人気ブログランキング |

タグ:ライブ ( 302 ) タグの人気記事

神田松之丞独演会@深川市文化交流ホールみ・らい_2019

《開演前ツイート》
深川市文化交流ホールみらいなう。
話芸を楽しむ強化月間の仕上げは神田松之丞独演会。
昨年の滝川市より今年は遠い会場(笑)となりましたが、
今が旬、是非聞いておきたい。まもなく開演です。

《終演後ツイート》
神田松之丞深川独演会終演。
講談初心者も楽しめる「鮫講釈」と大岡政談物「万両婿」で
会場を温めて仲入り。「中村仲蔵」(待ってました!)では
七歳の仲蔵が苦渋する役者仲蔵に一瞬にして切り替わる。
見事な芸の切れ。照明を落としていき最後はピンスポ。
水を打って聞き入る会場から最後は盛大な拍手。
c0007388_22143257.jpg

by capricciosam | 2019-04-21 23:05 | 舞台 | Comments(0)

札響名曲「喝采とチャイコフスキー」@Kitara_2019

【プログラム】
1 モーツァルト 交響曲第32番ト長調
2 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調
e ファジル・サイ ブラック・アース
3 チャイコフスキー 交響曲第5番ホ短調
e チャイコフスキー 弦楽セレナーデから「ワルツ」

指揮:高関健
ソロ:ジャン・チャクムル(2)

《開演前ツイート》
Kitaraなう。よく晴れた札幌ですが、少し風があります。
浜松国際ピアノコンクールの覇者ジャン・チャクムルが登場する
今シーズン初の札響名曲。しかも指揮はコンクールでも指揮された
高関健さんとなれば期待も高まろうというものです。
楽しみ。

《終演後ツイート》
札響名曲終演。やや硬質なタッチで活き活きとピアノを奏でるチャクムル。
溢れんばかりの才能に会場が沸いた。アンコールも楽しい。
チャイ5では暗譜で指揮した高関さんに導かれ札響が好演。
案外実演の少ないモーツァルト32番も聴けて充実したひと時だった。
c0007388_22022620.jpg




by capricciosam | 2019-04-20 22:48 | 音楽 | Comments(0)

東京春祭《グレの歌》@東京文化会館_2019

東京春祭 合唱の芸術シリーズvol.6

【プログラム】
1 シェーンベルク グレの歌

指揮:大野和士
ヴァルデマール王:クリスティアン・フォイクト
トーヴェ:エレーナ・パンクラトヴァ
山鳩:藤村実穂子
農夫:甲斐栄次郎
道化師:アレクサンドラ・クラヴェッツ
語り手:フランツ・グルントヘーバー
管弦楽:東京都交響楽団
合唱:東京オペラシンガーズ
合唱指揮:マティアス・ブラウアー、宮松重紀

《開演前ツィート》
東京文化会館なう。日曜日の上野は公園も会館ロビーも大賑わい
今年の東京春音楽祭はシェーンベルクの大作がラスト。
まもなく大野和士指揮東京都交響楽団の《グレの歌》がはじまります。
生で聴くのは人生初。楽しみ。

《終演後ツィート》
グレの歌終演。作品の壮大さよりも、ステージを埋め尽くすオケよりも
語るべきは「山鳩」藤村実穂子さん。彼女の声が客席を覚醒させ、
ホールに活気を取り戻す。ありゃ凄かった!
パンクラトヴァはまだしもフォイクトが埋もれがちで興を削ぐ中、
山鳩の歌で俄然生気を増す。
甲斐榮次郎さんも上手い!
c0007388_16552465.jpg



by capricciosam | 2019-04-14 22:38 | 音楽 | Comments(0)

4月中席夜の部@上野鈴本演芸場_2019

《夜の部》17時30分~20時40分

落語   春風亭一佐
奇術   アサダ二世
落語   林家彦いち
落語   左龍
漫才   ロケット団
落語   春風亭百栄
落語   春風亭一朝 「片棒」
《お仲入り》
太神楽曲芸 仙三郎社中
落語   古今亭志ん輔
紙切り  林家正楽
落語   春風亭一之輔「意地くらべ」

《終演後ツィート》
話芸強化月間第二弾は上野鈴本演芸場夜の部。
漫才のネタは色々だが時事ネタはやはり鉄板だなとロケット団に爆笑
淡々と高度な太神楽をこなす仙三郎社中には感嘆。
紙切りは生で初めて見たがOHPが大活躍。
林家彦いち、春風亭一朝そして夜の部主任の春風亭一之輔は揃って聴かせる。
上手いねー!

終演後出口に向かうと、ハネ太鼓の音が大きく聞こえてくる。
見ると切符売り場の上で前座?さんが調子良く叩いていた。上手いもんだ。
c0007388_16291552.jpg


by capricciosam | 2019-04-13 23:58 | 舞台 | Comments(0)

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団@東京オペラシティ_2019

【プログラム】
1 モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
2 R・シュトラウス 4つの最後の歌
3 ブルックナー 交響曲第1番ハ短調(リンツ稿、新全集版日本初演)

指揮:高関健
ソロ:森麻季(2)

《開演前ツィート》
東京オペラシティなう。
時間があったので名残りの桜を愛でながら新宿から初台まで初めて歩いてみました
(健脚向け)まだ楽しめますね。
まもなく高関健指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団第324回定期演奏会が
はじまります。今年初のブルックナー。楽しみ。

《終演後ツィート》
東京シティフィル定期終演。初の東京シティフィルと新全集版ブル1日本初演。
普段聴くリンツ版から紗幕を取ったかのような明晰さで聴く醍醐味は新鮮。
少し武骨に感じたシティフィルも熱演で管弦一体となったアンサンブルも迫力があった。
高関健さんのブルックナーはこれからも注目していきたい。
c0007388_16154661.jpg

by capricciosam | 2019-04-13 23:54 | 音楽 | Comments(0)

RAKUフェス@札幌共済ホール

一. 真田小僧   入船亭小辰
一. 新ガマの油  三遊亭わん丈
一. 転宅     柳亭市弥
<お仲入り>
一. 時そば    柳家小太郎
一. 竹の水仙   春風亭一蔵

《開演前のツィート》
共済ホールなう。一夜にして冬に逆戻りしたんですが、この時期よくある現象。
すぐ溶けるので気持ちの上では余裕。今月と来月は私的な話芸を楽しむ強化月間
まもなく落語協会の若手が共演する「RAKUフェス」がはじまります。楽しみ。

《終演後ツィート》
「RAKUフェス」昼の部終演。落語協会二つ目だけの落語会は出演順番を
決めずに3人でお仲入り。古典4新作1。全員枕から笑いをとる実力は期待以上。
「成金に負けるな!」とは良い心意気だね。会場も受けていた(^-^)v
二番煎じと言われようが、あとは志ある者で切磋琢磨だ!頑張れ

成金と言えば札幌での開催が予告されていました。
「ラスト成金⁉︎」とあるから解散しないんでしょうかね?
昨年は不覚を取ったので今年はなんとか。
c0007388_15520840.jpg
  
by capricciosam | 2019-03-23 23:42 | 舞台 | Comments(0)

札幌交響楽団第617回定期演奏会@Kitara_2019

【プログラム】
1 ペンデレツキ 広島の犠牲によせる哀歌
2 ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲第1番
e J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番よりアンダンテ
3 ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」

指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
ソロ:アレクサンドラ・スム(2,e)

《開演前ツイート》
Kitaraなう。一夜で銀世界に戻った札幌。足元最悪(涙)
PMF2011で指揮者変更で急遽登場し見事なショスタコ10を披露したウルバンスキ。
再来札は願ってもないこと、しかも今シーズンでも大注目のプログラム。
当日券を求めて長い列が。まもなく札幌交響楽団第617回定期演奏会がはじまります。
楽しみ。

《終演後ツイート》
札響定期昼公演終演。エキストラで膨れた札響からハルサイのダイナミック
かつ豊潤な音をしなやかな指揮で引き出すウルバンスキには驚愕。
またショスタコも忘れてはいけない。飽かずに聴かせたアレクサンドラ・スム
の力量には感嘆した。望外の収穫!
今シーズンの掉尾を飾る充実のひと時だった。
c0007388_11515779.jpg

by capricciosam | 2019-03-16 22:52 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第615回定期演奏会@Kitara_2018

【プログラム】
1 ラヴェル 道化師の朝の歌
2 ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調
e ラヴェル 道化師の朝の歌
3 ラヴェル 古風なメヌエット
4 ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲
5 ラヴェル ラ・ヴァルス

指揮:広上淳一
ソロ:ジャン=エフラム・バウゼ(2,e,4)

《開演前ツイート》
Kitaraなう。長かった寒気も緩んだせいか足元が悪い今日の札幌。
当日券売場に結構な列ができています。
まもなく広上淳一さん指揮によるオールラヴェルプロの
第616回札幌交響楽団定期演奏会がはじまります。楽しみ。

《終演後ツイート》
札響定期昼公演終演。ラヴェルの煌きをダイナミックレンジ一杯に、
のりにのった広上さんが見事に引き出す快演。
ジャン=エフラム・バヴゼは2曲のピアノ協奏曲を見事に弾き分けたが、
アンコールの「道化師の朝の歌」が絶品。彼は望外の収穫。
贅沢なひと時だった。
c0007388_11514467.jpg





by capricciosam | 2019-02-16 23:40 | 音楽 | Comments(0)

ムジカエテルナ初来日公演2日目@すみだトリフォニーホール

【プログラム】

1 チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
2 チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調
e1 ミヨー ピアノのための組曲 第2曲
e2 リゲティ バラードとダンス(2つのヴァイオリン編)よりアンダンテ
e3 ホルヘ・サンチェス・キョン "クリン"1996
e4 チャイコフスキー 幻想序曲《ロメオとジュリエット》

指揮:テオドール・クルレンツィス
ソロ:パトリツィア・コパチンスカヤ(1,e1.e2,e3)

《開演前ツィート》
すみだトリフォニーホールなう。全席完売だけにロビーも大混雑。
世界中で話題になっているだけに「事件」の目撃者の気分です。
まもなくテオドール・クルレンツィス&ムジカエテルナ初来日公演2日目が
はじまります。楽しみ。

《終演後ツィート》
ムジカエテルナ2日目終演。チャイコフスキープロ。vn協奏曲はCD以上の
破調ぶりで天衣無縫なコパチンスカヤの独壇場で笑うしかない。
4番はほとんどが立って演奏。3楽章以降が特に充実した響き。
アンコールにロメジュリ!20分!
大ホールは熱狂したが、冷めた反応も。
サイン会は長蛇の列で諦めました。
c0007388_16424002.jpg
《蛇足》
ムジカエテルナ。今夜のサントリーホールでのアンコールは
ヴァイオリン協奏曲第3楽章か。
コパチンスカヤの出番はないはずなのに?と思ったら、
ソリストはコンマスなのか(驚)
想像のはるか上を行くな、、、

by capricciosam | 2019-02-11 23:58 | 音楽 | Comments(0)

NHK交響楽団第1906回定期演奏会Aプロ昼公演_NHKホール

【プログラム】

1 R・シュトラウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
2 ハンス・ロット 交響曲第1番 ホ長調

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ソロ:アリョーナ・バーエワ(1)

《開演前ツィート》
NHKホールなう。
近年来ても夜公演ばかりだったので昼見るホール外観が何やら新鮮
(地方在住者の感想です)。
横浜のハンス・ロット祭り第1弾が楽しめただけに第2弾にも期待が大きい。
まもなくパーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団第1906回定期公演昼公演が
はじまります。楽しみ。

《終演後ツィート》
N響定期昼公演終演。シュトラウスではバーエワの技巧が冴える。
ロットでは楽器編成にホルン、打楽器が増え、第4楽章ではシンバルも鳴る
しかもパーヴォさんは快速で指揮し、それに俊敏に応えるN響。
作品のごった煮感が薄れてカッコイイ!
さしずめ横浜が原典版なら、東京はパーヴォ編の趣きだったね。
c0007388_17164918.jpg


by capricciosam | 2019-02-10 23:48 | 音楽 | Comments(0)