<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

松任谷由実TIME MACHINE TOUR@北海きたえーる_2018

《開演前ツイート》
北海きたえーるなう。きたえーるは2016年の小田和正さんライブ以来2度目。
外は雪が降ってますが、館内は快適(^ ^)
座席に用意されたフラッシュライトも装着。
まもなく松任谷由実TIME MACHINE TOUR@札幌2日目がはじまります。
初ユーミン、楽しみ。

《終演後ツイート》
松任谷由実札幌2日目終演。知ってる曲は少なかったが、ステージ、炎、照明、
フラッシュライト、シルク・ド・ソレイユばりのダンサー等の演出が多彩で
飽くことなく時間が経った。全27曲で構成された45年分の音楽ライブというより
ユーミン自身が言うように見事な「ショー」だった。クセになるかも。

会場から「ユーミン、結婚記念日おめでとう!」の声をかけてたが、
聞こえないのかスルーしていましたね。

今回はカミさんのリクエストで初めて出かけました。
ショーとしての作り込みが半端じゃないのに圧倒されました。
〉曲と自分の過去がシンクロ
わかりますねー。

最後の「ひこうき雲」は余韻が残って、上手い配置だなぁ〜と感心していました。
c0007388_12290120.jpg


[PR]
by capricciosam | 2018-11-29 23:28 | 音楽 | Comments(0)

安永徹&市野あゆみ@Kitara_2018

【プログラム】

1 ブラームス ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第1番ト長調「雨の歌」
2 ブラームス ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第2番イ長調
3 ブラームス ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第3番ニ短調

vn:安永徹
p:市野あゆみ

《開演前ツイート》
Kitaraなう。一年前の今日は大雪に見舞われた札幌ですが、
依然初雪も降っていません。長〜い秋ですね。
ヴァイオリンの安永徹さんは一時演奏活動を中断されていましたが、
再開されました。まもなく安永徹&市野あゆみブラームス/ピアノと
ヴァイオリンのための全曲演奏会がはじまります。楽しみ。

《終演後ツイート》
安永徹&市野あゆみ演奏会終演。慎重な第1番、より快活になった第2番を経て
今夜の白眉は休憩後の第3番。安永さんと市野さんの丁々発止のやりとりに
息を飲んで聴きいった。拍手が鳴り止まない。
「ブラームスを終えた後は大変」とアンコールは歌曲ばかり3作品。
安永徹さんとご夫妻デュオの復活が何より 。
c0007388_16482776.jpg

 

[PR]
by capricciosam | 2018-11-17 23:35 | 音楽 | Comments(0)

ザ・ベスト・セレクション@名古屋市美術館_2018

《鑑賞後ツイート》
名古屋市美術館「ザ・ベスト・セレクション」鑑賞だん。
開館30周年を記念して所蔵品の中から展示している。
モディリアーニ《おさげ髪の少女》がお目当てだったのでこれだけで満足だったが、
私的には未知の作家が多い割には思い入れの篭った解説とともに刺激的で
楽しいひと時を過ごすことができた。
c0007388_22031053.jpg

[PR]
by capricciosam | 2018-11-11 22:11 | 展覧会 | Comments(0)

サンクトペテルブルク・フィル響@豊田市コンサートホール_2018

【プログラム】

1 シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
e パガニーニ Nel cor piu non mi sento よりテーマ
2 ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調
e チャイコフスキー 「くるみ割り人形」よりトレパック

指揮者:ニコライ・アレクセーエフ
ソロ:庄司紗矢香(1+e)

《開演前ツイート》
豊田市コンサートホールなう。テミルカーノフも80歳だけにチャンスは少ない
と選んだが、まさかの指揮者変更。
かつて経験したことはあるが、来日直前は初めて。
期待と不安が半々。まもなくニコライ・アレクセーエフ指揮
サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団演奏会がはじまります。
ドキドキ。

《終演後ツイート》
サンクトペテルブルク・フィル豊田公演終演。
庄司さんのシベリウスは熱情がほとばしり圧巻。
協奏曲では遠慮がちな指揮のように見えたアレクセーエフだが
ラフマニノフでは楽章を追うごとに指揮も熱を帯び、
コントラバス10!のオケも重量級の音のうねりを展開し大団円。
満腹。ホールが大いに湧いた。
c0007388_22013019.jpg

[PR]
by capricciosam | 2018-11-10 22:03 | 音楽 | Comments(0)