札幌交響楽団第611回定期演奏会@Kitara_2018

【プログラム】

1 ヴォーン=ウィリアムズ タリスの主題による幻想曲
2 エルガー チェロ協奏曲ホ短調(ヴィオラ版)
3 ウォルトン 交響曲第1番変ロ長調

指揮:尾高忠明
ソロ:今井信子(2)

《開演前のツィート》
Kitaraなう。台風から温帯低気圧に変わって風は強いものの晴れてきました。
まもなく、尾高忠明指揮札幌交響楽団第611回定期演奏会昼公演がはじまります。
夜公演が絶賛状態のためとても楽しみ。
(ちなみに今日はレナード・バーンスタインの生誕百年の日。おめでとう、レニー!)

《終演後のツィート》
札響定期昼公演終演。Vウィリアムでの弦の艶やかさよ。
エルガーでは今井信子さんのヴィオラの端正かつ芯のある響に魅了される。
ウォルトンではギアを上げた尾高名誉監督に札響の全パートが食らいつき
一糸乱れぬ壮絶な演奏が展開される。夜公演の絶賛は真なり。
尾高&札響&英国作品は聞き応えあり。
c0007388_19244005.jpg

[PR]
by capricciosam | 2018-08-25 23:18 | 音楽 | Comments(0)


<< 志の輔らくご#14昼の部@富良... 山下達郎PERFORMANCE... >>