人気ブログランキング |

タグ:ライブ ( 308 ) タグの人気記事

松任谷由実TIME MACHINE TOUR@北海きたえーる_2018

《開演前ツイート》
北海きたえーるなう。きたえーるは2016年の小田和正さんライブ以来2度目。
外は雪が降ってますが、館内は快適(^ ^)
座席に用意されたフラッシュライトも装着。
まもなく松任谷由実TIME MACHINE TOUR@札幌2日目がはじまります。
初ユーミン、楽しみ。

《終演後ツイート》
松任谷由実札幌2日目終演。知ってる曲は少なかったが、ステージ、炎、照明、
フラッシュライト、シルク・ド・ソレイユばりのダンサー等の演出が多彩で
飽くことなく時間が経った。全27曲で構成された45年分の音楽ライブというより
ユーミン自身が言うように見事な「ショー」だった。クセになるかも。

会場から「ユーミン、結婚記念日おめでとう!」の声をかけてたが、
聞こえないのかスルーしていましたね。

今回はカミさんのリクエストで初めて出かけました。
ショーとしての作り込みが半端じゃないのに圧倒されました。
〉曲と自分の過去がシンクロ
わかりますねー。

最後の「ひこうき雲」は余韻が残って、上手い配置だなぁ〜と感心していました。
c0007388_12290120.jpg


by capricciosam | 2018-11-29 23:28 | 音楽 | Comments(0)

安永徹&市野あゆみ@Kitara_2018

【プログラム】

1 ブラームス ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第1番ト長調「雨の歌」
2 ブラームス ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第2番イ長調
3 ブラームス ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第3番ニ短調

vn:安永徹
p:市野あゆみ

《開演前ツイート》
Kitaraなう。一年前の今日は大雪に見舞われた札幌ですが、
依然初雪も降っていません。長〜い秋ですね。
ヴァイオリンの安永徹さんは一時演奏活動を中断されていましたが、
再開されました。まもなく安永徹&市野あゆみブラームス/ピアノと
ヴァイオリンのための全曲演奏会がはじまります。楽しみ。

《終演後ツイート》
安永徹&市野あゆみ演奏会終演。慎重な第1番、より快活になった第2番を経て
今夜の白眉は休憩後の第3番。安永さんと市野さんの丁々発止のやりとりに
息を飲んで聴きいった。拍手が鳴り止まない。
「ブラームスを終えた後は大変」とアンコールは歌曲ばかり3作品。
安永徹さんとご夫妻デュオの復活が何より 。
c0007388_16482776.jpg

 

by capricciosam | 2018-11-17 23:35 | 音楽 | Comments(0)

サンクトペテルブルク・フィル響@豊田市コンサートホール_2018

【プログラム】

1 シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
e パガニーニ Nel cor piu non mi sento よりテーマ
2 ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調
e チャイコフスキー 「くるみ割り人形」よりトレパック

指揮者:ニコライ・アレクセーエフ
ソロ:庄司紗矢香(1+e)

《開演前ツイート》
豊田市コンサートホールなう。テミルカーノフも80歳だけにチャンスは少ない
と選んだが、まさかの指揮者変更。
かつて経験したことはあるが、来日直前は初めて。
期待と不安が半々。まもなくニコライ・アレクセーエフ指揮
サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団演奏会がはじまります。
ドキドキ。

《終演後ツイート》
サンクトペテルブルク・フィル豊田公演終演。
庄司さんのシベリウスは熱情がほとばしり圧巻。
協奏曲では遠慮がちな指揮のように見えたアレクセーエフだが
ラフマニノフでは楽章を追うごとに指揮も熱を帯び、
コントラバス10!のオケも重量級の音のうねりを展開し大団円。
満腹。ホールが大いに湧いた。
c0007388_22013019.jpg

by capricciosam | 2018-11-10 22:03 | 音楽 | Comments(0)

札幌交響楽団第613回定期演奏会@Kitara_2018

【プログラム】

1 モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
2 ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番
3 ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」

指揮:小泉和裕
ソロ:クララ・ジュミ・カン(2)

《開演前ツイート》
Kitaraなう。急速に青空が広がる中島公園。紅葉(というより落葉)が進んでいます。
今シーズン定期でも鉄板の名曲コンサートの今回。
指揮は名古屋フィルと九響の音楽監督を兼ねる小泉和裕さん。
まもなく第613回札幌交響楽団定期演奏会がはじまります。楽しみ。

《終演後ツイート》
札響定期昼公演終演。クララが達者なソロを聴かせたブルッフ含めて
3曲全て暗譜で指揮した小泉さん。一点一画に拘るというより
音楽の流れを重視するスタイルのようだが、さりとて粗さは感じない。
むしろ久しぶりに「名曲に身を委ねる心地よさ」に浸った気分。
ベテランならではの味わいだった。
c0007388_13202293.jpg




by capricciosam | 2018-10-27 23:23 | 音楽 | Comments(0)

札幌歌太郎の会@札幌教育文化会館講堂_2018

《終演後ツィート》
札幌歌太郎の会@札幌教育文化会館終演。
昨年NHK新人落語大賞を受賞し小樽にも活動拠点を構える二つ目。
「ちりとてちん」「一眼国」〈仲入り〉「厩火事」の3席。
爆笑させるタイプではないが、笑いのツボは抑えた話っぷり。
マイクなしでも声は通ると思ったが、声を張り上げてしまうので、
次回はマイク登場か?
c0007388_13201301.jpg


by capricciosam | 2018-10-21 23:09 | 舞台 | Comments(0)

札幌交響楽団第612回定期演奏会@Kitara_2018

【プログラム】

1 細川俊夫 瞑想~3月11日の津波の犠牲者に捧げる
2 ドビュッシー 管弦楽のための映像
3 フォーレ レクイエム

指揮:マティアス・バーメルト
ソロ:小林沙羅(S)、三原剛(B)
合唱:札響合唱団

《開演前のツイート》
Kitaraなう。秋の好日が続きます。
節電も解除され街の灯が澄んだ空気によく映えます。
「地震後の定期演奏会」といえば東日本大震災時の
エリシュカさんのスターバト・マーテルの感動を思い出すが、
偶然だろうが今夜のレクイエムは何かの天啓か。
まもなく第612回札幌交響楽団定期演奏会がはじまります。

《終演後のツイート》
札響定期終演。
フォーレのレクイエムでは減員してビオラを活かした楽器配置に変更したが、
実に効果的。札響、独唱、札響合唱団、Kitaraのオルガンがバーメルト指揮の下、
稀に見る高水準な演奏を展開した。この完成度は奇跡的で忘れがたい。
空席がもったいないので明日の昼公演も行きたい気分だ。
c0007388_20324615.jpg



by capricciosam | 2018-09-21 23:24 | 音楽 | Comments(0)

講談師神田松之丞独演会@たきかわ文化センター小ホール_2018

【演目】
1 軍談「扇の的」
2 侠客伝「違袖の音吉」
<仲入り>
3 赤穂義士伝「神崎の詫び証文」

《開演前のツィート》
たきかわ文化センターなう。人生初の講談ライブ。
まさか講談聴きに滝川市に出向くなんて想像もしていなかったが、
知るは楽しみ、というノリです。
まもなく講談師神田松之丞独演会がはじまります。
チケット完売。楽しみ。

《終演後のツィート》
神田松之丞独演会@滝川市終演。
源平盛衰記からの「扇の的」、侠客ものの「違袖の音吉」では
アドリブ連発して客席大爆笑。
仲入り後の赤穂義士伝「神崎の詫び証文」では一転人情の機微をじっくり語る。
語りの芸の千変万化さと奥深さを思い知らされた3席2時間だった。
えらいものをみてしまった!
c0007388_20225503.jpg



by capricciosam | 2018-09-17 23:14 | 舞台 | Comments(0)

【中止】アムステルダム・バロック管弦楽団&合唱団@Kitara_2018

平成30年9月6日午前3時7分頃発生の北海道胆振東部地震の影響により中止。
楽しみにしていた公演だけに埋もれていくことを惜しみ記録として残す。

【プログラム】

1 J.S.バッハ ミサ曲ロ短調

c0007388_06472674.jpg

by capricciosam | 2018-09-09 23:53 | 音楽 | Comments(0)

【中止】札響名曲セプテンバーinロンドン@Kitara_2018

平成30年9月6日午前3時7分頃発生の北海道胆振東部地震の影響で中止。
楽しみにしていた公演だけに埋もれていくことを惜しみ記録として残す。

【プログラム】

1 C.P.E.バッハ シンフォニア ト長調
2 ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」
3 ドヴォルジャーク 交響曲第8番
c0007388_06471501.jpg
 


by capricciosam | 2018-09-08 23:47 | 音楽 | Comments(0)

志の輔らくご#14昼の部@富良野演劇工場_2018

【演目】
1 狸の札 立川志の大
2 牛ほめ 三遊亭全楽
3 茶の湯 立川志の輔
<仲入り>
4 井戸の茶碗 立川志の輔

《開演前のツィート》
富良野演劇工場なう。
まもなく立川志の輔師匠の「志の輔らくご in 富良野」昼公演がはじまります。
楽しみ。

《終演後のツィート》
志の輔昼公演終演。東京は猛暑、昨日富良野に着いたら「年末だなぁ」と笑わせ、
身体を張ったナンセンスギャグのような「茶の湯」へ。
頑固者の間で右往左往せざるを得なくなった町人が滑稽極まりないのだが、
全員の正直ぶりが清々しい後味を残す「井戸の茶碗」。
師匠の緩急自在な話っぷりに大笑い。上手いねー
c0007388_19345126.jpg


by capricciosam | 2018-08-26 23:25 | 舞台 | Comments(0)