人気ブログランキング |

2018年 06月 17日 ( 1 )

ロシア・ナショナル管弦楽団@Kitara_2018

【プログラム】

1 グラズノフ 組曲「中世」前奏曲
2 チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調
3 ストラヴィンスキー バレエ組曲「火の鳥」(1945年版)

指揮:ミハイル・プレトニョフ
ソロ:反田恭平

《開演前ツイート》
Kitaraなう。どんよりした雲と涼しい風。Kitaraの隣の広場では
昨日まで行われたさっぽろ祭りの出店が後片付けの最中です。
まもなくミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団の
札幌公演がはじまります。楽しみ。

《終演後ツイート》
ロシア・ナショナル管弦楽団札幌公演終演。
例えばカスチェイ王の魔の踊りでの管弦一体となった迫力は流石だが、
増強された弦楽パート(全て奇数)の割にはむしろ繊細な感じ。
プレトニョフさんの意向か。
反田恭平さんのチャイコ1番は力強いタッチで会場大受けだったが、
オケそっちのけのような印象も。
c0007388_16515556.jpg

by capricciosam | 2018-06-17 23:44 | 音楽 | Comments(0)