タグ:サプライズ ( 75 ) タグの人気記事

プチ

■ サプライズ
  
  今日、先日出産したばかりの姪からFAXが届いた。
  お祝いのお礼だったが、いっしょに赤ちゃんの写真が
  ついていた。
  しっかりカメラ目線の彼(男の子)はなかなか
  目鼻立ちが整っていて、イイ感じ。
  姪も母親稼業に追われることになるんだろうけれど、
  ぜひ、このやりがいのある稼業に精を出してもらいたい
  と、心からエールを送る。
  なにしろ、かみさんの実家を初めてたずねた時は
  まだ幼児で、背中でおんぶしたりなんかしてなぁ。
  その彼女がもう母親なんだからなぁ。
  はぁ~、なんか、ためいきしかでてこないなぁ。
  光陰矢の如し、か。
  少年老いやすく学成り難し、か。
  ふぅ~。
by capricciosam | 2005-01-24 23:05 | 時の移ろい | Comments(0)

おっと

■ 結構やるもんだ
  
  市民文化祭があり、各サークルの発表が市民会館の
  大ホールのステージで繰り広げられていた。
  老いも若きも結構、ステージ慣れしていて、たいしたもの。
  続々とつめかけるお客で通路に立ち見もでる盛況ぶり。
  
  うちのかみさんもステージに立ち、練習の成果を
  発表していた。それを応援がてらビデオ撮り。
  でも、子供たちが小さい頃のHi8だから、今は当たり前の
  液晶画面がついておらず、小さいファインダーから
  のぞかなけりゃいけない。
  わずかな時間なんだけれど、これが結構疲れる。
  おまけに撮影中に前を横切る人、人、人。
  空席少ないから、仕方がないのかなぁ、とも思いながらも、
  少しは姿勢を低くするような配慮をしてもらいたいんだよね。
  
  しかし、嬉々としてシニア世代がやっているのをみると、
  老人パワーも侮れないものだ、と思う。

  
by capricciosam | 2005-01-23 21:41 | 時の移ろい | Comments(0)

彼の目は

■ 見開かれ、決して笑っていなかった

   「みいってしまった」にあてる字はどれだろうか。
   「見入ってしまった」か、「魅入ってしまった」か。
   
   入浴前にぼんやりTVをながめていたら、白髪まじりのヒゲを
   はやした険しい顔をした男がなにか講演をしていた。
   なんだろう?
   最初は胡散臭いオヤジが何いってんの、てな感じしか
   抱かなかったが、ものの一分もたたないちに
   真剣にみている自分がいた。
   
   「夜回り先生」 彼はそう呼ばれていた。
   夜間高校の教師をつとめながら、夜の盛り場に居場所を
   求めるティーンエージャーを救おうと孤軍奮闘してきた
   活動を描いていた。
   彼の活動は想像を絶するくらいの「薬物」汚染との戦い。
   正直、自分でも十代の若者がこんなにも汚染されているとは、
   想像もできなかった。
   番組の最後の方で彼が涙を頬に伝わらせながら話していた
   薬物により死に至った少女のエピソードは悲惨すぎた。
   わずか15歳で薬物のために大脳皮質が溶けて80歳相当の
   脳になってしまい、性的感染症で死に至った。 
   画面の学生らしき聴衆も彼の話に涙を流していた。
   私も胸ぐらを捕まれてぐらぐら大きく揺さぶられたようだった。
   しかし、彼の目は見開かれていた。
   現実に涙しながらも、その現実を直視していた。
   
   夜の世界で僕は何万人かの彼らを支えるけれど、親は
   どうか彼らをその夜の世界に送らないようにしてもらいたい、
   という彼の言葉はとてつもない重みを持っていた。
   
   彼はリンパ腫に犯されていて教職を辞した。
   
   

  
   
by capricciosam | 2005-01-22 00:24 | 時の移ろい | Comments(0)

ある女優

■ サンドラ・ブロック100万ドル寄付

  スマトラ沖地震と津波による被災者のために赤十字社を
  通じての寄付が明らかとなった。
  2001年の米国同時多発テロでも同額を赤十字社を通じて
  寄付していることからも、大いなる篤志の持ち主なのだろう。
  しかし、いくら稼ぎが違うといっても、その志はアッパレだ。
 
  国内でも新潟中越地震では芸能人やスポーツ選手らが
  寄付したり、チャリティをしたことが報じられた。
  でもスマトラ沖地震では、まだあらわれていないのでは?  
  「有名人」は本人の努力もさることながら、巷の人から
  支持を得て高収入を得ている訳だ。
  被災者に自ら手をさしのべるという行為により、多くの人を
  同様の行為に向かわせる影響力は「有名人」にかなうまい。
  それ故、非常事態こそ「有名人」には進んで寄付、チャリティ、
  ボランティアという行為を望みたい。
  今回だって、もっと現れてもいいんじゃないかなぁ。
  わが国の「有名人」はこの点がまだまだのような気がする。

  ちなみに、彼女をはじめてスクリーンで観たのは「スピード」。
  見る者を飽きさせないテンポのある映画だった。
  彼女のセリフで印象深いのは
  「異常な状況下で結ばれた愛は長続きしない」
  なるほど、いずれ冷静になってみればお互いの粗がわかる。
  でも恋愛というのはある面「異常な状況下」であることは
  マチガイナイ。
by capricciosam | 2005-01-04 22:35 | 時の移ろい | Comments(0)

どうして

■ 不思議だ

  いくら考えてもわからない。
  目を凝らして見ているのに、一瞬のうちにあり得ない
  ことが起きる。
  頭の中は、?だらけ。
  シンプルな設定であれば、その?は数段多くなる。
  最近クローズアップマジックが頻繁にTVに登場するが、
  ついつい見入ってしまう。
  手さばきのあざやかさに加え、不思議度が高い。
  やはりマジックの原点なのだろう。
  いくら考えても、やはり、わからない。
by capricciosam | 2005-01-03 23:15 | 時の移ろい | Comments(0)