2011年 11月 27日 ( 1 )

ポインセチア・タワー

昨日の記事で更新をさぼりまくっていることを白状したところですが、
改めてこの頃書いた記事を読み返したんですが、話題もやや固定気味。
日常のちょっとしたことが少ない。
もっとも、この辺はtwitterをやっていない身として、ブログのおまけの「最近のつぶやき」には
ほぼ毎日つぶやいてはいるのですが‥
にしても少ないなぁ‥

そんな訳で、本日のちょっとした事など。
今日は一日中雨がしとしと降っているような11月にしては暖かい天気でした。
午前中はカミサンの買い物につきあって、スーパーとドラッグストアへ。
日配品やら雑貨やらを久しぶりにまとめ買い。

お昼を食べたら、休憩もそこそこに札幌花卉卸売市場へ。
毎年恒例の即売会は大賑わいですが、小生としては
この時期どうしても欲しくなるのが、真っ赤なポインセチア。
クリスマスのシンボルカラーとしては赤と緑でしょうか。
だとしたら、まさしくこの花(正確には萼)と葉の色そのものです。
自分の中でこの花を冬と結びつけて意識するようになったのはいつ頃からなのか、
ちょっと思い出せないんですが、今じゃこの花を我が家に迎えることが
冬に向けた準備のひとつになったかのようです。

会場には赤のポインセチアを基調に、ピンクや黄色のポインセチアも混ぜて
4mぐらいの高さのポインセチアだけのタワーが作られていて、見事でした。
c0007388_23424869.jpg

夕食を食べてからは、録画しておいた2番組を観ました。
「高中正義@日比谷野外音楽堂」は40th anniversaryということでしたが、
スーパーギターぶりは健在で嬉しくなりました。
「BLUE LAGOON」「Ready To Fly」では会場もノリノリの様子。
わかるなぁ~
アンコールにウクレレを弾き、「あ~ぁ、やんなっちゃった」を。アハハ。

続いて「9月21日のN響定期公演」を。
シューベルトとブルックナーの、ともに7番。
ヘルベルト・ブロムシュテットさんは、とても84歳とは思えない指揮ぶりで、
N響もライブ録音できたんじゃないか、と思える程の充実した演奏を展開していました。
これをサントリーホールで聴くことが出来た方は幸せだっただろうな。
ですが、画面で見ると空席が目立ちます。せいぜい2~3割程度の入りでしょうか。
N響定期は一度潜り込んだことがありますが、こんな入りの訳がない。
実は、当日は台風直撃による大荒れの天気だったからなんですね。
これを聞き逃した会員の方はくやしいだろうな。
[PR]
by capricciosam | 2011-11-27 23:43 | 時の移ろい | Comments(2)