人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マリアの賛歌/バッハ・コレギウム・ジャパン@Kitara_2019

【プログラム】
1 J.S.バッハ プレリュード、トリオとフーガ ハ長調
2 J.S.バッハ カンタータ第147番「心と口と行いと生活が」
3 ブクスフーデ 第1旋法によるマニフィカト
4 J.S.バッハ マニフィカト ニ長調

指揮:鈴木優人
ソロ:松井亜希、クリスティン・ウィットマー、テリー・ウェイ
   櫻田亮、加来徹、鈴木雅明(オルガン)
  ジャン=フランソワ・マドゥフ(トランペット)

《開演前ツイート》
Kitaraなう。時折雨がぱらつく札幌。
まもなく鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)札幌公演が
はじまります。BCJは「マタイ受難曲」以来。楽しみ。

《終演後ツイート》 
BCJ札幌公演終演。鈴木雅明さんの巧みなオルガン独奏で開演。
父子の役割を交換して初めての演奏会らしいが、鈴木優人さんの指揮は
実に堂に行ったもの。有名なBWV147はじめBCJの声楽とオケが演奏する時に
立ち現れるバッハの素敵なことは比類がない。
バッハを聴く愉悦に浸る至福のひと時だった。
c0007388_13410003.jpg


by capricciosam | 2019-05-29 23:50 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第619回定期演奏会@Kitara_2019

【プログラム】

1 ドビュッシー(ビュッセル編)小組曲
2 プーランク 2台のピアノのための協奏曲
3 ベルリオーズ 幻想交響曲

指揮:マティアス・バーメルト
ソロ:児玉麻里&児玉桃

《開演前ツイート》
Kitaraなう。五月晴れの札幌。首席指揮者バーメルトが今シーズン定期に
設定したテーマにバーメルト自身が回答する第1回目。
まもなく第619回札幌交響楽団定期演奏会がはじまります。楽しみ。

《終演後ツイート》
札響定期昼公演終演。バーメルト自身の回答は小粋なドビュッシー。
プーランクでは楽章ごとの変化を児玉姉妹と札響が巧みに表現し飽きさせない。
世俗的な幻想演奏と一線を画すベルリオーズは繊細かつ禁欲的に進むが、
断頭台以降はバーメルトが札響のエネルギーを解放し大団円。
新鮮。舌を巻く上手さ。

プーランクを終えて拍手に応える児玉姉妹。
アンコール演奏はスタッフには予定外らしく、ステマネ氏が慌てて
片方のピアノからイスを運んでくる。始まったのが4手でフォーレだよ。
堪らんなぁ〜(^_^)v
お二人、明日は横浜だ。みなとみらいホールの皆様、お楽しみに〜!
c0007388_13402453.jpg
 

by capricciosam | 2019-05-18 23:43 | 音楽 | Comments(0)