とつい思ってしまいます。
そして、選手でただ一人代表してメッセージを書いているのは石井裕也選手。
聴力障害のある彼にも参加する「場」を用意した配慮にアッパレです。
再びジーンです。

これは良い企画でしたね、ホントそう思います。
一時の熱は冷めてしまいがちですが、時間が経っても被災地を支援する姿勢を持続し、
しかもファンを巻き込んで実現した今回の企画は見事です。
CS開始前のタイミングでの発売でしたが、「梨」が去ったら、「栗」が来る気配濃厚であったり、
ダルは海を渡るらしいとの噂が喧しい限りですが、
選手のみなさんは雑音に惑わされずに、まずはCSをガンバッテもらいたいものです。
ガンバレ!ファイターズ!!
[PR]
by capricciosam | 2011-10-19 22:01 | 時の移ろい | Comments(0)

初夏を感じて

高速無料化も本日限りでしたね。
どこかに出かけてもよかったのでしょうが、
取り立ててプランもなく、結局、カミサンの買い物につきあった程度。

福井投手(広島)、澤村投手(巨人)が勝ちました。
ドラフト一位の両名がホームグラウンドで勝利したのですから、喜びも一入でしょう。
佑ちゃんも復帰間近のようですが、二軍での成績は相変わらず失点が目立ちます。
一抹の不安がありますが、ガンバッテもらいたいものです。
そう言えば、大石投手(西武)はどうしたのかな。
開幕前の評価が高かっただけに、気になります。

今日は、今シーズン初めて半袖短パンで過ごせました。
陽射しも湿気もそれ程きつくもなく、穏やかな休日でした。
庭のバラも蕾が膨らみ、開花しそうな気配です。
今週、好天が続けば、開花してくれるかな。
c0007388_032322.jpg

書きながら聴いてるのが、写真のCD。
代表曲の「ウォーターメロン・マン」とは「すいか売り」のことらしい。
アチラのすいかは球形というより、ラグビーボールというか俵型のような形じゃなかったかな?
そう言えば店頭ですいかも目立つようになりました。
夏至も近いし、やっぱり初夏だな。
[PR]
by capricciosam | 2011-06-19 23:59 | 時の移ろい | Comments(2)

小粋なアンコール

なんとなく蒸し暑い一日でしたが、風が吹くとやや肌寒いという
なんとも中途半端な天気でした。
そんな日でしたが、おばの見舞いに出かけた以外は家にいました。

午後には札響定期もあることは知っていました。
2年前に安永さん、市野さんと札響が共演した時に聴いた
ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲が取り上げられていたので、
かなり関心は高かったのですが、ソリストの一人S・ナカリャコフが
来日を中止したことと、代演の福田さんの腕前は前回で堪能していたので
結局、今回はパスしました。
欧州ツアー後行われた札響の帰国記念演奏会も評判は良かったようですから、
ツアーの疲れが出ていない限り、充実した演奏会になる可能性はあったんじゃないかな、
と勝手に想像していました。

ところで、今夜、札響HPを覗いてびっくり。
もう一人のソリストの小曽根真さんのアンコール曲が掲載されていましたが、
さすがジャズ演奏家です、選曲がジャズとはねぇ!?
ジャズとクラシックを自在に行き来される小曽根さんらしい。
こういう趣向は好きですね。

「10日が Ray Bryant(レイ・ブライアント)  "Cubano Chant"(クパノ・チャント)
11日が Bill Evans(ピル・エヴァンス) "Waltz for Debby"(ワルツ・フォー・デビー)」
(以上、札響HPより引用)

一日目は先日亡くなったレイ・ブライアントに関連したな、とはわかるものの、
二日目はどんな関連なのか、想像もつきません。
今更ながらですが、モダンジャズの名曲だけに生で聴きたかったなぁ‥なんてね。
c0007388_2331252.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-06-11 23:07 | 時の移ろい | Comments(0)

GWも半ば過ぎ

早くも帰宅ラッシュですか。
今日は一日中雨。しかも肌寒いので暖房をいれる始末。
確かに昨年のように好天に恵まれるGWもない訳ではなかったのですが、
今年は雨が多く、しかも寒い。
TVを見ていたら、札幌の桜の名所円山公園で雨中に花見を決行している人たちが!?
桜の開花もイマイチなのに、風邪引いちゃうよ。
今年は行楽しずらいGWですね。
実際、今日は雨に雪が混じったのには、軽~く驚きました。
もういい加減に天気も安定して五月晴れが続いてもらいたいものです。
そして、花見の節にはハナサケで。

ハナサケニッポン


そんな訳で一日中家でゴロゴロ。
朝食後は窓打つ雨音を耳にしながらカミサンとジュリー・ロンドンを聴いているうちに
居間でゴロ寝をしてしまいました。
どうやら、彼女のけだるい歌声が睡魔を呼んだようです。

午後はPCの周辺機器の設置をして、読書、時々野球中継。
武田勝は好投が報われず残念。
完投して勝てないなんてなぁ‥

夜お風呂に入って、スッキリしたところでようやく記事を更新です。
これを書きながら聴いているのは写真のCD。
キース・ジャレットの「ザ・ケルン・コンサート」
一応JAZZに分類されるのでしょうが、そんな色分けを無意味に感じる。
ソロピアノによるすぐれた即興演奏に耳を傾けることの至福。
もう何をか言わんや、です。
c0007388_23544187.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-05-04 23:52 | 時の移ろい | Comments(0)